CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ヤマハXT500に乗ってみた!

f:id:gemini-yahata:20210331154807j:plain

ワタイの友人Oさんがレストアしましてん。

しかも自分で。

このタンク、ノーマルに見えまへんか?

これ、オリジナルデザインの手塗りですわ。

しかもヤフオクでボロを買ってですわ。。

 

みんさんご存知でっしゃろ?

ヤマハSRついに生産中止ですわね。

 

young-machine.com

 

よう続きましたなあ。。

これのエンジンの原型が、このXT500ですんや。

ワタイ、SRってあんまりええ印象なかったんですわ。

ヤマハがノリで作って、当たったって印象ですわ。

若い頃、試乗させてもらってがっかりしたんですわ。

それがね、今回ひっくり返りましたわ。

年をとったせいかもしれまへんけど、

ワタイが乗ったのは、整備されてなかったんちゃいますかなあ。

 

評価激変ですわ!

 

 

 

 

発売当初を知ってるワタイが、当時のSRの立ち位置を説明しましょう。

 

正直言って、あれはコスプレでしたな。

 

まさか43年も続くとは、ヤマハも思っていなかったはず。

当時、単気筒はシブいとされていたものの高価でした。

BSAとか、当時でも200万円くらいしてたんちゃいます?

 

その証拠に、エンスー界の伝説だったあのお人が。。

f:id:gemini-yahata:20210401193112j:plain

まあ、小野かつじさんは自殺でしょうねえ。。

なくなる数ヶ月前、雑誌で

「私がSRを持っている理由は、国産でシングルエンジンはこれだけだからだ。基本的に認めていない。自分の妥協の産物の醜さは認めている」

 

と書いておりましたなあ。。

なんか行き詰っておられたのかもしれませんが。。

 

でね、SR。

これがね、小ヒットのはずだったのに。。

ソレが今やトラディッショナルですわ。

ハハ。

私から見れば、懐古主義の最たるもんというイメージでしたわ。

かといって、W3やTXの系統でもないわけで。

中途半端な、レトロコスプレでしたわ。

 

もちろん、当時コスプレって言葉はありません。

多分、「なんちゃって」と言ってたと思います。

イギリス車を買えないビンボー人か、意識高い系。

(意識高い系って言葉もなかったですけども。。。)

 

それがバブル時期のバイクブームでバク売れ。

アパレルとか、そっち系の人々が多かったんちゃいますかな。

もちろん、手入れなんかされてません。

いわゆる乗りっぱなしがほとんどでしたわ。

 

 

 

そんな中、友人が買いよったんですな。

確かディスクのキャストホイールだったんで前期型?

デコンプを残すものの、あえて使わないのがツウだとか。。

 

ウッさい事言うてましたわー!

 

うっせぇわ

うっせぇわ

  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

でもまあ、興味あるにはあるわけで。

「実は、本気で走ると峠で速いんだぜ」

「川沿いの国道で、結構振り切るぜ!」

とか言われたんですな。

 

で、半日乗ってみたんですな。

正直飽きましたわ。

友人もなんだかんだ言って、数ヶ月で手放したと思います。

 

とまあ、これが当時の標準的SRイメージやったんちゃいますかな。

 

ところが!

 

木村信也が好いとるらしい、と聞くと興味が出てくるこのミーハー!

木村信也ご存知?

こんな方ね。

 

chuff.hatenablog.com

 

奥様が、SRの原型XT500にお乗りらしい。

もしかしたら、XT500はすごいのか?

ちょっと乗ってみたい。。。

 

まあ、掌返しなんか当然のことと思っている初老ですからね。

 

とか思っておったら、友人が持ってることが判明!

マジで?

と思ったんですが、さらに

 

「知り合いが、カタナと交換してくれっていうんだけど、8さんどう思います?」

 

と言ってきたんですな。

しかも、けっこうなプレミアなカタナですわ。

ちなみに、ワタイの中でイメージ先行がっかりパターンの代表格。

それがカタナGSX1100S。

キリン、あんたどっかイカれてるぜ!

 

 そこでワタイはこう言ったんですな。

 

「もうね、我々は先が長くないのだから、ちょっと儲かるくらいで判断しちゃダメ。とりあえず俺に乗らせろ!そのXTを!話はそれからだ!」

 

まあ、ただ乗りたかっただけなんすけどね。

ちなみに彼Oさん。

彼もカタナを一度買って、がっかりして手放しております。

 

カタナじゃ、魂は震えねーんだよ!

 

すっごい大勢を敵に回しそうな気もしますが、

実際カタナて過大評価されてると思うわけで。

でも、価格は魅力的なのも認めるわけで。

 

www.bikebros.co.jp

 

確かに暴騰間違いない!

しかし、それでいいのであろうか!

散々、いい目もしてきた我々世代が

そんな目先の欲に負けていいのであろうか?

