CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

お国それぞれの情熱

チップ制度が良いと思う4つの理由

海外、特にアメリカで、 日本人の苦手なものの一つに、 チップというのがありますね。 こんなニュース見ました。 headlines.yahoo.co.jp 「4)チップ制のない国からの訪問客」 これね、暗に東洋人のことを 言ってるんだと思います。 多分、揉めるのが増えて…

闘う女の美しさ シルヴィ・ギエム

ブロンズ像のような、つま先。 この持ち主が、今回取り上げる、 シルヴィ・ギエムです。 世の中で、あなたは誰と話をしたいか? と問われれば、私は間違いなくギエムです。 知っている人にとっては、 あまりに有名で、 知らない人にとっては、 あまりに無名…

バレンタイン感想 ザミチャーチェリヌゥイ!

私くらいになっても、 チョコレートをいただくものなのです。 今更ドキドキすることもありませんが、 寒のきつい日の午後に、 ついしかめっ面になるような時。 コーヒーを淹れて、チョコをついばむと、 ザミチャー! ザミチャーチェリヌゥイ! と、ハラショ…

ひらり、と飛び越えろ! 天安門事件を見よ!

ある年の暮れ、 私はロンドンのヒースロー空港にいました。 その中の珈琲ショップで、 私は一人の女性に別れを告げていたのです。 目の前にはチャドルを被った老女が、 孫とおぼしき少年と抱き合いながら、 別れを哀しんでいました。 向かいの席のターバンを…

これがアメリカか! あるチョッパー。

カリフォルニアには、こういう人が、 ゴロゴロいると思ってました。 実際はあまりいませんよ、アメリカでも。 どっちかというと、 こんな風情は春先の日本のほうが、 たくさんいます。 アメリカでも、いるとこ行けばいるんでしょうが、 フリーウェイでも、め…

旭ポンズを知ってるかい?

文化と文化の衝突は、理解よりも闘争を生む。 この醜い争いを、貴兄らはどう思うだろうか? 語る前に知れ。これは当然ではないかね? カオスちゃんねる : 関西人「はーい鍋やるからポン酢買って来てー」ワイ「??なにいってんのこいつ??」関西人「 語る。…

言葉の壁を超えた時

私、たまたま何か国語か話せます。 別に自慢ではないんですが、 自慢に聞こえたら、 そりゃすまんこってす。 こういうのは、なんというか、 ご縁と言うか、境遇と言うか、 まあ、自分でどうこうできる 話でもないように思うんです。 んでですね、1か国語で…

日本は後進国である。そろそろ覚悟しよう。

ですよねえ。 いつの間にかと言うか。 これには異論もあるとは思いますけど、 そう思っておいて間違いはない、 んじゃないかと思います。 もっと言えば、 実は「先進国になったこと」 ないんじゃないかとさえ、 私は思ってます。。 もちろん、私一人の意見で…

レッドブル・クラッシュドアイスって知ってます?

冬はホットに限ります。 コーヒーの話ではなく、気持ちの話です。 でもね、日本の冬には熱さがないですよね! 冷え込んじゃうというか。。 レッドブルのエクストリーム系も、 正直だんだん飽きてきません? かなりキテイル動画とか観ても、 「あー、ハイハイ…

ダメだ!うんこしか思いつかない!後編

これ泰山のテッペンですね。 登ったことあります。 この近くでの話です。 でもね、うんことか、 いい大人が書く内容じゃないですよね。 でもまあ、いいんです。 chuff.hatenablog.com 嫌う人いますよね。 その人、便秘なんじゃないですかね。 それヘイトです…

ダメだ!うんこしか思いつかない!前編

以前このような記事を書いております。。 続編と言うか、まあそういうものです。 年末以来、体調が戻らず、 今一つ頭がさえないのです。 そう思うと、なんだかうんこな気分になってきました。 であるからして、それについて書くのであります。

ルミナリエは大賑わいでしょうね。 で?

