CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 大人の男性に是非 元町バザー

f:id:gemini-yahata:20180914134106j:plain

ネクタイというものは

実は最も難易度の高いグッズ。

 

女性で言うと、着物の帯紐でしょうか。

洋装であると、香水とかでしょうね。

 

やりすぎると鼻につくし、

派手だから悪いとも言えない。

どれだって、それなりに様になってしまう。

けれども、その使い方でレベルがバレてしまう。

 

女性が男性に送るプレゼントで、

実は一番難しいのもネクタイでしょう。

 

今日は、その専門店元町バザーさんです。

 

 

上品な女将が切り盛りするお店は、

もう70年の歴史。

三代目だそうです。

 

www.necktie.co.jp

 

めくるめく美の世界。

入り口からこれです。

 

f:id:gemini-yahata:20180914134643j:plain

 

もうね、危険な香りがプンプン。

あえて、ちょっと入ってみるかあ、

と気軽を装い突撃してみました。

 

 

いやあ、素晴らしい。

 

f:id:gemini-yahata:20180914134757j:plain

 

もうね、変態の世界です。

女性よりも男性の方が、

美に対する業は深いように思います。

 

で、女将と雑談などしていると

ミラノのアンジェロ・フスコの

ネクタイを見せてくれました。

正規の取扱は、日本でここだけ。

 

f:id:gemini-yahata:20180914135300j:plain

 

これね、栗の実なんです。

なんでも、フスコの工房の近くに

栗の木が多いらしく、

それがシンボルなんですって。

 

f:id:gemini-yahata:20180914135428j:plain

 

ああ、栗の実ね。

アップで撮影したんですが、

ちょっとボケましたね。

 

f:id:gemini-yahata:20180914135530j:plain

 

逆に、ヘリンボーンがはっきりと見えます。

これネクタイでっせ!

 

で、このネクタイは、

裏がこうなってます。

 

f:id:gemini-yahata:20180914135634j:plain

 

どうです?

カッコいいでしょう?

このボリュームなら、

キレイなディンプルできるでしょうね。

 

これね、セッテピエゲといって

表の布を折りたたむようにして

芯にしているわけです。

古典的な手の込んだネクタイです。

 

このようなネクタイは、実に優雅。

スリーピースのダークスーツとか、

いいでしょうねえ。

パワースーツより、トラッドよりで。

オーセンティックなのに合わせると

そら、大人のお色気ムンムンですねえ。

 

 

私、恥ずかしながら

アンジェロ・フスコって

知らなかったんですわ。

人間いつまでも勉強ですなあ。

 

で、会話も弾むとこうなるわけです。

このマダムが只者ではない女将。

 

f:id:gemini-yahata:20180914140328j:plain

 

この赤いの、アップで見ます?

 

f:id:gemini-yahata:20180914140354j:plain

 

素晴らしい光沢!

なーに、ほんの

 

4万円くらいですわ〜。

 

美の代償としては

決して高くはないのです。

牛丼をね、80杯食べられるとか

考える人向けではありません。

 

 

 

ネクタイ一本に80食我慢できる人か、

そもそも牛丼食べない人かの

どちらか向けです。

 

女性のシャルルジョルダン

フェラガモのミュールが、

それくらいじゃないでしょうか。

 

 

 

その勢いで買うものです。

 

f:id:gemini-yahata:20180914141603j:plain

 

でね、冷やかしで入ったんですけど

なんか買わないと

失礼な気になってきたわけです。

 

この感じ、以前にどこかで。。

 

 

ああ、あれだ!

 

chuff.hatenablog.com

 

急に女将が、邪悪な

メス蜘蛛に見えてきました。

 

ここはダメージの低そうなのを

選ぶ必要ありそうです。。

 

「ずっと、レジメンタルで発色のいい黄色を探しているんですが」

 

既にディスプレーにないのを確認して

ない商品を言って逃げ切ろうとしています。

 

しかし。。

 

f:id:gemini-yahata:20180914142054j:plain

 

スコットランドなんですって。

アトキンソンズ。

いいネクタイなんですよ。

シルクとコットンの混紡で、

軽い感じです。

 

f:id:gemini-yahata:20180914142216j:plain

 

私ねえ、好きなんですよ。。

女将、さすがですねえ。

いいとこついてきます。

 

「軽い色のコットンジャケットで、夏を惜しむかのように締めていただけたら、ネクタイも喜ぶかと」

 

 

危険な女です!

 

 

でも、いいんじゃないでしょうか。。

f:id:gemini-yahata:20180914144042j:plain

 

なにやってんだか。。

 

こういうお店はね、

入ってみて話を聞いてみないと

わからないものですよ。

 

謙虚で、ちゃんとしたカッコで行けば

親切に色々教えてくれます。

決して、短パンにクロックスで

入ってはダメです。

 

(また、新しい美の世界の入り口を見つけてしまったですなあ、でクリック!)

 

 

ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち (新潮選書)

ダンディズムの系譜―男が憧れた男たち (新潮選書)

 
紳士の名品50 (小学館セレクトムック)

紳士の名品50 (小学館セレクトムック)

 
モードとエロスと資本 (集英社新書)

モードとエロスと資本 (集英社新書)