CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

Z900RS女のZを持っていったらトラが来た!

f:id:gemini-yahata:20210226205440j:plain

今週のお題「雛祭り」

どうです?

いい笑顔でしょ?

こちら、カワサキプラザ神戸兵庫のGMであり、

現代を生きるスサノオノミコトことミスターカワサキ

清原明彦大明神の娘様、松浦美香さんです。

つまりお姫様ですな。

明かりをつけましょぼんぼりに〜♫

この御方のZ900RSをいじることになった経緯はこちらから。

 

chuff.hatenablog.com

 

神戸の誇るドマイナーファクトリー、

ジャーニー・モーターサイクルの吉川氏の手によるものです。

ワタイは、まあ監修というか。。。

 

でね、しばらく我が家にいたZ900RSをお店に持っていったわけです。

で、じゃあこれもお願いしますって手渡されちゃった。

って何を?

トライアンフをですよ!

そんな話あると思う?

あるんだな、これが。。

 

 

このZ900RSは、しばらく乗り込んで頂く。

んでもって、オーリンズだのワイバンマフラーだの

装着されることになるのです。。

 

でね、トライアンフ

知ってます、トライアンフ

 

 

勝利を意味する社名を付けられたイギリスのオートバイ。

1960年代にその絶頂期があったわけです。

しかし、20世紀の終わり頃再興したのですな。

それの21世紀の傑作マシンがあるわけです。

ワタイも一度は買いかけた、魔法のエンジンのマシン。

ハンドリングは軽く、妙にキモいデザインもこれまた味わい。

それがこちら。

 

f:id:gemini-yahata:20210226210533j:plain

トライアンフ・ストリートトリプル2011年型。

675ccのエンジンの三気筒マシン。

これをね美香さんがね。

 

美 「これもお願いしますー、ウフフ」

 

ってね。。。

いいですか皆さん。

なんだかんだ言って、世の中には返事が「はい」しかない世界があるんです。

そういうところでね、グタグタいうのはダメなんです。

 

8 「はい!じゃあこれもやっときますね!」

 

(って、誰がするんだろう?俺じゃないけど、きっと吉川氏も嫌とは言わんだろうよ。。)

 

そんなこんなも含めて、「人」という字は支え合うように書くのです。

 

それにしても、なんかエグいデザインだよなあ。

 

f:id:gemini-yahata:20210226211454j:plain

f:id:gemini-yahata:20210226211458j:plain

f:id:gemini-yahata:20210226211502j:plain

f:id:gemini-yahata:20210226211506j:plain

 

デザイナーが、途中で仕事やめたようでさえある。

デザイナーが、何かでラリってたようでさえある。

デザイナーが、抽象画に目覚めたようでさえある。

 

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

 

 

で、このマシンをだねえ速くしてほしいと。

でもって、お嬢様の立場もあるのですわ。。

なんたって、カワサキのディーラーのGMでっさかいなあ。

 

ですので今回はカワサキプラザ神戸兵庫非公認企画

ジャーニーの吉川さんには、事後承認企画

当ブログチャフとしては、流れと勢いだけの企画

 

いいな、このネットの片隅での適当さ。

 

まあ、簡単に言ってしまうと。。

ワタイが乗って、あ~だこ~だ文句をつけて

吉川氏がそれをあの手この手でやっつけて

お嬢様に喜んで頂くと。

それでお父様も喜ばれ、みんなハッピー!

経済も回るというコロナ禍での福音企画!

 

10年落ちのバイクを俺色に染め直してやるぜ!

 

新しいシリーズ開始となります。

まずはワタイが乗ってみることにいたしましょう。

このマニアックなマシンを気になってる人、

もしかしたら参考になるかもよ!

 

(コロナ禍で、みんなハッピーになるのっていいんじゃない?ラリってクリック!)

 

僕にはわからない (講談社文庫)

僕にはわからない (講談社文庫)

  • 作者:中島 らも
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 文庫
 
頭の中がカユいんだ (集英社文庫)

頭の中がカユいんだ (集英社文庫)