CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

白木峰高原でコスモスを撮る

f:id:gemini-yahata:20201021133650j:plain

コスモスっていうのは、難易度高い被写体です。

花全般にいえることなのですが、難しい。

そもそもきれいなわけですから、

それ以上にはなかなか撮れないわけです。

で、チャレンジな青さん。

chuff.hatenablog.com

 

ならば、進歩をみせていただきましょう!

ではさっそく!

 

 

 

============

 

堤防道路を走り抜け、最初の信号を左へ。

国道207を進んでいきます。


渋滞はしていませんが、

それなりに走る車も多い平日の日中です。

信号に止まるたびに、じわっと汗が。

 

太陽の下では、まだ暑さを感じる10月中旬です。


流れが早くなる長田バイパス。

途中で降りて県道124。

長田交差点の手前で左折すると、五家原岳に向かっていく県道184です。

途中に白木峰高原があります。


あまり、交通量の多い道ではありません。

普段は実に静かな道です。

 

しかし、なんだかちょっと多いぞ。

平日の午後とは思えない雰囲気。

 

 


平日なら混んでいないと思ったんですが、

甘かったですねえ。。

まぁ、バイクなのでなんとかなるでしょう。


坂を登っていく県道を、

エンジンの音も軽やかに駆け上がっていきます。

路傍に咲いているコスモスは満開。

情報通り、コスモスの見頃を迎えているようです。

数台の自動車が先行していましたが、

白木峰高原の駐車場に全部曲がっていきました。

そりゃそうでしょうねぇ。

 


駐車場について見ると、空きは殆どありません。

結構な人出です。

駐輪場は無いようですから、隅に停めます。

 

屋台に人が群がっている横を通り、コスモス畑へ。
ああ、これは丁度いい時に来ました。

 

f:id:gemini-yahata:20201021131346j:plain



一昨年もここに来ました。

その年は夏の天気の影響で一斉に開花をせず、

いまいち寂しい風景だったのを覚えています。

 

chuff.hatenablog.com

 

今年も気候は厳しかったのですが、

なんとか無事に咲いてくれました。

本当にありがたいことです。



白木峰高原の風景といえば、干拓地と雲仙の背景が魅力です。

花の量なら火張山花公園が圧倒的ですが、

奥行きのある景色というのは地形の妙。

 

これは量では如何ともし難いものです。

つまり、ここでコスモスを撮るのであれば

背景をしっかり取り込んで

f:id:gemini-yahata:20201021131412j:plain

f:id:gemini-yahata:20201021131415j:plain

f:id:gemini-yahata:20201021131419j:plain


こんな感じにしたら良いのでは、と思いました。

逆向きに、青空とコスモスも撮ってみましたがイマイチ。

なんとなくパッとしません。

技術の問題もあるんでしょうなあ。

f:id:gemini-yahata:20201021131624j:plain

f:id:gemini-yahata:20201021131629j:plain

 

大砲装備のガチおじさん。

ミラーレスで色々試している女子大生風のお嬢さん。

思い思いのカメラマンが

良い作品を撮るべく試行錯誤をしている花園でありました。


私も色々試しておりましたが、

コスモスってソフトフォーカスだとちょっとエロい感じになりますね。

そう思うのは私だけでしょうか。

 

f:id:gemini-yahata:20201021131727j:plain

 

Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 77mm ソフト描写用 277881
 

 


後はこんなところですね

 

f:id:gemini-yahata:20201021131747j:plain


寄せたら寄せたなりの魅力があります。

軽装になっていますが、暑いんです。

喉も乾いてきました。頃合いですな。


駐車場に戻りながら、振り返ってもう一枚。

 

f:id:gemini-yahata:20201021131800j:plain


ETCのテストも久しぶりの高速走行も無事すんで、

コスモスまで撮れた充実の一日でした。

3時前には帰宅できましたので、

このぐらいの丁度いい旅というのは気軽でいいですな。

遠くへ行きたい。

その気分は世情が落ち着いた後に満たすとしましょう。

 

=============

 

少し難しい「良い構図」について書きましょう。

青さんも工夫されてますね。

でもね、これは「構図」ではありません。

強いて言うなら「構成」なわけです。

 

構図を考える場合、目の前にあるコスモスをコスモスと思ってはいけません。

コスモスと思うと、きれいなコスモスとしか見えないわけです。

そこを突き放すと、線と色と影で作られた「世界」が見えるわけです。

それはコスモスであって、コスモスを超えた世界なのですね。

その、線と色と影を上手く切り取れると「構図」が出来上がります。

その時、コスモスの美しさは、目の前にある花以上のものになります。

 

おわかりいただけます?

 

(そんな事言われてもわかんねーよ!と言い切ってはいけません、でクリック!)