CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語

神戸元町物語 精神の高揚ここにあり! ベック

よく人は言うザンスよね。 「本当は教えたくない名店」とか。 さして、読まれていない当ブログザンスが ここで紹介するのは、正直迷ったザンス。 それくらいの店だったザンスよ。。 実に腰が抜けそうだったザンス。 とはいえ、この店は難易度高いと思うザン…

神戸元町物語 ネタの宝庫 水走神社

この前、オークラで飲んでたんです。 家を出たついでと言ってはなんなんでが。 ぶらぶら歩いて、寄り道したんですね。 chuff.hatenablog.com 初詣をしてきました。 それがここ、水走神社です。 写真撮り忘れたんで、ウィキで失礼します。 ここ、かなり有名ら…

神戸元町物語 たらふく鰻を食う くどいけど青柳

とある関係で知り合ったSさん。 「一度8マンさんと飯食いたいんスよねー」 と言われ、 「じゃあ、行く?」 となって、二人忘年会。 なに食おうかって話になって この前青柳に行ったよ、って話から 鰻の肝焼きサイコーだよってなって クソ寒い中青柳へ。 こ…

神戸元町物語 ガヤさんがやってきた!YA! YA! YA! 青柳に行く

みなさん、お忘れでしょうけど 以前、こういう告知を出してたんですね。 chuff.hatenablog.com で、当然のことながら 応募者はおらず、すっかり忘れてたんですね。 で、この度ガヤさんが来神される運びとなり もうガヤさんに押し付けちゃおう! ってなりまし…

神戸元町物語 気軽に入って痛い目に遭え! 古美術播新

元町商店街の真ん中、カルディーの近く。 明治14年創業の古美術屋、播新さんがあります。 まあ、入り口から格の違いが バンバンでていますわ。 もうね、威厳がガトリング銃で飛んでくるわけです。 検索すると、こんなサイトありました。 staff.motomachi3.jp…

神戸元町物語 街外れのバー サヴォイオマージュ

この店構え。 いかにも本格的なバーですね。 気後れする人もいるかも知れません。 でもここは元町の喧騒とは離れた 住宅街と言ってもいい場所。 ここの坂を上がったところですね。 chuff.hatenablog.com 割とひっそりとある名店だと思います。 バー・サヴォ…

神戸元町物語 ここのおばあちゃんすごかった サンワ

大丸の方から元町商店街に入ると 一軒だけフルーツ屋さんがあります。 表で生ジュース売ってるあそこ。 すげえ美人がいるこの店の chuff.hatenablog.com お隣ですね。 フルーツショップ・サンワさんです。

神戸元町物語 ここは行っておけ!ベスト5

ここは、神戸元町。 毎週毎週、元町ネタも はや60回を大きく超えました。 まだまだあるんですが、 ちょっと振り返りますよ。 初回はこれでしたねえ。 chuff.hatenablog.com 「心のトカレフを磨いておきな」 くー!! ここ笑いどころですね。 で、ここはい…

神戸元町物語 村上春樹も好きだった デリカ・テッセン

どこまでが元町かと問われたら、 トアロードがグレーゾーン。 トアウエストは元町と言っていいけど 東側なら、微妙な。。 でもここは個人的に元町なんです。 かの村上春樹も愛したという デリカテッセン。 どんな店か気になりません? 今日は、そのデリカテ…

兵庫県公館が開放されてるぞ! 神戸元町物語番外編

ここねえ、ホント神戸の誇り! 通常はね、一部しか入れないザンス。 毎年、冬の初めに ここの車寄せで、想いに耽る習慣が 私にはあるザンス。 chuff.hatenablog.com 内部の写真は、この記事でどうぞ。 で、今回通りがかったら3階まで 上がれるってことで、…

神戸元町物語 ヴィンテージの意味を知れ! PICK

今、神戸の誇る元町高架下商店街が 揺れておるのですよ。 と言っても、もちろん地震ではない。 耐震工事という名目で、 JRが立ち退かせているのだ。 ほぼ個人商店ばかりであるモトコーは それに猛反発しているわけだ。 言い分は双方にあるが、 詳細は別回で…

神戸元町物語 すげえ美人がいるぞ! 文具サワタニ

このお店の品ぞろえは渋いんです。 お店の歴史も100年以上。 そんなに広くない店内は 文具好きにはたまらない世界があります。 場所は、サントスのすぐそば。 chuff.hatenablog.com 大丸のほうから入って、一分ってとこ。 ここね、すごい美人さんがいるんで…

神戸元町物語 できれば夜がいいですよ グリル一平

神戸南京街の西側の道。 JRAからまっすぐ南に下り、 商店街を横断してもう少し。 左側に見えてきます。 何ということはない洋食屋。 でも、昼は並ぶと覚悟したほうがいい。 そんな洋食屋さん。 グリル一平さんです。

神戸元町物語 裏通りのたしなみ 伊藤文具店

ここは、ちょっと見つけづらいですね。 神戸大丸の山側。 リーガルの裏の通りに ひっそりと文房具屋さんがあります。 頑張って欲しいので、 こそっと地図載せときます。 小さな小さなお店です。

神戸元町物語 シブい親父の蕎麦 薫庵

兵庫県警本部の西側のビルの一階。 半地下な立地に、今回のお蕎麦屋さんがあります。 スラッとした洒落た感じのオーナー。 ロマンスグレーで、なんとなく麻布っぽい。 ところが、この親父さん。 蕎麦好きなため会社辞めちゃって、 東京に修行に行っちゃって…

神戸元町物語 あえてオッサン臭く生きる! ハウス・オブ・ローゼどうしたの?

