CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

フランス流スパルタ教育!

f:id:gemini-yahata:20190405165607j:plain

スパルタ式。

フランスの教育って、実は容赦ないんですね。

社会階層も、貧富の差も

徹底的に叩き込まれるようです。

 

なので、自然と暴動も起きるんでしょうなあ

www.youtube.com

だって、世界史上初の「革命」は

フランスから生まれたわけです。

 

でね、それがどんなのか気になりません?

まあならなくてもいいんですけど。

ワタイが聞いたお話しをつらつら書きます。

まあ、いわゆるリライトなんすけど。

 

 


フランス人から聞いたのではなくて、

フランスに嫁いだ、ワタイの仕事の先生だった

日本女性から聞いた話。

 

 

彼女の名前はハルコさん。

HarukoのHは発音しないので、アルコ。

旦那さんのアランさんは、そう呼んでいました。

お元気であれば、夏の日には浴衣を着て、

ノルマンディーの海岸を散歩しているはずです。

 

 

そのマダム・アルコが、

パリのデパートで買い物をしていた時のこと。

5〜6歳くらいの女の子とお母さんが、

子ども用のドレスを選んでいました。

 

 

 

「ねえ、シャーロット、ドレスはピンクとブルーとどちらがいいと思う?」

「ママン、私は女の子だから、ピンクがいいわ」

 

「なんですって!

あなたは今

なんと言ったの?」

 

 

「ピンクがいい。。」

「そこじゃなくて、その前!」

「女の子だから」

 

アルコさんは、まあそりゃそうだよね。

お母さんは変わった人かしら?

とか思っていたそうです。

 

「女の子だからピンクなんていうのは、バカがいう事です」

 

「じゃあ、ブルー」

 

「そうやって、ブルーを選ぶのも、バカがする事です」

 

禁断の果実  女性の身体と性のタブー

禁断の果実 女性の身体と性のタブー

 

 

 

もう、女の子は混乱して、

いまにも泣きそうです。

 

「これはあなたにとって大切なドレスなの。あなたの瞳の色や、髪の毛の色、いろんな事を考えて、選ばなくちゃならないの」

 

「ママンはどっちがいいと思ってるの?」

 

「質問に質問で返すのは、ママンに対して失礼ですよ!」

 

これはすごい事になった、

とアルコさんは思ったようです。

日本であれば、自然とピンクで納得する場面です。

しかし、このママンは容赦ありません。

 

「好きなものを着ていいなんてのは、全くの嘘です」

「じゃあ、好きなドレスを買えないの?」

「どう見られたいか、どう見られるか、それを考えないと人間はバカになりますよ」

「う、うーん。バカはイヤだわ」

「もちろんです」

「私の瞳はブルーだけど、髪は今はブロンドだわ、ママン」

「そうそう、続けて」

「でもおばあちゃんが、髪の色は変わるよって言ってた。ママンも昔はブロンドだったって」

「うん、そうよ」

「私は、ブロンドであるうちに、似合う色がいいわ」

「なるほど」

「瞳とバランスのいいブルーにするわ」

「じゃあ、あなたは、今選んだのね?」

「そうよ、ママン」

 

「ママンが、最初にピンクを拒否したからじゃなくて?」

 

 

「ダメよママン」

「なにが?」

「それはバカがする事なんでしょ?」

「よろしい、じゃあ、ピンクを買いましょう」

「えっ、ブルーじゃないの、ママン?」

「あなたが欲しいものを買うに決まってるじゃないの、可愛いシャーロット!」

「ママン、大好き!」

 

 

なんとも強烈なママン。。。

彼女は何をしたかったのでしょう?

「考える事」を教えていたのでしょうか。

それとも、圧倒的な支配欲なのでしょうか?

 

どうやら、フランス特有の感覚があるようです。

アルコさんは、現地で出産します。

その育児の中での出来事は、

この話と絡むと見えてくるのです。

実に、こいつら肉食ってるんやなあと

思うお話しが聞けました。

 

容赦ねえわけですわ。

 

で続きます。

 

chuff.hatenablog.com

 

(リライトって結構めんどいザンスねえ。。でも過去ログ救済月間で行くザンスでクリック!)