良いわけがない!

 

なぜかって?

俺がXTに乗れなくなるからだよ!
 

ということで、乗ってきたわけですな。

 

ドコドコドコとやってきたO氏。

ワタイの走りを知る彼は、タンデムを嫌がる。

しかし、まあ乗んなさい、と。

 

誰のバイクであるとか、そういう細かい事はいいじゃない?

で、500ccシングルのキックはあっさりできた。

 

あれ?

こんなもんだっけ?

 

f:id:gemini-yahata:20210331154750j:plain

 

キャブに若干の不安定さは感じるものの

加速感は突き上げるようだ。

まさに飛ぶように走りとはこのことだな。

ブロックパターンのタイヤのグリップとあいまって

爆発ごとに、軽くリヤが流れるようなグリグリ感。

近くの岬での海岸コースを目指す。

O氏は早くも後悔し始め

 

「俺、ここで待ってるんで、8さん行ってきてください」

 

とか叫んでおったが無視。

乱暴にアクセルを開けると、前が浮く浮く!

ひゃっほー!

 

 

小さな漁村を超え、寂れた旅館街を越え

ヘアピンを過ぎると、かつてのホームコース!

グリップの悪いタイヤゆえ、バンクは浅い。

後ろでO氏が叫んでいるが無視。

 

なんだ、この楽しさは!

 

回転数は3千から4千。

高いギヤでも2千もあれば、一瞬遅れて急激なアクセルにもついてくる。

これが、ロングストロークの500の力か!

 

旧式ゆえに、美しいが操作性の悪いクラッチレバーは重い。

そう、この時代バイクは男のものだった。

重いクラッチを気にすることはなかったのだ。

これが、堀ひろ子の乗ったロードボンバーの原型か。。。

 

f:id:gemini-yahata:20210401202402j:plain

 

彼女も自殺したんだったな。

いろいろあるさ。ねえ。。

 

などとしみじみする岬のワインディング。

 

f:id:gemini-yahata:20210331154755j:plain



 

思うに、このロングホイールベース

こいつがいいい仕事しておる。

それとレイダウンされたリヤサス。

これが、想像以上にいい!

 

f:id:gemini-yahata:20210331154802j:plain

 

運動エネルギーをショックユニットの熱交換ではなく

ストロークで吸収している感じが良い。

アクセルに機敏に反応しながら、不足分をフレームが補っている。

その結果、多少たわむのだが、それがしなりとなり柔らかい感触になる。

 

いい!

とてもいい!

 

ワタイが次に買うなら

多分上がりになるバイクはこれだ!と思っておるバイクがある。

それはカワサキTR250。

 

f:id:gemini-yahata:20210401202917j:plain

 

あれに乗ったときと同じであるな。

TR250も早めに買っとかないと暴騰しそうだよな。

キャブのがいいんだよなあ。。

 

こいつも比較的ロングホイールベース

そしてロングストローク

フレーム剛性低さと引き換えに、軽いしなりを持っていた。

そのしなりが、実に気持ち良い。

 

XT500は、そこに500ccのパンチあるエンジン。

楽しくないわけがない!

 

O氏はヤフオクでこいつを手にれたという。

最初はロードタイヤがついていて、峠でとても早かったらしい。

ああ、そうだろうな。

これでグリップ良ければ、燃えるだろうな。。

 

でも、これが一番映えるのは、このタイヤだよな。

これでツーリングしたいなあ。

トップギヤに入れて、アクセルとクラッチだけで土手の上とか。。

 

なんとなく、長良川沿いを思い出す。

まだ中洲にあった、グライダーの飛行場はあるんだろうか。

あの道を通り、高山へ。

郡上八幡へ。

 

昔走ったアリゾナのフェニックス。

トラックに積んで、砂漠の中の砂丘へ。

デューンランで、汗を掻く。

刺すような紫外線が嬉しい。

そしてソルトレイクへ。

エル・ミラージへ!

 

いい!

とてもいい!

 

中年危機 (朝日文庫)

中年危機 (朝日文庫)

  • 作者:河合 隼雄
  • 発売日: 2020/09/07
  • メディア: 文庫
 

 

家に戻り、ワタイはO氏にこんこんと言った。

 

「これ、売っちゃダメだろ!」

 

人には事情がある。

もちろんワタイにもある。

しかし、このマシンは手放しちゃだめだろ!

なぜかって?

 

俺が乗れなくなるじゃない?

 

(しっかり翌日から右太もも筋肉痛で今も痛い!傷みから学んでクリック!)

 

NOTEBOOK MOTO VINTAGE: XT500 1977

NOTEBOOK MOTO VINTAGE: XT500 1977

 
MON CARNET DE NOTES: MOTO XT500

MON CARNET DE NOTES: MOTO XT500