このお店はあちこちにあります。 神戸だけでも何店舗かあります。 元町の神戸大丸の7階にも入ってるんです。 まあ、今更このコーナーで 取り上げる必要もないわけですが。 しかし、そこはそれ。 時々、ハウス・オブ・ローゼは 暴走するんですね。 私は個人的…

神戸元町物語 いつまでもつんだろう 鳴門鯛焼本舗

私ねえ、好きなんですよ。 ここの「天然鯛焼」。 全国チェーンで、あちこちにあります。 私の都合で言えば、三ノ宮にあるんですね。 でもねえ、あの角はうるさ過ぎてね。 特に夜は面倒なんです。 それが元町にできましたって、お話し。

神戸元町物語 大人の男性に是非 元町バザー

ネクタイというものは 実は最も難易度の高いグッズ。 女性で言うと、着物の帯紐でしょうか。 洋装であると、香水とかでしょうね。 やりすぎると鼻につくし、 派手だから悪いとも言えない。 どれだって、それなりに様になってしまう。 けれども、その使い方で…

神戸元町物語 マジ入るなよ! 元町プラザ

確かここは、いわゆる3セクで 建ったビルだと思うんですが。 そういう建物は、全国で荒れてますね。 利権が激しく絡み、いろいろあるんでしょう。 役員報酬とか。 まあ、一階の表側は普通。 しかし、二階から上は流石。 確か、十年くらい前に 椅子に手足縛…

神戸元町物語 ガキ立入禁止 伊藤グリル

ネットの情報で来るのか、 場違いなお客さんがいるお店があります。 どう考えても、子連れで入らない いや入れない空気なのに、 平気で野放しにしている親御さん。 あの気高いロッグ・キャビンでも ありましたねえ、最近。 chuff.hatenablog.com 躾けられて…

神戸元町物語 並ばずに買おう! 元祖老祥紀

神戸の中華街南京町の中心の いつもできている行列。 そこが老祥記です。 でも今回取り上げるのは 「老祥紀」 一文字違うわけですね。 まあ、有名な仁義なき戦いの 結果らしいんですけどね。 この一文字の違いに、 様々なドラマがあったことでしょうねえ。。

神戸元町物語 いいねこの感じ 西元町はた珈琲店

元町商店街をぐんぐん西に行きます。 西元町と呼ばれるエリアです。 商店街に面してあるので、 わかりやすいと思います。 ウエスタン・ファッションの名店 「ゴールドラッシュ」のあった辺りです。 あそこ、主が急逝されて、 閉店したんですよね。 店長だっ…

神戸元町物語 結構みんな真剣 県警本部裏のお不動さん

兵庫県警の南西の角。 その一角にお不動産が祀られています。 ちょっと、やっつけ感のある お不動さんですけれど。 けっこう艶やかな色彩。 しかし、ここは深夜でも拝む人がいる、 知る人ぞ知るスポットなのです。 だって、誰も由来知らないんですよ。 古い…

神戸元町物語 もう暑いから元町ってことに モダン寺

もうね、暑すぎでしょう? 街に出歩かないわけです。 そんな中、今日の神戸は花火ですって? ワッハッハ。 タダならいくらでも人が集まるってことですか? 救急隊員の方々ご苦労さまです。 そして、近日中にも、 もしかしてモダン寺に お世話になる往生な方…

神戸元町物語 見よ!これが銭の力だ! 相楽園

こう暑いと、写真撮りに行けないのです。 外に出ると、もう疲労困憊。。 よって、今回残念ながら、 写真は全て拾い物です。 でもね、まあ見てくださいよ。 このトップ画。 これね、馬小屋でっせ。 お屋敷じゃありません。 馬小屋でこのレベル。 そして、ここ…

神戸元町物語 神戸最大の禁忌 ファミリア

今の所本店が元町にあります。 根強い人気のファミリア。 居留地に移転するんですって。 kisspress.jp 神戸で、特に女性に言ってはならない言葉。 「ファミリアってそんなええのか?」 間違いなく、バッシングされます。 今週のお題「わたしのモチベーション…

神戸元町物語 花街の風情のカレー 味善

神戸には「花隈」と呼ばれる地域があります。 元々は花街で、今もその名残があります。 一見では入れない料亭や、 武闘派団体の事務所、 モダン寺等々、なかなかカオスな街です。 その花隈と接する、ギリギリ元町なところ。 そこに、本日ご紹介する「味善」…

神戸元町物語 やる気はあるお店です 64カレー

モトコーの浜側に、こんな看板があります。 すごくカレーの好きなスタッフがいます。 お店はカウンターだけで、 10席くらいでしょうか。 なんか最近若い人がカレー屋始めるの、 流行ってんでしょうか。 よくみますね。 そんな、64カレーさんです。

神戸元町物語 梅雨の水曜日の元町裏通り

梅雨という季節は、風景を沈み込ませます。 しかも水曜日というのは、街の空気が沈みます。 神戸という街には、いろんな顔があります。 イメージ先行な部分もあります。 私が元町が詰まっていると思う、 商店街の一つ北側から、 JR高架下まで 撮影してみまし…

神戸元町物語 知らぬうちに代替わり バーOWL

JR元町駅東口からでて、 すぐ見える上島珈琲の直営店の角を、 南に入っていき、商店街に突き当たる手前、 その右側(西側)の地下に降りる入り口。 いかにもな設定で佇むバーOWL。 平たく言えばフクロウのことですね。 もう何年前でしょう、 浴びるほど飲ん…