CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

運命の人と出会いたい!オジサンVS若者神戸トアウエストにて

お題「断捨離」

断捨離が必要なのは、思い込み!

そう、精神で断捨離すべきは思い込みなんです。

今回そう思い知らされたお話です。

運命の人に出会いたい若者と、シニカルなオジサンの会話。

 

ずっと昔、信号待ちで「恋をしたい!」というお嬢さんを見ました。

 

chuff.hatenablog.com

 

でね、今回はカフェです。

盗み聞きやないですよ、言っときますけど。

聞こえてくるんだから仕方ないでしょう?

神戸の三ノ宮と元町の間、トアウエスト。

私は暑さにひしゃげて、アイスティーなど飲んでおったのです。

 

隣の席には、ちょっとカッコいいオジサンと若者。

容姿からすると、アパレル関係の先輩後輩?

彼らの議論が熱を帯びてたので、聞こえてしまったんです。

というか、そのお店の全員が聞いてたのではないでしょうか。

というくらいの「運命の人」論争を再現しようと思います。

 

 

聞こうとしなくても、壁に耳ありなのが現実。

でも最後まで聞けなくて悔しい思いをする、のもよくあること。

こちらの「オクラ茶は体にいい」って話は惜しかったですなあ。。

 

chuff.hatenablog.com

 

で、今回。

オジサンも若者もマスクは外しておる。

いいと思うぞ、もういいじゃねえかなあ。

店は「ご飲食時以外はマスクの着用をお願いします」とは書いてはいる。

でもな、ここは東京じゃねえんだ。

関西の神戸だ。

それはそれ、あれはあれの世界でありますね。

健全です。

 

オジサンは結構男前でヒゲ。

マスクの時代に髭をきれいに整えるのはガッツがある。

若者は、なんというか。。鈴木亮平的な感じ?

体鍛えてますよ、って感じ。

 

若者 「あのー、運命の人と出会うのって難しいっすかね?」

オジサン 「運命の人?」

 

 

外が熱波なので、カフェに入ったら出づらい。

ということは、最後まで聞けるかもしれぬな。

 

若 「そうっす。運命の人。結ばれるべくして結ばれるあれっす」

オ 「簡単じゃないの?」

若 「おー、さすが先輩っす。教えて下さい、その秘訣!」

オ 「運命なんやろ?」

若 「そうっす!」

 

オ 「運命なんやから待ってたらええやん!」

 

私このとき、ほんまや!と叫びそうになりましたわ。

運命なんやから、向こうからやってくるはずですわな!

ふと奥の席を見ると、30歳くらいのマダムがうなずいていおりました。

いやあ、真実の前には誰もが友になりえますなあ。

外が気温35度湿度85%でも、真実の前には誰もが跪くのです。

ところが。。。

 

若 「何言ってんスカ?運命は自分で作るもんっすよ!(薄笑)!」

 

私、関係ないのになんかムッとしちゃいました。

別の席のお嬢さん二人が彼をガン見してます。

このどちらかのお嬢さんが「運命の人」ではないことは確定ですな。

オジサンは、アイスコーヒーにシロップを足して一言。

 

オ 「なんか変な本読んだ?」

 

 

若 「俺こう見えても、ミッション系出てんす。叩け、ならば開かれん、っすよ。知らないんスカ?」

オ 「じゃあ、あちこちのドア叩いてこいよ」

 

ごもっともでございますなあ。

しかし、このオジサン。

なんというか、余裕があるというか。

微妙にやさぐれてるというか。。

アパレル(と決めつけてるけど)今厳しそうだもんね。

 

若 「だから聞いてんっすよ、教えて下さいよ。先輩、そう言うの得意じゃないっすか?」

オ 「俺が去年離婚したの知ってて言ってる?」

若 「はい!だからこそ、失敗の経験から教えて下さいよ!」

 