神戸のルミナリエ、 すっかり冬の風物詩になりましたね。 今日は天気もいいですから、 きっと人出も多いでしょう。 でもね、あれいつまでやるんですか? 神戸の人全員とは言いませんけど、 少なくとも私の周囲では、ほとんどの人が怒ってます。 「商売あがっ…

焚き火の男 in Las Vegas and Mexico

今メキシコにいる焚き火の男からメールが来ます。 バハ1000と言うレースのスタッフです。 詳細はこちらで。 すごく楽しそうな感じなんですが、 妙に腹立たしいので、 羨ましさをみなさんと共有したいと思います。 ロスアンゼルスで、他のスタッフと合流して、…

スピリット・オブ・エクスタシー

ロールスロイスの鼻先についている女神像。 あれは、スピリット・オブ・エクスタシーというらしいのですね。 別名、フライング・レディー。 もしくは、エミリー(エクスタシーのスラング)。 なんともカッコいいというか、 もう文句をつける気さえなくなる存…

グローバル平家物語モダン

古い記憶はこびり付いたように正確。 枕草子、奥の細道、始まりの一説くらいは覚えている。 梅の花が咲く頃には「春はあけぼの」、 バイクで遠出をする朝は、 「月日は百代の過客にして」、と口に出る。 てな感じ。 ところが、ところがである。 平家物語が口…

神戸のNHKさんよ ! おたく何様なの?

私信でもないでしょうから、公開しちゃいますね。 まるで、公文のつもりのようですからね。 マズイことあるような気もしますけど、まあいいでしょう。 別に私はおたくに敵意は持ってないですよ。 でもね、おたくに、 こんなものもらう筋合いもないんですわ!…

深夜の犬鳴山 夏の夜の出来事

今週のお題「ちょっとコワい話」 大阪と和歌山の境にある犬鳴山。 温泉あり、古刹あり、緑ゆたかに、いいところである。 昼間にいけばね。

夏と言うのは厄介であるなあ。

暑いなら暑いで腹がたつ。 雨が続くと、その湿気に腹が立つ。 どう転んでも腹が立つ。 でも、夏って素敵。 その複雑な心境によって、時に私は無茶をしてしまう。 霊のはなしとかね。

スモーク あえて真夏にクリスマス映画を!

お題「何回も見た映画」 現代アメリカ文学の凄みを見せつけられる映画です。 原作はポール・オースター。

本気の家族会議 ドイツのお話

バウハウス。 ご存知ですか? ご存じない方はこちらをどうぞ。Wikiより読みやすいです。

陽気なおじさん達 ドイツのお話

ドイツにオクトーバーフェストという、お祭りがあります。 ここに、くわしく出ていますね。雰囲気が伝わってきます。

ホームセンタータイムマシーン モスクワの話し?

その頃、老犬と暮らしていたんだ。 毎日一緒でね。 ずいぶん前の事だけど。

アラブの女性の首筋の傷 母親からの愛の刻印

一般的に、アラブの女性って、 「虐げられてる」「地位が低い」「かわいそう」ってイメージありません? まあ、そう言う側面も無きにしもあらずなんですが、 コーランでは、かなり女性は保護されています。

道を聞くなら、ちゃんと人を見ろ! アメリカのお話

よく道を尋ねられる。 ある種の特技と言えなくもない。 ここまで書いて来客。 「アフリカの貧しい子供たちに御寄付を」と。 いきなり血まみれの子供の写真。 お前はバカか? 常識に乗っ取って無礼にドアを閉める。 本筋に戻る。 日本でもそうなのだが、外国…

神戸元町物語 高架下「来々亭」

俺はハードワーカーだ。 一所懸命働くからではない。 いくら働いても報われぬ仕事をしている人を、 ハードワーカーと呼ぶのだ。

マダム・アパルトメント その2 フランスのお話

パリの日本人留学生がコインランドリーで出会った老女とのおはなし。

マダム・アパルトメント その1 フランスのお話

日本人留学生が、パリで出会った老女に、驚きの世界を見せられる。

愛しのシャーロット その2 フランスのお話

愛しのシャーロットその1はこちら マダム・アルコ、晴子さんは静岡県の出身でした。 背の高い女性で、きれいな指をしていました。 なぜフランスに嫁いだのか、詳しい事は聞いていません。 旦那さんはアランさんといい、タクシーの運転手さんでした。

愛しのシャーロット その1 フランスのお話

フランスの子どもは、こう鍛えられる。そりゃ、シャレた感覚になるなあ。

イタリア人に聞いた、映画「ひまわり」の話 その2

そりゃそうだ。 確かにごもっとも。 chuff.hatenablog.com こんな女性をそのままにしておくのは、 イタリア人としては恥なのだ。 みればみるほど、納得である。。。 「確かにそうだ。彼女を孤独にさせるのは、イタリア男の恥になるな!」