CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

なぜ、蛇を人は望むのか?

誰でも歳を取ります。 私もね、いい歳なんですよ。 もうね、この年齢になってくると なんと言うか、 残り弾が少なくなって来るのを 強く感じるわけです。 へえ。 だからなんだってんだい? 「物わかりがいいなら、バイクなんか乗ってねーよ!」 なわけであり…

もう春だ!特訓特訓!前編 青さんのオートバイへの道

日差しはありますけど、 実際は寒いですよねえ。。 でも青さんは。。 chuff.hatenablog.com 果敢に、市街地特訓に出たようですね。 ではさっそく。

僕は古い車に乗っていて その27 日々の運転は運試し

交通事故にあわれたことがありますか? 古い車に乗っていると、 いろんな事態を受け入れことになります。 しかし、決して受け入れてはならないことがあります。 自分の責任の事故はもちろん、 絶対ダメなこと、 それは、もらい事故。 例えば、前回のこの車 c…

ランタンフェスティバル 青さんの長崎からのお知らせ

オートバイにドハマリしている青さんから、 郷土長崎に関してのお知らせが届いております。 青さんをご存じない方、こちらへ。 chuff.hatenablog.com ランタンフェスティバルへの、 マニアックなお誘いってことです。 ではさっそく。

神戸元町物語 こんなのあったっけ? OIL & VINEGAR神戸店

「こんなのあったっけ?」 「えー、これは知らなかったなあ」 武蔵のトンカツを食べた後、 少し元町商店街をブラブラしていたんです。 chuff.hatenablog.com アンジェリーナが知らないとなると、 これは入っておくべきでしょうね。

スモーキングブギ!

今や世間最大の嫌われ者、喫煙。 そのベクトルは、皇后美智子様の好かれ方と、 同じくらいの強さで嫌われていますね。 ハハ、まあそうですよね。 分からなくもないですよ。 気は使いますけど、気にはしません。 でもね、 若さは無敵です。 タバコを吸い始め…

何のために生きている? 

カモメといえば、ジョナサンと答える。 そんな時代がありました。 今読んでも、なかなか新鮮ですよ。 かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫) 作者: リチャードバック,Richard Bach,五木寛之 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫…

ひらり、と飛び越えろ! 天安門事件を見よ!

ある年の暮れ、 私はロンドンのヒースロー空港にいました。 その中の珈琲ショップで、 私は一人の女性に別れを告げていたのです。 目の前にはチャドルを被った老女が、 孫とおぼしき少年と抱き合いながら、 別れを哀しんでいました。 向かいの席のターバンを…

イスラム前のアラブの話。

最近私は憂鬱。 事情はいろいろあるけれど、 まあ、憂鬱なわけよ。 寒いし。 こういう時は、 美しいものを愛でるに限る。 というわけで、 最近ちょっとアラビア語に凝っております。 凝ってるとは言っても、 数冊の本を読んだだけですが、 いやあ、素晴らし…

桜玉吉をご存知か?

一時期熱狂的なファンが付いていましたね。 週刊文春で連載中ですから、実は上手く行ってるのかもしれません。 私、大好きなんですよ。 玉吉さんのこと。 初めて出会ったのは、かれこれ20年前くらいでしょうか。 アスキーの「月刊コミックビーム」で、 「慢…

「ほぼ日」公認珈琲師範のヤマダさん その9 ブラジル樹上完熟豆はすごいですよ!

年が明けて、ヤマダセンセーとは、 ずいぶんご無沙汰しておりました。 前回のこちらは、 chuff.hatenablog.com 昨年の話でございます。 それで久しぶりに連絡を取り、 最近の豆についてお聞きしたんです。 三種類推薦され、そのまま購入しました。 マンデリ…

僅差の男 落馬!

以前お話した、キモイ中年男の話しを ご記憶でしょうか? こちらです。 chuff.hatenablog.com まあ、予想通りと言うか。。 皆さまもご想像どおりの展開になったようです。

バイクでチョコに近づく 青さんのオートバイへの旅

明日ははバレンタイン。 さまざまなドラマが、喜劇が、 そして悲劇が起こるのでしょう。 でもね、ライダーになった青さんは、 chuff.hatenablog.com 切り口が、ちょっと違いますよ。 いやあ、青さんはオートバイに、 すっかり夢中のようです。 チョコまで絡…

毎日が反省! 青さんのオートバイへの道

ほんと、人間真面目が一番です。 青さん見てるとそう思います。 だってね、前回が初ツーリングなわけです。 chuff.hatenablog.com この寒さをものともせず、 すでに、運転技術の一人反省会モードです。 素晴らしい! では、青さんの反省と目標を。

エルダーフラワーって知ってます?