理屈が通っているようないないような。。。

うつ病克服の本出してる鬱病の人の理屈のような。。

黒のロングエプロンが似合ってるお店のお姉さんも、肩が揺れてるじゃありませんか。

静まり返る店内。


そっと流れるイパネマの娘

 

 

オ 「俺も大学はミッション系ね」

若 「へえ、そうなんっすね」

オ 「神は自らを助くる者を助く、やで」

若 「ですから!そのやりかたを!」

 

オジサンタバコ吸いたいんでしょうな。

ジッポーをカチカチさせはじめました。

もちろん店内は禁煙。

外に出て吸うには、灼熱地獄。

オジサンはアイスコーヒーのおかわりを頼みます。

すぐにやってきた先程のウェイトレスさんが微笑みます。

無言で「大変ですね」と言ってるように見えます。

オジサンは、グラスの氷を一つつかみガリガリ食べます。

きっとムカムカしてきてるんでしょうな。。

私もジンジャエールを追加注文します。

お姉さんとアイコンタクト開始。

 

8 (聞いてました?)

姉 (ええ、もちろん。相当イタイですよね)

8 (お姉さんもお仕事とはいえ大変ですなあ)

姉 (いえ仕事ですから、にっこり)

 

と妄想していたら、第2ラウンド開始です。

 

オ 「俺が思うにやけどな」

若 「それを待ってました!」

オ 「運命やったら、神頼みが筋ちゃうの?」

若 (盛大にずっこけながら)「なんでやねーん!」

オ 「せやかて運命なんやろ?」

若 「ほな聞きますけど、その神様はどこに居るんですか?」

 

出雲?お伊勢さん?

近所では生田神社?

 

オ 「俺知っとるで!」


 

若 「知ってんなら、教えてクッサイよー!」

オ 「この店にもいっぱいおるわ」

若 「えー、どこ?どこっすか?」

 

オ 「恋の神様は女の子ちゃうの?」

 

 

名言いただきました。

もちろんオジサンも、決めたった!という顔です。

店内の女性全員が頷いております。

男性は全員物思いにふけっております。

わかります、わかりますとも!

 

しかし、物分りの悪い男性が一人。

 

若 「俺そう言うの嫌なんすよねー!」

 

 

気まずい沈黙の後、二人はお店を出ていきました。

残された人々は、各々の世界に戻ってゆきます。

お姉さんはグラスを洗い、マダムはスマホ

お嬢さん方は雑談。

お店の中は日常を取り戻しました。

 

私はジンジャエールを飲みながら思索を続けておりました。

運命の人とはなんで有りましょうかな。

出会うも運命、別れるも運命。

人間というアミノ酸の構成物が、宇宙の開始から今に至るまでで作られたわけです。

河原の石ころだってずっとそこにいたわけではありませんな。

ある時形成され、何万年もたっておるわけです。

へたすりゃ、何億年前かにできておるわけです。

芥川龍之介が小説「舞踏会」でシニカルに書いておりますね。

 

www.aozora.gr.jp

 

「我々の人生のような花火」

 

まあ、誰もの人生が花火のように一瞬でもきらめくわけでもなく。。

しかし、花火のあの美しさが化学反応によるものだと考えれば。。

それは運命ではなく、法則となりえますなあ。

でも法則ってのは変えられませんから、やはり運命といえば運命。

そう考えついて妙に納得し、私はわたしの運命に向かうことにしたのでありますね。

私の運命とはなんでしょう。

英語でいうとNature Calling 。

つまり、おしっこでございます。。

 

しかし、先人が入っておられます。

なかなか出てきません。。

私は勘定を済ませ、仕事場に小走りで向かいます。

いえ、あまり急いでは危なそうです。

どうも水分取りすぎたようです。

なのに、汗が吹き出し喉が渇く。

膀胱にいっぱい水分溜まっとるのに、なにこの地雷プレイ?

 

 

ああ、これも運命ね!

 

(受け入れろ!それがお前の定めだ!そう、そうよ!でクリックも運命!)