CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

BMWR100RSがレーンシュポルトになった日

f:id:gemini-yahata:20200924173506j:plain

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

もうね、敬老の日とか。。

言われる立場になっちゃおしめえよ!

中年の危機超えて、初老の危機!

残り時間少ないんだから、エンジン回していこーぜ!

となった前回。

 

chuff.hatenablog.com

 

BMWのRSって、リラックススペシャル?

とか言っていたのです。。

それがあなた!

スピードの神の恩恵をいただくと、

レーンシュポルトです。

英語でいうと、レーシングスポーツです。

 

ついに、奴が羊の皮をかぶった羊から、

ちゃんと狼になったお話です。

 

 

シャフトの癖というのは、

オーナーの整備不良なのである。

 

と結論づけたオーナーのS。

 

今回は、はるばる遠方よりやってきた彼の目的。

FCRキャブレターの装着です。

ご存知、ケイヒンFCR39ミリ。

BITO R&Dにて、一応セッティングが出されておるやつ。

www.jb-power.co.jp

 

アマゾンで検索したら、ヨシムラのは売ってんだ!

すげえなアマゾン。。

 

 

誰が買うんだ、アマゾンで?

 

さて中華をたらふく食べて、ワタイの家でワーキャー騒いだ翌日。

スピードの神様の神官吉川さんは、朝からすでにFCRをばらしておったのです。

 

もう、あんたも好きねえ。。

参考動画です。

 

www.youtube.com

 

 

さて純正の、この愛嬌のある

味わい深いキャブレターを外す。

 

f:id:gemini-yahata:20200924183953j:plain



せっかくいいセッティング出したけれども

オーナーのスピードへの執着によって外されるわけです。

 

f:id:gemini-yahata:20200924183949j:plain

 

妙にカッコいいよね!

(マニアの世界観)

 

f:id:gemini-yahata:20200924183945j:plain

 

そして、早速FCR装着。

ちなみに、アクセルワイヤーはオーナーSの手作り。

ようやるなあ、ほんま。。

 

f:id:gemini-yahata:20200924184544j:plain

f:id:gemini-yahata:20200924184549j:plain

f:id:gemini-yahata:20200924184017j:plain

左オーナーのS 右神官吉川氏

で、こうなる。

 

f:id:gemini-yahata:20200924184025j:plain

 

ペダルとキャブの隙間がタイト!

 

f:id:gemini-yahata:20200924184021j:plain

 

なんか、立ち姿もキリッとしてきた気がする。

 

f:id:gemini-yahata:20201113175418j:plain




ここで、ワタイは一旦中座。

だって、仕事だったんだもん。

数時間後戻ってみると、Sが一人で店番をしておった。

 

「吉川さんに試乗を勧めたら、『ではお言葉に甘えて』とテストコースにw」

「ほうほう。で、どうなのよ?」

 

「いやあ、レーンシュポルトですわ!」

「やはり、レーンシュポルト?!」

「びっくりするほどレーンシュポルト!」

「そっか、レーンシュポルトかあ!」

 

レーンシュポルトレーンシュポルト言ってるなら

もうレーンシュポルトさん家の子供になりなさい!

 

と叱られるくらい、レーンシュポルトを繰り返すオッサン二人。

 

そこに吉川氏帰還。

 

レーンシュポルト言われる所以がわかりました!」

  

BMW BIKES (91) 2020年 10 月号 [雑誌]: マガジンX 増刊

BMW BIKES (91) 2020年 10 月号 [雑誌]: マガジンX 増刊

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: 雑誌
 

 

 

お前もかいw!

 

S「ほな、8マンも乗ってきたら?」

8「では遠慮なく!」

 

コースは摩耶から入り、ハーバーハイウェイで六甲アイランド

折り返してポートアイランドまで突っ走り、

神戸空港先で折り返し、

港島トンネルで帰ってくるロングライド!

 

f:id:gemini-yahata:20200925154838j:plain

 

ノーマルキャブのときは3千回転くらいが美味しいところ。

FCRを装着すると、4千あたりから5千が美味しくなる。

吹け上がりが、レースキャブ特有の爽快感をもたらす。

 

当然巡航速度も上がるわけであるが、左コーナーも問題ない。

強いて問題言うなら、やはりペダル。

キャブレターそのものが大きくなったため

足元が更に窮屈に、しかも想像以上。

 

信号待ちのアイドリングにあった問題は消えておる。

パーコレーションでもバルブタイミングでもなく

ノーマルキャブのニードル問題だったのかもしれぬなあ。

 

スタートをダッシュで決めて、 

ここで手を緩めず、更にアクセルを煽る。

 

ああ、ハーバーハイウェイは今俺の手中にある。

 

5千から6千で若干もたつき

6千からレッド開始の7千までの吹け上がりは

 

まさに、レーンシュポルト

 (おまえもかい!)

 

ワタシはかつて、FCR愛用者であったので

これは加速ポンプを

少し調整すればよいのだなと思ったのだな。

などと思っておると、コーナーでエンジンヘッドをこすりそうになる。

 

 

いや、そこまでやってはいかんだろう!

 

お店に戻り、開口一番こう言った。

 

「やっぱ、レーンシュポルトだわ!」

 

(まだ言う?)

 

コレは後に判明したのだが、

昔と違って、キット化されたFCRは加速ポンプの

ガソリン噴射量は調整できなくなっておったのだな。

で、プラグはこうなっておった。

 

f:id:gemini-yahata:20200925161759j:plain

 

バッチリですや~ん!

 

ここでタイムアップ。

ニードル一の調整か、ニードル自体の交換。

もしくはメインジェットを数番上げることになるかも。

それをSは帰路で確認するだろう。

 

こうやって、スピードの神のミサは終了したのであるな。

 

バッハ:ミサ曲 ロ短調

バッハ:ミサ曲 ロ短調

 

 

その夜、私達は焼肉丼を食べ解散。

我が家では、またキャッキャ言いながらしゃべくり。

翌日Sは遠い帰路についたわけであるな。

 

夕方近くなった頃Sから電話ありました。

 

「いやー、もうすっかりレーンシュポルト!」

 

無事についたことを素直に喜び。

土産に持たせた河合養蜂店のはちみつに

奥方と娘さんの絶賛を浴びたようで、それもまた嬉しく。

 

あっ、河合養蜂店さんの絶品ハチミツはこちらです。

 

「スピードの神様にもよろしく言っといてね!」

 

との伝言を受け、電話を切った。

 

しばし感慨にふける。

考えてみれば、ワタイたちも年をとった。

Sと出会ってすでに40年である。

 

若い頃好きになれなかったBMWの世界を

十分魅力的に感じるとしになったのであるなあ。。

コレは老けたというより、あの世界は

経験を積まないとわからないものなのだろうな。

 

つまりそれは。。

人間年はとらないとネ!ってことですね!

 

BMWR100RSよ。

君のRSをリラックス・スペシャと言って悪かった!

そう反省しながら、ワタイは今中古相場を物色しておる。

 

そう、レーンシュポルトの!

 

おしまい。

 

(若さは消えゆくが、消えた分だけ芳醇を溜めておるのだ。さあ、そこでクリックだ!)