CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

世界のどこかで

世界のどこかで So Cool !

上の写真はいつ頃とお思い? 多分なんですけれども、第一次世界大戦前。 100年前か。。 カッコイーな!おい! 8マンが、勝手にカッコいい認定する、 世界のどこかでシリーズ。 大量にしびれたい方はこちらで chuff.hatenablog.com まあこう湿っぽい空気にな…

世界のどこかで

毎日の生活はいつも大変。 誰だって大変。 きっと、御影マダムも大変! 自由が丘マダムも大変。 ザンスよね? そんな世知辛い世の中にも きっとどこかにいるはずの、かっこいい奴ら! それをただ貼っていく、世界のどこかでシリーズ! GO!! GO!!!! GO!!!!!!!…

世界のどこかで あらためて「かっこいい」を考えてみる

本稿は、カッコいいとは何であるかを 論旨に沿って再定義することを目的としている。 などと、書き始められるのが「論文」という形態。 まあ、あれは先人が書いたものを再評価しながら あるいは否定しながら、あーだこーだ言うものザンスね。 基本的には、誰…

やっぱ尻だよな、尻。 世界のどこかで。

やっぱお尻ですよねえ。 面がどんなに良くっても、 尻が情けないと、ダメになりません? 毎回お届けする、世界のどこかにいる カッコいい奴等シリーズ、「世界のどこかで」! chuff.hatenablog.com 今回は「尻」にフォーカス! では、カッコいい尻を見てゆき…

世界のどこかで チンク、チンク、チンク!

我が国でも、けっこう人気があるわけで。 正式名称はフィアット500。 ルパンで有名なこの車は実は二代目。 初代はこんな感じ。 左戦前のタイプ 右戦後 こいつを改良してできたのが、トップ画の 俗に「チンク」と言われるスタイル。 500をイタリア語で…

世界のどこかで Something A Go Go !!

これ、モンテカルロでしょうかねえ。。 イカしてるザンスなあ。 この小さな車体が、ポルシェを相手に戦ったわけザンスな。 ミニって、ずっと欲しかったんザンスけど もうけっこうなお値段になってきておるみたいザンスな。 今は懐かし焚き火の男。 chuff.hat…

世界のどこかで 夏だ!バイクだ!オートバイ!

こう暑いと、バイク乗れませんなあ。 実は昨晩乗ってたんですけどね。 阪神高速湾岸線から、 淀川の花火が見えました。 ああ、やはりこういうときは バイクだよなあと思いながら 夜で高速なのに、 とんでもなく暑かったですなあ。。 ということで、今回の 「…

世界のどこかで この世の華

20年近く前、事故で亡くなった友人が 路傍で育てていたひまわり。 世界のどこかに きっといる かっこいい奴ら。 真夏の日差しの中で 灼熱に逆らうかのように 咲いている華たち。 今回そんなテーマで 行ってみたいと思うザンス。 じゃあ、Here we GO !!!!

世界のどこかで こいつら。。

今日は晴れましたね! とは言うものの、梅雨ってやはり 体調も良くないし 気持ちだって沈んじゃう。 そういうときは カッコいい! を見ましょう! 世界の何処かには いるんですよ、カッコいいのが。 さあ、世界から寄せ集めた カッコいいシリーズです!

世界のどこかで シトロエンDS特化

かつてフランスのシトロエンが 奇妙な車を作っていたザンスな。 DSというシリーズで、 めちゃくちゃ変ザンス。 ja.wikipedia.org しかもバカでかいザンスよ。 でもね、なんというか。。 ぜひ運転してみたい不思議な魅力があるザンス。 1955年という戦後の影…

世界のどこかで 夏は近いぞ!

桜が散り、新緑が息吹き始めましたね。 これから、緑が勢いを増すのです。 夏が近いのです! chuff.hatenablog.com で、今回もカッコいいの集めてみました! 夏というのは、ただの季節ではありません。 精神の状態なのです。 個人的に「夏!」と思った写真で…

世界のどこかで その13

世界のどこかに、カッコイイ人はいるわけです。 我々の日常が、なんとくそったれに支配されていようと カッコいい人は、世界のどこかにいるわけです。 このメリーさんのように。 chuff.hatenablog.com では今回も、いってみましょう!

世界のどこかで その12

世界のどこかに、カッコいい人がいるわけです。 このくそったれな世界の中で、 写真という一瞬に切り取られた 確にそこにあったカッコよさ。 バイクと車のカッコよさを求め、 それを乗る人作る人 それぞれのカッコよさに しばしトリップ!

世界のどこかで その11ウィリー特集

ウィリーというのは、片輪走行です。 これ実に奥が深い。 私、できないことないですけど 得意でもないんです。 できるやつは自慢気になるのも仕方ありません。 だって、カッコいいから。 しかし、このシリーズで取り上げるには chuff.hatenablog.com ウィリ…

世界のどこかで その10

昔から、何故かサイドカーに 強く憧れてんですね。 日本の道路事情では、多分辛いだろうに。。 なんて考えながら、今回も 世界のカッコいい人達をご紹介するザンスね! このシリーズです。 chuff.hatenablog.com じゃあ、いってみましょうか。

愛しのメリー! She asked "Why not ?"

