CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

牡蠣くおうぜ!オイスターを買いに行くぜ!

f:id:gemini-yahata:20190208152006j:plain

冬といえば牡蠣であるザンスね。

みなさんお好きですか、牡蠣?

 

ワタイは好きザンスねえ。。

しかし、ここ数年食べてなかったザンス。

それには理由があるザンス。

 

古い車で、牡蠣を買いに行く

その度胸がなかったザンスねえ。

だって、塩撒かれてるザンショ?

凍結防止に。

あれは、ワタイのジュリアには

最悪なんザンスよ。

 

街で買え?

ハハハ、ご冗談を!

今回はその理由と、穴場をご紹介。

 

 

とある年のこと、赤穂で牡蠣を堪能し

その帰り道は夜になって追ったザンス。

 

ひなびた港町にある釣具屋に

「牡蠣あります」のノボリ。

ちょっと買って帰るか、と思って

2キロほど買って、家で食べたら

こりゃすごい!

 

あー、広島?

あー、岡山?

 

へー、牡蠣取れるんだ?

カキオコでもしてれば?

 

ワタイ的には、カキオコってのは

最も美味くない牡蠣の食べ方ザンスよ。

 

牡蠣への冒涜ザンスね!

 

などと、建築家のSくんに話していたら

「行きましょうよ!」

「じゃあ、ワタイが料理するザンス!」

 

ちなみに「Sくん」とはこんな人ですね。

chuff.hatenablog.com

 

ってことで、あっさり行ってきちゃったわけです。

姫路から浜国道で、ダラダラ走って。

その釣具屋さんがこちら。

yaplog.jp

 

まだ早い時間なのに、すでに売り切れ。

あっさり凹む二人。

 

狂気への誘い(紙ジャケット仕様)

狂気への誘い(紙ジャケット仕様)

 

 

「おっちゃん、このへんで買えるとこで、ええとこ推薦してーな」

「そやなー、浜に降りて水色のとこや!」

「おっちゃん推薦って言ってえーの?」

「かまんかまん!俺の名前出したらえーわ!」

 

と言ってもおっちゃんの名前知らんのだけどね。

 

 

で恐る恐る極狭な道を降りてゆくと、あったのがこちら!

 

 

f:id:gemini-yahata:20190208152016j:plain

 

もうこれは、マジで

ブルー・オイスター・カルトじゃん!

 

 

スペクターズ

スペクターズ

 

 

あきらかにひるんでいるSくん。

しかし、ワタイは元気よくドアを開け

 

 

「コンチワー!!」

 

 

f:id:gemini-yahata:20190208152009j:plain

 

マジ、ガン無視!

 

そこは、港で生きる女たちの戦場であり申した。

 

しかしねえ、世界の無視に耐えてきたワタイです!

 

くじけず

 

「こんちわー!!」

 

男前な若いアンちゃんが

気さくな笑顔で出てきてくれました。

 

「上の釣具屋のおっちゃんに、ここならいい牡蠣が買えるときいたんです!」

「あーはいはい。ありますよー」

「キロいくら?」

「殻付きで800円、むき身で2200円です!」

「殻付きキロで何個くらい?」

「そっすねえ、12〜13個ですかね」

 

カネに目ざといSくんが

 

「安っつ!」

 

と突然シャウト!

 

「見ます?」

「はいはい!見せて見せて!」

「どうぞ!」

 

f:id:gemini-yahata:20190208151954j:plain

 

「これで2キロほどっすね」

 

ここで再度Sくん。

 

「安ッス!!!」

 

「じゃあ、4キロもらうわー!」

「あいよー!殻付き4キロ、ありがとうござーい!!」

 

でクーラーボックス渡して

その間、女の戦を観戦。

もう、手の動きが見えないていうね。

まさに戦。

 

Sくんが

「8さん、足元ベルトコンベヤーっすよ」

「おお!すげえなあ!イノヴェーションってやつ?」

「ゲラゲラ。まあ、言えんこともねえですなあ」

 

f:id:gemini-yahata:20190208152002j:plain

 

で、この大量の殻がどうなるかと言うと、

 

 

屋外のトラックに流れ込むようになっていて

 

f:id:gemini-yahata:20190208152022j:plain

 

「8さん、なんかこれ凄くないですか?」

「なんか、高度経済成長期を見るようだな」

「ロマンっていうか」

「ああ、わかるザンスよ!熱いザンスね!」

「しかも、この工夫がまたいい!」

「どれどれ?」

 

f:id:gemini-yahata:20190208151958j:plain

 

グッッハ!

 

 

これは熱い!

「なんかいいっすねえ」

「もう、兄弟船とか聞こえてきそうザンス!」

 

www.youtube.com

 

「俺、ここ気に入っちゃった!」

「ここは鰯浜と言って、俺の中で暫定世界一の牡蠣の浜!」

「またまた大げさなw」

 

その夜、彼は

 

「ウハハハ」

 

と変な笑い声を立てながら

牡蠣を貪り食いました。

 

ちなみに、これは聞いた話ですけど

牡蠣小屋とかでは、

客のテンションが上がっているので

割と出来の悪いのだしてるそうですよ。

誰から聞いたとかは言えませんけど、

持って帰られる牡蠣のほうが、美味しいそうです!

 

(スーパーで売ってるのなんか、マジで食えねえな!直販がいいかもね!でクリック!)

 

タロットの呪い

タロットの呪い