CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

考えてみる

コルビュジェについて、もうはっきり言いますよ!

案の定好戦的な意見もくるコルビュジェ関係。 chuff.hatenablog.com 「お前は分かってない」 とか言われてんですよ、リアルでも。 だから、言ってんじゃん。 そんなだから、嫌ってんだって! ようがす、はっきり申し上げましょう。 オブラートに包まず申し上…

コルビュジェって、そんなにいいかな?

好きな人多いですよね。 この写真のサヴォア邸なんか大人気ですよね。 でも、そんなにいいですか? 近代建築の5原則って、彼が言い出したわけでしょう? それにしばられすぎじゃないですかねえ。。 近代建築の五原則 - Wikipedia なんか、批判的な意見を言…

The Soul of Japan 武士道 その8 赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)

前回18世紀初頭まできました。 吉宗が登場したりとか。 chuff.hatenablog.com 今回は、「武士道」の一大転換期である、 赤穂事件を扱います。 いわゆる「忠臣蔵」ですね。 これねえ、危険な気もするんです。 日本人の琴線に触れるテーマだと思うからです。 …

香雪美術館 世界を美で埋め尽くせ!

行ってきました香雪美術館。 香雪美術館ついてくわしくはこちらへ。 神戸に長らく住んでおりますが、 初めてだったんですよ、ここ。 阪急御影駅で降りた事自体、数十年ぶりですね。 朝日新聞の初代社主の、個人のお家を改造したもんですわ。 どんだけ儲けた…

ジョブスもゲイツもここから始まった 後編

テクストのぶどう畑で (叢書・ウニベルシタス) 作者: イヴァンイリイチ,Ivan Illich,岡部佳世 出版社/メーカー: 法政大学出版局 発売日: 1995/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 前回からの続きです。 chuff.hatenablog.com こういうネ…

ジョブスもゲイツもここから始まった 前編

テクストのぶどう畑で (叢書・ウニベルシタス) 作者: イヴァンイリイチ,Ivan Illich,岡部佳世 出版社/メーカー: 法政大学出版局 発売日: 1995/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る こういう本が数千円で買えるという時代に感謝すべきです…

青山昌文先生(全く知らなかったけど)に感激。

放送大学って利権と天下りの受け皿と思っていたんです。 ごめんなさい。 そうとは限りませんね。 というのも、ある日偶然、 青山昌文先生の講義をテレビで見たからなんです。 いやあ、凄いわ。。 「美学」というジャンルをなめとったわ。。 この先生を世に出…

ドアノーのオリジナルプリント

この写真を見たことのある人は多いでしょう。 「パリ市庁舎前のキス」と言う題名で、撮影はロベール・ドアノー。 1950年のことです。 この人の有名な作品に、メリーゴーランドの写真があります。 私、この写真をオリジナルプリントで手にとって観たことがあ…

「国」はいつからあるの? その4

そろそろちゃんと書きますよ。 その1 その2 その3 で書きました李白や杜甫の世界では、 「国」というのは、役人である自分の所属先のことです。 だいたいね、唐の時代の人ですよ。 大安定時代です。 少なくとも彼らのいた時代に唐は滅んでいません。 少な…

The Soul of Japan 武士道 その7 ついに江戸時代に突入

このお題も久しぶりですね。 しつこく続けますよ。 続けて読まれたい方は、こちらで一気に。 chuff.hatenablog.com さて、前回ではやっと徳川の世に入ったあたりです。 chuff.hatenablog.com 戦乱の時代が終わって、武士はどう暮らしていくんでしょう。

「国」はいつからあるの? その3

さすがにそろそろちゃんとしますよ。 「遊んでんじゃねえ」と怒られたんです。 「仮にも「国」を論じようとしているのに、その軽薄さはなんだ!」 こう言う人いるから面倒なんですよ。 だから今回こそ、ちゃんとやりますよ。 そして、言い返してやります。 …

「国」はいつからあるの? その2

中国の詩人史上もっとも陰鬱な「詩聖」杜甫のヒット作です。 トップ画の訳は前回に書いてあります。 よろしければ。 chuff.hatenablog.com 杜甫の対極と呼んでいい人は、李白です。 杜甫の「詩聖」に対し、李白は「詩仙」。 本来なら東西の横綱なんですが、 …

「国」はいつからあるの? その1

国破れて山河あり。 これはことわざではなくて、 「春望」という詩の書き出しです。 杜甫という中国の詩人の最大のヒット作でしょう。 実はちゃんと続きがあって、五言律詩という形式です ここで、8マン訳をまず書いておきましょう。

平和と書いて、ピンフーと読む

麻雀はすたれましたよね。 できる人の割合は、喫煙率より低い数字じゃないでしょうか。 という私も、そんなに詳しくはないんです。 一通りのいろんなことをやってますんで、 一応卓を囲めるレベルですかね。 その麻雀の基本の役に、ピンフーというのがありま…

The Soul of Japan 武士道 その6 チャンスの時代 下克上?

