CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

コロナ以外忘れてません?聖地を目指して2 

f:id:gemini-yahata:20201204163400j:plain

皆さん、コロナ以外忘れてませんか?

今年の夏は大雨の災害も多かったのです。

その一つが長崎の平戸。

そこへ向かう青さん。

 

chuff.hatenablog.com

 

青さんはお豆腐屋さん兼果物屋さんですが

もう一つの顔がります。

それは消防団員。

 

団員として災害現場の確認も旅の目的です。

いやあ、立派です。

高倉健の聖地探訪だけでなく、

消防団員としての平戸探訪でもあったんですね。

 

ではさっそく!

 

 

============

 

 

平戸市にはすでに入っていますが、

市役所などがある中心部は島にあります。


島と本土をつなぐのは平戸大橋

赤く美しい吊橋であります。

平戸から生月に渡る生月大橋の水色と合わせて、

渡るだけで気分が上がるよい橋だと思いますね。

 

アドレナリン(字幕版)

アドレナリン(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: Prime Video
 

 


この美しい橋は、本土側の「田平公園」と

平戸島側の「平戸公園」の両側から眺めることができます。

私の場合、平戸まで来たという興奮もあり、

逸る気持ちを抑えきれず橋を渡ってしまいますので、

平戸公園からしか眺めた事がありません。

2018年に、バイクで初めて

平戸を目指したときの写真を確認しても、

やはり平戸公園からの撮影だったようです。

 

f:id:gemini-yahata:20201204161318j:plain


今回はぜひ、田平公園からの平戸大橋です。

平戸公園からは少し見上げる感じですが、

田平公園からは見下ろすことができます。

どこからが撮影しやすいかしら、

と尻を休めがてらぼちぼち歩き回りました。

 

展望デッキのようなものもきっとあったのでしょうが、

公園の外周にあるウォーキングコースから、

遮蔽物も無く一望できることがわかりました。よし、

ここでいい。

どうしたもんかなぁ・・・

押したり引いたり動いたりしながら、撮ったのがこれ。

 

f:id:gemini-yahata:20201204161402j:plain

上から眺める平戸大橋

どっちが良い、ということもないのでありますが、

私は田平公園側から見る橋のほうが迫力を感じますね。

 

撮影もそこそこに、

寒風に吹かれながら橋を眺めておりました。

随分尻も落ち着きました。

出発しましょう。


次の目的地は生月。

大バエ灯台とサンセットウェイなのですが、

今回はもう一つ確認したい事がありました。

流行病のおかげでうっかり忘れがちですが、

今年の長崎も自然災害に見舞われました。

台風の被害も大きかったのですが、

最大のものは豪雨に関するものだったように思います。


消防団に声がかかるというのはなかなか大ごとなんです。

使うとお金がかかるから、やたらめったら出動はありません。

 

13訂版 消防団員実務必携

13訂版 消防団員実務必携

  • 発売日: 2018/04/13
  • メディア: 単行本
 

 


幸い、私が住んでいる地域や周辺に

大きな被害はありませんでした。

しかし少し離れた場所、

例えば出津教会堂の近くにある赤首町で、

結構な規模の土砂崩れが発生しました。

 

長崎の場合、海岸線と山が県土の殆どをしめております。

どこで発災してもおかしくないのです。

水の災害は本当に恐ろしいと痛感した年になりました。


7月24日、生月大橋のごく近くで

大規模な土砂崩れが発生しました。

全面通行止めになり、

一時生月島は陸路で到達できなくなりました。

生月島の5000人が孤立したのです。


生月島は漁業が主要産業なので、船が多い。

平戸の薄香漁港との間を海路でつなぐことで、

とりあえずはなんとかなったそうなんです。

とはいえ11月も終りに近い今でも片側交互通行の規制があるそうです。


その状況を現地で確認する。

これを目的に、生月を目指していきます。

平戸大橋を渡り、岩の上大橋信号を左へ。

直進すると、平戸城などがある平戸市中心部です。

観光の都合でルートを決めてもいいでしょうな。


左折して走っていくと、千里ヶ浜。

鄭成功縁の地です。

 


