CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

考えてみる

大真面目に、レイプについて考えてみよう。 その2

レイプを考えることは、とても知的な作業です。 感情的なものを排して、レイプとは何なのかを考えるわけです。 我々はそれをどう理解すべきなんでしょうか。 けっこう、危険なテーマですけどね。 ちゃんとやらないといけない気がするんですよ。 なんとなく。…

The Soul of Japan 武士道 その3

その1はこちら。 その2はこちら。 もっとめんどくさいお話にうつる前に、 武士道とクリスチャンの関係について、 触れておいた方が良いと思います。 新渡戸稲造がクリスチャンだったことは、お話ししました。 chuff.hatenablog.com 戦国時代にも、キリシタ…

玄米原理主義者さん、たまには白米食べようよ。

玄米、美味しいですよね。 私は好きです。 友人の前川農産さんから、直で買ってます。 ところがですねえ、 玄米を巡って、 どうも変なことが起きてませんか? 思っているより、はるかにいらっしゃるんですよ、 玄米原理主義者の方々。。 今回は、玄米を「考…

The Soul of Japan 武士道 その2

chuff.hatenablog.com が、えらく受けが良かったので、 ちょっと頑張って続きを書いてみますけど、 けっこう、がっかりな話しが続きますよ。 多分。

ロバート・メイプルソープ 写真を芸術にした男

写真を芸術にした、とはどういうことか? それを簡単に言えば、 彼が現れるまで、 写真は格下の消耗品でしかなかった、 ということです。 少なくとも、美術界においては、そうだったのです。 芸術というものは、その素晴らしさに価値があるような、 甘い世界…

終戦じゃないよ!敗戦だったんだよ!

宣戦布告すると、勝利か、敗戦か、和睦か。 その三つしかありません。 ごまかすんじゃありませんよ! 終戦なんてものは、ありません。 我が国は敗戦したのです。 ここ、思い違いしないようにして下さいね。

The Soul of Japan 武士道

いい訳だと思います。 武士道を、The Soul of Japan と表したのは、 新渡戸稲造。 最近まで5千円札に出てた人ですよ。 この人です。

人間とは何か? ぷぷぷ、から探ろうよ!

コンビニで買い物をした深夜のこと。 俺の前でレジをすませたお兄ちゃんが一人。 クビが伸び切ったイミフ系Tのシャツと 「いつ洗濯しましたか?」って膝下丈のカーゴ。 お約束のコンビニ弁当に、甘そうなドリンク。 まあ、ここまではよくある風景。

剃刀で行こう!

朝剃った髭が、どうにも気に入らず、 男は床屋で髭を剃らせた。 床屋の使う剃刀は、古臭い一枚刃の剃刀だった。 男は、床屋が磨くそれを横になりながら見つめていた。

運子さん 気にせず行こう!

その人は、「運子」さんと書いて、カズコさんと読むらしい。 小学校の同級生のお母さんだった。 子供心に、お母さんの半生が壮絶だったろうな、 とため息を一つついた記憶がある。

バレエスタンドって知ってます?

普通に連想するのは、このようなバーですよね? ところが、今回は家具のお話。 ちょっと前なんですが、 大阪のリッツ・カールトンに泊まることになったんです。 大人には、様々な事情があるんです。

ジャン・ポール・ゴルチェ

一度は立ち入るべき狂気の世界です。 別に、ゴルチエとは限りませんが。 そう、モードの世界と言う奴です。 ゴルチエが、本当にぶっ飛んでいてカッコ良かったのは、 20世紀の終わり頃までじゃないでしょうか。

大真面目に、レイプについて考えてみよう。

レイプを考えることは、とても知的な作業です。 感情的なものを排して、レイプとは何なのかを考えるわけです。 我々はそれをどう理解すべきなんでしょうか。 真面目に考えてみましょう。 特に、男性の方に申し上げたい。 あなたは、もしかしたら、レイプをし…

昔の人は、どうやって時刻を知ったのか?

これね。 答えを先にいうと「だいたい」なんです。 ん? ですから、だいたい、ですって。 それで問題なかったらしいんですよ! そっちの方が、実は凄いんですけどね。 まだよくわかりませんか? では詳しくお話しましょう。

イケダハヤトさんは、面白いじゃないですか?

この人、私好きですよ。 でもね、よくわかんないのが、嫌っている人の多さなんですよ。

青山二郎を知ってるかい?

美なんていうのは、狐つきみたいなものだ。空中をふわふわ浮いている夢にすぎない。ただ、美しいものがあるだけだ。 こういうことを言って、誰にも責められない男。 白洲正子の永遠の憧れ。 どうです、すごくないですか?