前回、徳川家康の登場まで来ましたね。 chuff.hatenablog.com そこで、豊臣家康、前田利家、徳川家康の名をあえてあげました。 これには理由があるのです。。 彼らは、歴史の最前線に出てきますが、実は伝統的な武士ではありません。 不思議に思われる方もい…

ダンディーなジェントルマンなどいないのだ!

そんなカッコイイやつはいないのだ! って話じゃなくて、 それ間違ってます!系です! ダンディとジェントルって、全く相容れない言葉だと知ってました?

軍産複合体 The Huge

軍産複合体って言葉にどんなイメージあります? ロッキードやら、グラマンやら。 日本では三菱やら、川重やら。 賄賂もらいまくりの政治家と、儲かりまくりの死の商人。 それ間違いです! Wikiの項目も、一体どんな偏った人が書いたのか、ってレベルですね。…

Cool の意味

「クールだな」 今や日本語でも普通に言いますよね。 昔は、動じないとか、冷たい印象でしたけど、 今は「カッコいい」もの全般に使いますよね。 「COOL」の反対は「HOT」になるわけですが、 実は、同じようにカッコいいという意味でもあります。 どこがどう…

ロバート・メイプルソープ 写真を芸術にした男 その4

生命と引き換えに写真という芸術を確立した男。 富と名声におぼれながら、時代を作った男。 その4回目です。 その1 その2 その3 できればシリーズで。 今回も参考文献はこれです。 メイプルソープ 作者: パトリシアモリズロー,Patricia Morrisroe,田中樹…

キレイのコスト!

これいくらくらいすると思います? トップ画像は、イギリス床屋界の王様、 ツルーフィット&ヒルの商品で、髭剃り系だけの話。 ざっとでいいんですけど、正解は各自調べてください。 多分、10万円は下らないと思いますよ。 それでも、半年分くらいじゃないで…

The Soul of Japan 武士道 その5 応仁の乱あたりのこと

その1 その2 その3 その4 できれば、その1よりお読みいただければ、わかりやすいかと。 武士の「誕生」の歴史的分析は、もう大変なことですのでこちらにお願いします。 興味のある方には、面白く読める本だと思います。 武士道の考察 作者: 中本征利 出…

「さようなら」の意味

アン・モロウ・リンドバーグという女性をご存知でしょうか? 大西洋単独無着陸横断をした、チャールズ・リンドバーグの奥さんであります。 のちに、「海からのおくりもの」という本で、一躍名を知られるようになったのです。

仮想通貨と、井上陽水と、小沢昭一

井上陽水が逮捕されたのが、1977年。 マリファナだったかな。 判決は二年の執行猶予。 執行猶予があけてすぐに、陽水は武道館でコンサートを行った。 それをドキュメント番組にして、放送してたわけだ。 演奏と対談形式の交互構成、いわゆる「テレコ」で組ん…

大真面目に、レイプについて考えてみよう。その3

レイプについて考えることは、知的な作業です。 ですので、あまり連発するのもどうかと思うのですが、 なかなか現実を見せつけられたので、 これは多くの人に知って貰ったほうが良かろう、と思い書いています。 今回は善悪を問わずに、「考える」をできたの…

ロバート・メイプルソープ 写真を芸術にした男 その3

ロバート・メイプルソープ。 現代美術に途方もない痕跡を残し、 エイズで死んでいった男。 その1 その2 メイプルソープ 作者: パトリシアモリズロー,Patricia Morrisroe,田中樹里 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2001/02 メディア: 単行本 購入: 2人 ク…

大真面目に、レイプについて考えてみよう。 その2

レイプを考えることは、とても知的な作業です。 感情的なものを排して、レイプとは何なのかを考えるわけです。 我々はそれをどう理解すべきなんでしょうか。 けっこう、危険なテーマですけどね。 ちゃんとやらないといけない気がするんですよ。 なんとなく。…

The Soul of Japan 武士道 その3 忠は殿を問わず

その1はこちら。 その2はこちら。 もっとめんどくさいお話にうつる前に、 武士道とクリスチャンの関係について、 触れておいた方が良いと思います。 新渡戸稲造がクリスチャンだったことは、お話ししました。 chuff.hatenablog.com 戦国時代にも、キリシタ…

玄米原理主義者さん、たまには白米食べようよ。

玄米、美味しいですよね。 私は好きです。 友人の前川農産さんから、直で買ってます。 ところがですねえ、 玄米を巡って、 どうも変なことが起きてませんか? 思っているより、はるかにいらっしゃるんですよ、 玄米原理主義者の方々。。 今回は、玄米を「考…

ロバート・メイプルソープ 写真を芸術にした男 その2

その1はこちら ところで、みなさんは、 芸術って、なんだと思います? 唐突な質問ですけど、普通に考えると、 「ああ、こりゃいい!」と思えたもの、 とか考えたりしませんか? 各人が、それを認めた時に、 芸術は存在していると。 それは、ちょっと間違い…

The Soul of Japan 武士道 その2 明治初期

chuff.hatenablog.com が、えらく受けが良かったので、 ちょっと頑張って続きを書いてみますけど、 けっこう、がっかりな話しが続きますよ。 多分。