CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

生月島大バエ灯台 聖地を目指して3 

f:id:gemini-yahata:20201205184112j:plain

生月島

ワタイも浅からぬご縁のある土地。

青さんは、崖崩れの現場を視察しました。

 

chuff.hatenablog.com

 

この夏の話なのに、もうすでに遠い。

なぜなんだろう。

これがコロナ脳なのだろうか。

 

しかし鬼滅の刃は上手くやったよなあ。

全然知らないんですけどね。

 

という話題のほうがホットなんでしょう?

いいんです。時代に背を向ける覚悟ありありですから。

政府発表では消えゆく内燃機関での旅。

ではさっそく!

 

 

 

===============

真冬でも、山沿いではない九州の国道なら

問題なく走れるだけの装備をしています。

生月大橋を撮っておこうと、

その装備のままアングルを探してウロウロしたわけです。

 


そりゃあね、ちょっとぐらいは汗を掻くでしょう。

 

 

閑話休題

ちょっとした生活の知恵なんですけどね。

晩酌にビールを、と思っていたのに

冷やすのを忘れていた。たまにあることです。


そんなときは、まずお風呂に入りましょう。


服を脱ぐ前に、

缶ビールを濡らしたキッチンペーパーで巻いて

冷蔵庫へ入れます。

飲みたい本数だけそうしておいてください。

それだけ済んだらお風呂でゆっくりと、

一日の疲れをお湯で流してくださいまし。

風呂から上がった頃には、

きっちりビールは冷えているはずです。

 

10分ほどで十分冷えるらしいですよ。

冷蔵庫に入れただけなら

これほど早く冷えることはありません。

庫内の温度と「気化熱」が、

劇的な速さの冷却を実現するわけです。

 

で、ですね。

自分がかいた汗が、全開のエアベンチレーションにより

吹き込んでくる生月の海風で気化するんです。

 

つまり、私自身が缶ビールになったようなものです。

 

 

両腕から入ってくる風の冷たさは、

風が抜けていく腰のあたりで強く感じます。


それまで少し暑く感じていたので、

止まってジッパーをを閉める程ではないんですが、

涼しい感じは完全に超えた状態です。

ただ、それが本当に丁度いい。

 

 

カサブランカ・ダンディ

カサブランカ・ダンディ

  • 発売日: 2015/09/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 


鬱陶しい冬空はいつの間にか半分だけになり、

残りの空は目に染みるほどの青でした。

一面に広がる海に目をやれば、

秋が溶けたような濃い青色で白波は金色に輝いています。


紺碧の空、

海の群青、

気まぐれに流れていく青みがかった灰色の雲。

そして、右側の山は晩秋の常磐色です。

 


グワッと頭蓋の中に広がるなにか。

空腹とか、

尻の痛みとか、

そうしたものがいったんどこかへ去って、

ベンチレーションを抜けていく風の冷たさが

風景と自分を強く結びつけるような、

そんな感覚になっていきました。


実際走っているのでおかしな言い方ですが、

凄くリアルです。

 

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

  • 作者:中島 らも
  • 発売日: 1999/03/19
  • メディア: 文庫
 

 


楽しみ方は人それぞれですが、

こんないい道飛ばすのはもったいない。

私は常識的な速度で、

視界のすべてを味わうように走っていきましょう。


自動車の広告のロケ地で使われる、

生月サンセットウェイ。

そこを実際に走る愉悦であります。

 

www.youtube.com



鷹ノ巣トンネルを抜けたら、

泣けてくるほどいい景色がドーンです。

どこかに向かっているはずなんですが、

目的地がどうでも良くなってきます。

バイクに跨っている「今」だけが残ります。

 

そう、私が「今」を感じるのです。

 


自動車で来てもいい景色ですけど、

バイクはなにか別の快楽が

脳に付き上がって来るように思いますな。

楽しい乗り物ですよ。

 

寒いし

濡れるし

暑いけど。

 

 

石原橋展望所という、ちょっとした駐車スペースがあります。

混んでいるのでスルー。


ちょっとふわふわしながら走っていくと、

県道42との合流につきました。


左折して大バエ灯台を目指します。

途中、塩俵の断崖という柱状節理があるので寄ってみました。

多くはないものの、ここも自動車やバイクが停まっています。

 

f:id:gemini-yahata:20201205183644j:plain


バイクを降りると、風がちょうどいい感じ。

アングルを探してウロウロすると、ほんのり汗がにじみます。


波は思いの外高いようで、

打ち寄せて砕ける波の白が

柱状節理と相まって趣深い景色を作り出しております。

 

これは例のお道具を持ってきて、お茶だったなぁ。。

 

chuff.hatenablog.com

 

また来るでしょうから、覚えておきたいと思います。

先にアメリカンのバイクが停まっていましたが、

いつの間にかいなくなっていました。

おそらく、大バエ灯台を目指したのでしょう。


よし。

私も行こう。


すっかり収穫を終えた田に、

ヒコバエが揺れる景色を見ながら走っていくと上り坂。

登っていくと、大バエ灯台手前の駐車場です。

ここもそれなりに車が停まっております。

一番奥に、先程見たアメリカンが停まっていました。

その横に停めておきましょう。


福岡ナンバーのイントルーダークラシック。

f:id:gemini-yahata:20201205195534j:plain

ピカピカに磨き上げられていました。

カメラをぶら下げて大バエ灯台へ

 

f:id:gemini-yahata:20201205183656j:plain


引いてもう一枚

 

f:id:gemini-yahata:20201205183707j:plain


うむうむ。大バエ灯台はこれですな。

崖際ギリギリまで行って、水平線にカメラを向けてみましょう。

f:id:gemini-yahata:20201205183720j:plain


肉眼で、こんなに素晴らしい海。

それをなんとかとってみましたが

 

f:id:gemini-yahata:20201205183734j:plain


こうなってしまいます。。

実際見るとすごいんですけどねぇ。

私の腕ではなんともならない題材であります。

 


上着は前を開けて幾分涼しいのですが、

オーバーパンツはばっちり風を防いでくれます。

 

 


さすが、バイクに乗っていても寒くない装備ですね。

降りたら暑いでやんの。

 

時間はそろそろ昼時。

次はいよいよ今日の目的地ですが、

その前にご飯を食べましょう。


そうだなぁ…

ああ、生月には知る人ぞ知るラーメン屋があったな。

あごだしラーメンの「大氣圏」に向かおうと

駐車場に降りていったところで本日はここまで。

それではまた。了

 

つづきます。

chuff.hatenablog.com

============

 

実は、チャフブログの生みの親でもあるデコポンさん。

コミケ界隈では伝説的な存在らしいんですね。

こんな方ね。

 

cultgate.hatenablog.com

 

彼の所属するクラブ「湾岸タイフーン」の本部があるのです。

その名も、湾岸ハウス。。

1回行ったことあります。

 

まあ、なんというか。。

遠かったですねえ。。

 

生月島へは、大排気量車で行くべきだと思う!化石燃料でクリック!)