エルダーフラワーって知ってます? これね、とんでもなく美味しいですよ。 おまけに、体にもいいようで、 私ドはまりしています。 多分見たことあると思いますよ。 意外な感じですけど。これです。 ハーブの一種です。 イギリスでは、生姜湯くらいメジャーな…

心理学をやろうと思うなら数学です。

私は純粋な精神分析主義者ではありません。 カウンセリング、心理療法、セラピー、 まあ好きに呼ばれていいと思います。 そういうことを、生業としているだけです。 ただ、思考体型としての「精神分析学」を 理解できないという人は、 心理学なるものを、 や…

神戸元町物語 無敵のウィリアム 喫茶マルオー

元町駅西口から、南京町に向かう道沿いにあります。 いつからやってんでしょう。 多分戦後すぐくらいでしょうね。 こちらには、看板商品があります。 それがこちら、 多分ウィリアムテルからの命名なんだと思うのですが、 では入ってみましょう。

走り切りました! 青さんのオートバイへの道

寒いなんて気のせいなんです。 アドレナリンがあれば、そんなことは屁みたいなもんです。 そう思いませんか! だって、青さんは気にしていないのです。 chuff.hatenablog.com 真冬の初ツーリング。 エンジンが止まったって、 気にしてはいけないのです。 そ…

マジで走ったようです! 青さんのオートバイへの道

こちら、冬の傾いた陽に 淡く紫に輝く「轟天号」です。 青さん、本当に行ったようです。 chuff.hatenablog.com いやあ、あの寒風の中行かれるとは、 さすがのものでございます。 早速レポートが届いておりますので、 とにもかくにも、読んでみませう。

神戸の和菓子 こりゃ美味い! 四代目松川

JR神戸駅からすぐ、湊川神社の東並びにあります。 うわさには聞いてましたよ、ここの蒸し金鍔。 でもね、金鍔と言えば 私には愛する本高砂屋があるわけです。 chuff.hatenablog.com そうそう、浮気するわけにはいかないのです。 でも、手元にあるなら食べち…

冬の荒野へ 青さんのオートバイへの道

昨日の夜知りました。 走るそうですよ。この寒気の中。 よくやりますよねえ。。 荒野に出るわけですよ。 chuff.hatenablog.com 思い出しますよね、16歳の頃。 しかし、青さんはその倍以上なお年なわけです。 さっき、外に出て、 うわあ、さぶう~ アドレナリ…

「ヤンキー」と橋本治

橋本治が、今や無名に近くなっているようね。 周りの人は、全然知らないようです。 前回のあと、気づきました。 chuff.hatenablog.com トップ画は、昭和43年(1968年)の 東大駒場祭、つまり学園祭のポスター。 橋本治がつくったものであるんですよ。 もちろ…

「ヤンキー」は大阪弁だった。 橋本治を読む。

不細工な人だが、知の巨人である。 その橋本治が「ヤンキーは大阪の表現」 と言い切っているのだ。 橋本氏は、面白い人物だ。 ボディビルをやっていたような気もするし、 浮世絵の研究は実に素晴らしい。 なんとなく勉強していたら、 東大に受かってしまった…

僕は古い車に乗っていて その26 これ?ポルシェだよ

ウインカーが点灯しただけで、 むせび泣いた前回。書き忘れていました。 大事なことを。。 chuff.hatenablog.com それがこちらでございます。

これがアメリカか! あるチョッパー。

カリフォルニアには、こういう人が、 ゴロゴロいると思ってました。 実際はあまりいませんよ、アメリカでも。 どっちかというと、 こんな風情は春先の日本のほうが、 たくさんいます。 アメリカでも、いるとこ行けばいるんでしょうが、 フリーウェイでも、め…

荒野のエレクチオン 青さんのオートバイへの道

無理やりなトップ画でありますね。 青さんは荒野に出たのであります。 この作品の中で、 青年は、最後腐乱死体となるのですが、 イントゥ・ザ・ワイルド [DVD] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2009/02/27 メディア: DVD 購入: 5人 クリック: 105…

神戸の和菓子 よっ、こりゃ粋だね!熊内「つるや」

美味しい和菓子とは何でしょう? んあーに、難しいこと考えずに、神戸ならここですよ! 中央区熊内にある、 京菓子「つるや」さん。 といっても、私も今回初めてだったんですけどね。 いやー、カッコよかったわ! 和菓子ってのは、美味しいを通り越して、 カ…

インフルと風邪は別物よ! 焚き火の男の近況

焚き火の男の記事上がりませんよね。 二日ほど前、久しぶりに彼と話をしました。 死にかけてたんですって! またまた、大げさな。 と笑っていたら、いやマジでした。 自分で救急車呼んで、運ばれたようです。 しかも、かなり危ない状態だったようですよ。 こ…

神戸元町物語 愛すべき変なオヤジ センコー堂

怪しいモトコーの中でも、ひときわ怪しい。 そんな時計店のお話しです。 私、なぜかしらここのオヤジ好きなんですね。 何年も通ってます。 主に、時計の修理と電池交換ですけど。 それが、センコー堂さん。 モトコー三番街に、東から入ってすぐです。 いやー…

許すということは、馬鹿にするってことです。

人間関係は難しい。 そこで大事なのは、常に「許す心」だ。 許すことってのは、実は見下すことだ。 ガンジー、実は全然許してないよね。 だって、オレつえーから、許せるぜって、 絶対許してないですもん。 んなわけねーだろう?とか思いません? いやいや、…