CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 精神の高揚ここにあり! ベック

f:id:gemini-yahata:20190227163621j:plain

よく人は言うザンスよね。

「本当は教えたくない名店」とか。

さして、読まれていない当ブログザンスが

ここで紹介するのは、正直迷ったザンス。

 

それくらいの店だったザンスよ。。

実に腰が抜けそうだったザンス。

 

とはいえ、この店は難易度高いと思うザンス。

お値段が桁違いだとか

そういうことではないのでゴンス。

ここの味を理解できる人は、

結構限られておると思うザンス。

まず、若いお姉ちゃんお兄ちゃんは

わからないと思うザンスよ。。

 

理由はちょっと

説明が難しいと思うザンスが。。

 

 

友人に着物をあげたザンス。

入門編のウールの部屋着。

ここから始めなさいと。

そしたらお礼に、招待されたザンス。

ワタイをここに連れてきたのは、このSくん。

 

chuff.hatenablog.com

 

おじいちゃんが、ブラフシューペリア持ってるやつザンス。

 

chuff.hatenablog.com

 

「8さん、何食いたいです?」

「そうねえ、精神が高揚するものだな」

「いいっすよ、激高なとこ行きまひょか?」

「まさか!値段で高揚するとでも?俺の精神が!

「うーん、実にめんどくさい人ザンスねえ。。あーじゃーここ!」

 

 

って感じでやってきたわけザンスね。

 

 

トアロードで待ち合わせして、案内されたんザンスが、

ワタイこんな奥まったとこ来たことないザンス。

普通は通りがからない、住宅街の中ザンスね。

ギリギリ元町エリアザンスね。

 

店構えは、知らないと見つけることも難しい感じ。

小さな看板だけザンス。

 

入ると、実に簡素な店内。

バーのようというのでもないザンスねえ。

なんでしょうねえ、この感じ。

画廊とか、そんな印象。

 

丸坊主で髭面の

丸い眼鏡をかけた主が

フレンチボーダーのTシャツで

出迎えてくれたザンス。

店内はこんな感じザンスねえ。

 

f:id:gemini-yahata:20190227163632j:plain

 

質素と言うか、調理器具もあまりないザンス。

料理の注文はSくんに任せて、

ワタイは雰囲気を観察しておったのでござるよ。

 

ご飯食べながら、パシャパシャするのも

はばかられる雰囲気だったザンスが、

食べログとかで普通に載ってるので

まあ、ワタイはそう言う気分ではなかったザンス、

ってだけで料理の写真はないザンス。

興味のある方はこちらで。

 

tabelog.com

 

ちょっとおもしろい主と

いろいろお喋りしながら、ビールを。

ワタイ、あまりビールは飲まないんザンスが、

美味しかったザンスね。

見たこと無いビール。

 

オーダーしたのは、

 

肉のパテ。

オムレツ。

オススメのチーズ。

メインは子羊のロースト。 

 

フレンチと聞いていたザンスが、

とんでもない!

これがフレンチなら、フレンチひっくり返るザンスよ!

というくらい、薄味でそっけないザンス。

 

聞けば、塩さえ最小限のようザンス。

ワタイのイメージでは、これは和食に近い世界。

当初、フレンチと聞いておったんザンスが、

懐石に近い世界ザンスね。

 

瓢亭卵ってご存知ザンス?

このお店の半熟ゆで卵ザンスが。

hyotei.co.jp

 

あの世界ザンスよ。

これ読んで、行ってみようと思う人は、

最初に全部頼んでおくほうがいいザンス。

お肉の調理に、軽く40分位かかるザンスよ。

で、カウンターのみの席から

マスターの炎捌きが見えるんザンスが、

もうこれが変態なのね。

本人はパフォーマンスしてるつもりは無いようで、

注意してみていないと、わからないザンスけど。

もう、圧巻ザンスよ。

 

あれ、どうやっても真似できないと思うザンス。

 

その合間合間に

いろいろお喋りさせていただいたんザンスが、

チーズの話が最高だったザンス。

 

8「このチーズ、マスターがお選びになるザンス?」

主「はい。寝かせたり選んだりしますけれども」

S「それここでやってんすか?」

主「卸屋さんとかこことか、いろいろですけどね」

8「やはり、当たり外れあるんザンスか?」

主「ございますねえ。生まれもいい、育ちもいい。でもチャンスがなかった才能のチーズとか」

8「っw,それは、切るときにわかるザンスか?それとも食べてからザンスか?」

主「ナイフを入れるときから、色っぽいとか、カワイイとか、いろいろでございますねえ」

S「それは渋い感覚w」

8「実にエロい!」

主「ときにそう、お褒めいただくことがございます」

 

かっこいいーーー!

 

8「添え物はあえてないザンス?」

主「添え物に野菜をつければ、所詮その野菜は添え物。不憫でございます」

 

しびれるー!

 

で、メインがでてきたザンスが、

この子羊がすごかったザンス。

まず、ソースがついてないザンス。

若干うすーく塩があるだけで

それも下手したらわからない範疇ザンス。

少しだけ、アンチョビとオリーブのペーストが

添えられておるだけザンス。。

 

絡むのは、肉からでた透明な油だけ。

 

これがまた。。

 

実にエロい!

 

これ、わからない人は困惑すると思うザンス。

しかし、興味ある人は是非行くべきザンス!

 

実にしびれた夜だったザンス。。

店を出てから、お酒を飲むのがもったいなく

Sくんと二人で、深夜までやってる喫茶店

コーヒーを飲んで余韻に浸ったザンス。

どことは言わないザンスが

600マイルブレンドの店ザンスが

 

 

クソみたいな味になってたザンスけど。

で、最終的にはお酒飲んでから

そこそこ酔っ払って帰ったザンス。

 

いやあ、実に刺激的な日で、

その夜はよく眠れたザンスねえ。。

 

そう言うお店、ベックさん。

激オススメザンス!

 

(絶賛は出来ないザンス!客を選ぶお店ザンス!でも、勇気を持って行くザンス!でクリック!)

 

Blow By Blow

Blow By Blow

 
ワイアード(期間生産限定盤)

ワイアード(期間生産限定盤)