ヴィヴィアン・ウェストウッドの思い出

今でこそ、ヴィヴィアン・ウェストウッドと言えばハイブランドですけれど、 元々は、パンクの元祖、セックス・ピストルズを世に出した、マルコムの嫁さんだったわけです。 今は、かなり若い坊やと、よろしくやってるそうですね。

アネモネ

ちょっと迫力あるでしょ、アネモネ。 数日後はこうなりました

結婚とは何か? その9 夫婦別姓

●アンチな訳でも、炎上狙いでもないけれど 有名なブロガーのヨスさんのブログ、ヨッセンス (Here!) さんで、こういう記事を見かけました。 yossense.com これを見て、まあいろいろ思うところあったわけです。

SATCのキャリーって、甘いよね!

みなさんご存知のSATCのキャリー。 靴好きで、溢れんばかりのハイヒール持ってますよね。 正直言って甘いですよ、彼女。

いまさら「冒険」を考察する その2

話しを「冒険」に戻します。(その1はこちら) 私の大好きな映画に「冒険者たち」という有名な作品があります。 1960年代のフランス映画の大傑作であると思います。

いまさら「冒険」を考察する その1

「冒険」、まあ誰でも知っている言葉ですね。 改めてこの字を観察してみると、なかなか面白いものです。 「冒」は「おかす」と言う意味であるし、 「険」は「けわしさ」であろうし、 となると「けわしいものをおかす」という意味になりますね。

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ! その5

その1 その2 その3 その4 紋次郎さんか、カール・ラガーフェルドか、もう分かんなくなってきましたけど、 あえて分ける必要もないんでござんすよ。 例えば、仮想通貨ってのもそうです。

結婚とは何か? その8 同性婚とかLGBTとか 1

https://www.goethe.de/en/kul/ges/20876203.html きれいな色ですねえ。 いいんじゃないでしょうか、同性婚。 これまでしつこく続けてきた 結婚とは何か? の新シリーズです。

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ! その4

あまり分かってもらえないようですね。 紋次郎さんのこと。 まあ、そりゃそうですよねえ。 カール・ラガーフェルドと、紋次郎さんは、共通の孤独を見ているのです。

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ! その3

つまり、紋次郎さんです。 人生の残り玉を数えるより、 明日死んでもいいように生き、 明日は明日で、 死なないように考える。

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ! その2

どうです、ハードでしょ? その辺に転がってる不幸話しと、レベルがちがうわけです。

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ!

今から考えると、昭和はいい時代じゃなかったですね。 でも、無性に強い時代だったとは思います。

今日は、地震とか関係ないかもしれないけど

なんとなく思い出したんだよね。 あの日からしばらくは、関西にいる僕も、てんやわんやの日々だった。 当然、現地の人たちはとんでもないことになっていたはずだ。

今こそ「哲学」ですよ

「ボクの髪が肩まで伸びて」とここに書けば、これは問題なのでしょうか? とたんに、JASRACに怒られて、しこたまお説教されるんでしょうか? でも、言う事あるかもしれないでしょ。普通の人が普通に言う事も。

結婚とは何か? その7

ジューンブライドの6月ですね。 今日の神戸は素晴らしいお天気。 そうですね、こういう日に結婚式やるのはいいでしょうねえ。 まさしく「六月の花嫁」にふさわしい、日差しと気温です。 ではそんな中、前回からの続きをやってみましょう。 もちろん、今日も…

結婚とは何か? その6

ジューンブライドの6月です。 今回のテーマは、「浮気」です。 ありふれたテーマのようで、実はなかなか厄介なテーマです。

結婚とは何か? その5 ちょっと休憩。。

ジューンブライドの6月ですね。 この前、友人から 「なんで結婚のブログ書いてるの?」 と聞かれました。 仕事は全然関係ないし、結婚はした事ありますし、 なんということはないのですが、

結婚とは何か? その4

ジューンブライドの6月です。 「結婚」についてのお話も、既に4回目になりました。 長くて読めねえよ、三行でよろしく、で結局なんなの?、 とか思われたあなた、どうぞ見切り発車して下さい。 あなたの人生です。 楽しんで下さい。

結婚とは何か? その3

ジューンブライドの6月です。 じゃあ、なぜ結婚って始まったの? お答えします。 これは四民平等が始まって、戸籍を作ったからなんです。 少なくとも、日本ではそうです。

結婚とは何か その2

ジューンブライドの6月です。 前回、お金持ち以外には「婚姻なんて全然関係なかった」と書きました。 今回はその理由についてまず書きます。

結婚とは何か? その1

誰でも知っている謎の言葉「結婚」 ジューンブライドの6月です。 「結婚」という言葉を知らない人はいないでしょう。 小さな女の子でも 「わたしは将来お父さんのおよめさんになる!」とか言ったりしますよね。

「美」とは、厳しいものでございます。

私の自宅の近所に、ムスタングが停まっている駐車場がございました。 ちなみに、マスタングと言いたい人もいるだろうけれども、 ジャガーをジャグワーというのは、恥ずかしいでしょ。それと同じで、今回はムスタングで統一します。 過去系でお書きしましたの…