人形浄瑠璃や歌舞伎の「国性爺合戦」は、鄭成功の物語ですね。

鄭 成功(てい せいこう、拼音:Zhèng Chénggōng、チェン チェンコン、繁体字: 鄭成功; 簡体字: 郑成功寛永元年/大明天啓4年7月14日1624年8月27日) - 大明永暦16年5月8日1662年6月23日))は、中国代の軍人政治家。出身は福建省泉州市。元のは森。は明儼。日本名は福松[1]に滅ぼされようとしている明を擁護し抵抗運動を続け、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。台湾・中国では民族的英雄として描かれており、特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、孫文蔣介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている[1]

 
千里ヶ浜は美しい砂浜ですので、

夏に来るとそれなりに

水着のキャッキャウフフが拝めると思うんですが。。

九州での夏バイクは気合がいりますからねぇ。。

九州の環境であれば、真冬のほうが私は楽です。


けっこうちゃんと寒い日でしたが、

三連休の最終日ということもあるのでしょうか。

人ではそれなりでした。

 

千里ヶ浜は、湯快リゾートのホテルが隣接しています。

そこのお客さんだったのかもしれませんな。

砂浜を通り過ぎ、少し走ったところで右折。

一旦海から離れていきます。


何度か来ておりますので、すでに知っている道。

しかし、実に気分が盛り上がる道です。


もうすぐしたら海が見える。

カーブが続く下り坂に差し掛かると、遠くに見える生月島

どんどん近づいていくと、

水色の橋が大きくなってきました。

 

そして、ハッとします。

f:id:gemini-yahata:20201204161423j:plain


いやはや、思っていたより崖崩れは

とんでもない規模でした。

もう少し寄せてみると

 

f:id:gemini-yahata:20201204161438j:plain

 

よくこれで、死傷者がでなかったものです。

もう少し大きく崩れていたら、

橋にも影響が出ていたでろう場所が崩れておりました。


崩れた先には人が住んでおります。

人的な被害が出なかったのは、たまたまだったようです。

 

4ヶ月経過した風景を見ていても、

背筋を冷たいものが流れるようでした。 

 

 


交互通行ながら、通過は可能なようです。

生月島平戸島をつなぐ唯一のルートなので、

臨時の信号で待っている車両の数は思いの外多い。

 

よく見ると、県外ナンバーの割合も高そうです。

信号が変わり、橋を渡りだすとまた規制。

生月大橋はいま、保全工事の真っ最中のようです。

ちょうど真ん中あたりで作業をしており、

そこを境に橋のフレッシュさが切り替わるのが面白い光景でした。


橋を降りて、まずは橋を見上げる公園で停まります。

平戸までが一気呵成の走りだったので、

この後はちょいちょい休みながら行きましょう。

 

f:id:gemini-yahata:20201204161506j:plain

f:id:gemini-yahata:20201204161510j:plain

こうしてみると、あまり人がいないように感じられます。

これはアングルを選んでおるからですね。

実はいっぱいおりました。

耐寒装備が厳重なので、

バイクから降りるとちょっと暑い。

 

 

インナーを外そうかと思いましたが、

エアベンチレーションを開けたら丁度いいんじゃないかしら。

両腕と背中のチャックを開けて、

そろりと走り出せばなかなかいい感じに風が入ってきます。

いい気分になってサンセットウェイを走り出したのです。

ちょっと走り出したぐらいで丁度いい風が、

きちんと速度が乗った時にどうなるのでしょう。


それに気づくまでさほど時間はかからなかった、

といったところで本日はここまで。

それではまた。了

 

つづきます。

chuff.hatenablog.com

==============

 

この夏のことなのに、記憶にないですねえ。。

正確に言うと記憶にはあるんですが、あまり意識できない。

 

これね、おっかないことだと思うんですよ。

目の前のことしか見えなくなっておるわけですから。

他のことが、認識の外におるわけです。

 

いかんなあ、と思いながら読ませていただきましたよ。

皆さんは覚えてます?

この夏、大災害あったんですよ。

 

(人間の記憶というのは、いかにあやふやなものか。そこでクリックだ!)

 

メメント (字幕版)

メメント (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
メメント [Blu-ray]

メメント [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/12/22
  • メディア: Blu-ray
 
メメント [DVD]

メメント [DVD]

  • 発売日: 2006/06/23
  • メディア: DVD
 
メメント/スペシャル・エディション [DVD]

メメント/スペシャル・エディション [DVD]

  • 発売日: 2005/09/22
  • メディア: DVD