CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイ

マン島での道 その15 パブに挑戦!

あまりの寒さに、パブのドアを開けた焚き火の男。 ちゃんと、注文できたんでしょうか? 外国では、それぞれ注文の仕方が違ったり、 座る席で値段が違ったり、 案外難しいものです。 しかし、そこは旅人としての経験が豊富なだけあって、 なかなか軽やかにこ…

オートバイへの道 追記 その25

免許取得体験記を書いてくれた、青さん。 青さんも私も、うっかりしていたのですが、 最後に手続きというものが待っていました。 まあ、当たり前ですね。。 では、青さんの追伸、いってみましょう!

マン島での道 その14 嵐の島

マクドナルドにがっかりした失意の夜も、 シェアハウスでは盛り上がったようです。 そりゃそうですね。 ここに来ている人たちは、みんな 頭のイカレタレースを大好きなんですから! さて、島には嵐が来たようです。 レースはどうなるのでしょう。 では、いっ…

オートバイへの道 免許取得体験記 その24

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。略して青さん。 ついにたどり着いた場所。 それは、結果発表の「第三教室」。 さて、青さんは報われるのか。 感動の最終回!

オートバイへの道 免許取得体験記 その23

さあ、アドレナリン噴出です。 ドーパミンなど、後でいいのです! やるとなったら、迷いは邪物です! やるしかないのです! さあ、いってみましょう!

オートバイへの道 免許取得体験記 その22

男、昼目から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 卒検を受ける集団の中で、 彼が与えられた番号は「1」 つまり、彼からスタートなのです。 どうなるのでしょう。 いってみましょう。

オートバイへの道 免許取得体験記 その21

男、昼目から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 ついに、決めなければいけない日です。 いってみましょう!!

マン島での道 その13 愛しのマクドナルド

マクドナルド。 経済学でも、その国の経済基準単価によく使われるほど、 いろいろ均一なはず。 値段も味も。 昔は私も、そう思っていた事ありました。。 では、いってみましょう!

オートバイへの道 免許取得体験記 その20

男、昼寝から覚めたら、 突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 さあ、最後の見極め。 これが済めば、ついに卒検です! いってみましょう!

マン島での道 その12 彼はマーシャル

まずいハンバーガーを食べながら、 焚き火の男は、突然日本語で話しかけられます。 さて、どうなるのでしょう? いろんな人がいるもんですねえ。

オートバイへの道 免許取得体験記 その19

男、40歳を前にして、 昼寝から覚めたらオートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 いよいよ、緊張が高まってまいりまいりました。 あと、卒検まで二時間の教習を残すのみです。 では、いってみましょう!

マン島での道 その11 腹が減った。。

サイドカーの予選の後、 急に天気が。。 さて、どうなるんでしょうねえ。 とりあえずご飯食べるようですよ。 そしてまさかの。。 焚き火の男は、運がいいのか悪いのか。。

オートバイへの道 免許取得体験記 その18

男、昼寝から覚めたら、 突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 ない目に会うのは、だれだって、嫌なものです。 しかし、試練鍛錬とは、 火中に栗を拾う必要があってのことです。 未来への投資、危ない目に会うこと。 …

オートバイへの道 免許取得体験記 その17

男、昼寝から覚めたら、 突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 今回は「危険な目にあう」だそうです。。

マン島での道 その10 サイドカー予選

どうです、みなさん。 来るまでは長かったですけど、 レースはドンドン進みますよ。 あの細い道を、サイドカーで走るって。。 車幅は、軽四よりちょっと小さいくらいだと思いますけど。。 動画とかでは、思いっきり壁ドンしてたりしますよ。。 では、いって…

オートバイへの道 免許取得体験記 その16

男、昼目から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 いよいよ、実感として、見えてきたようです!

雨の慕情 パンサーというオートバイ

通っていた高校の裏に小さなラーメン屋があった。 製麺所を兼ねていたその店は、たいして美味くもないのだが、 よく授業を抜け出しては塀を乗り越えて食べに行った。 その日は雨が降っていた。 梅雨の真っ最中で何日も雨が続いている蒸し暑い日だった。 ラー…

マン島での道 その9 スーパースポーツクラス2

近所の家の前を、 時速300キロのオートバイが駆け抜けてゆく。 この非日常の世界を、 文章で表すのは、難しいでしょうねえ。 写真も、もっと難しいでしょうし。。 まずは、最初のレース、スーパースポーツクラスのゴールです!

こうなれると思ってんでしょ?

峰不二子みたいなイメージ。 どんな体型の女性でも、オートバイに乗ると思うみたいですね。 まあ、どんな男性も、同じように妄想してんでしょうけど。 集団ツーリングの、女性ライダーのお姫様ぶりは、すごいですからね。 かしずく殿方もふまえてね。

オートバイへの道 免許取得体験記 その15

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 ついに、真の修羅場と出会いました。 その時、青さんのとった行動とは?

マン島での道 その8 スーパースポーツクラス1

先日煽ったわけではないでしょうが、 翌日原稿が来ました。 では、スーパースポーツクラス レース、スタート!

オートバイへの道 免許取得体験記 その14

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 突然のルート変更。 これはパニックですね。 どうなったのでしょう? いってみましょう!

偉大なるレーサーと、をまとめておこうよ!

一気に読まれたい方のため、 清原明彦なる、不運のレーサーをネットに記録するため、 真のレーサーとはいかなるものか警鐘を鳴らすため、 まとめておきます。 ちょっとだけ、大人の部屋の回もあります。

マン島での道 その7 予習の時間

これをお読みの皆さんは、 我々は、お気楽に、好き放題書き散らかして、 さぞかしいい加減な人間だとお思いでしょう。 まさにその通り!

オートバイへの道 免許取得体験記 その13

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 さあ、初めての見極めです。 ドキドキしますよね。当然です。 私も大昔に、ドキドキでしたよ。 ではいってみましょう!

偉大なるレーサーと、ガチでツーリング! その6

みなさん、長らくお疲れさまでございました。 本日最終日となっております。 お見逃しないよう、お願いいたします。

オートバイへの道 免許取得体験記 その12

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 今回は番外編というか、バイクを起こしてあげる事になっちゃったお話。 さあ、いってみましょう!

偉大なるレーサーと、ガチでツーリング! その5

何も、負ける事に耐えられないのは、レースだけじゃありません。 命果てるまで戦い続ける! これですね、真のレーサーは! 当然宴会でも、勝ちにいくのがレーサーです! ちょっと大人の部屋かもしれません。

マン島での道 その6 Are you ready , Still now ?

まだ、お待ちいただけておりましたか。。 感無量。 ついに、ついに、スタートシグナルが。。。 もうちょっと点きそうです。 では。

オートバイへの道 免許取得体験記 その11

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。 彼の名は「青陽舎」さん。 略して青さん。 好むと好まざるとにかかわらず、 ってことは何事にもあります。 ではどうぞ!