このトップ画の右側のレーサー。 ヘルメットに「Mary」 名前に見覚えりません? これに出てきた、メリー・マクギーです。 chuff.hatenablog.com 8マン認定ゴージャスセレクトで 唯一入ってきたバイクの写真。 トリはこの人!って女性。 気になったんで、 ち…

世界のどこかで その9 ゴージャスはサイコー!

この瞬間にも、世界にはカッコいいものが カッコイイ人が、実際にいるわけです。 そういう拾い物をセレクトするこのシリーズ。 「世界のどこかで」 chuff.hatenablog.com 一気に読まれるなら、こちらで。 世界のどこかで の検索結果 - CHUFF!! チャフで行こ…

世界のどこかで その8

この広い世界の中で めったに出会うことはないけれど どこかには確実にいる カッコ良い人々シリーズ「世界のどこかで」 chuff.hatenablog.com では今回もいってみましょう!

世界のどこかで その7 頭おかしい人(褒め言葉)編

今回トップ画はカメラマンにNくんの 鈴鹿でのスナップです。 いやあ、本職ですなあ。 実は神様よりVIPパスを頂きまして。 それを彼に押し付けたんです。 chuff.hatenablog.com そこでのショットです。 いやあ、ノートンのフェザーベッドフレームに トライア…

世界のどこかで その6

世界のどこかには もうカッコいいひとがいるわけです。 カッコいいクルマやバイクも。 chuff.hatenablog.com っていうシリーズ「世界のどこかで」 今回も集めましたよ。 じゃあ、いってみましょうか。

ベスパ、ベスパ、ベスパ!!

ベスパ欲しい病にかかって 何年たってんでしょう。 30年位? なので、これまでも ベスパ特集やってんですね。 chuff.hatenablog.com ですが、どうも購入するとこまで 優先順位の上ってこない。 と言うか、余裕ない。 でも、時々写真を愛でておりまして、 …

ハニー、ハニー、ハニー!

誰かが何かを愛してる感じが 素直に見えるときってありません? このジュリアGTAのイラストも、 おお、わかってるねえ! ッて感じしません? 何恥ずかしいこと 言ってんでしょうねえ。 でもあるんですよ。 それがちゃんと見える。 そういうものをハニーと呼…

振り切れたベスパたち。

ベスパとは何なんでしょう? いや、もちろん知ってますよ。 でもね、調べてゆくうちに、 ベスパとは何か? という哲学的命題に突き当たりました。 これもベスパ。 もちろん、これもベスパ。 だってねえ、みんなおかしいですよ。 これら以外の、振り切れたベ…

世界のどこかで その5

おお、これは前回、 chuff.hatenablog.com ひゃっほうー! してたオネエチャンじゃありませんか? いつだって、世界のどこかに、 カッコいい人がいるわけです。 じゃあ、ヒュウーヒューしてみましょうか?

男のベスパ!オフをゆく!

ベスパって可愛いじゃないですか? 女性が乗っても、カップルで乗っても、 実に可愛い。 chuff.hatenablog.com でもね、それだけじゃないようです。 タフガイたちが、命を張るラリーの世界。 あのパリ・ダカールにも出てたんですよ! 今回は、そんなベスパの…

世界のどこかで その4

カッコいい人って、 探すといろいろ出てきますね。 chuff.hatenablog.com まあ、こういうのも、 かなり趣味性が高いので、 偏らないのかと問われれば、 もちろん偏ります。 だからって、分かんなくもないでしょ? えっ、分かんないって? へえ、そうなんだぁ…

ベスパ、ベスパ、ベスパ!

みなさんも、ご存知ですよね。 イタリヤが産んだ、スクーター。 美しいヒップラインの、あのベスパを。 最近は、とんでもない金額のも出ていますね。 最新のベスパはこれみたいです。 www.scs-tokyo.co.jp お値段、129万8千円。。 いやあ、冗談きついで…

世界のどこかで その3

これは決まってますね。 この女性、完璧なライディングです。 完全にフロントから荷重が抜け、 上半身を背筋で支えて、 リヤに美しく駆動力を与えています。 こういうライディングは、 できない人がほとんどです。 私、時々海外のサイトを流浪して、 カッコ…

世界のどこかで その2

まあなんともカッコイイ人たちがいるわけですね。 この世界の中には。 前回いろいろ集めましたけど、 chuff.hatenablog.com 今回も行ってみますよ。 いやあ、みんなカッコイイなあ。

世界のどこかで

オートバイに乗る人は基本的にロマンチストです。 そのほとんどが勘違いのロマンチストだとも思うのですが。 なんでしょうねえ、あの勘違い。 自分で乗っていても、照れる時があるのですけれど。 照れるどころか、ヌケヌケとしてるライダーが多くないですか…