CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

7kgの三脚を担ぐ旅もいいんじゃないかしら?

f:id:gemini-yahata:20191229192518j:plain

 

オートバイってのは、たしかに自由の翼

どこへ行くかは、この機会の正しい乗り方ではないですな。

あれはね、乗りたいからどこかへ行くんです。

よって、旅好きな人が使うツールとしては

問題が多いと思います。

まあ、ワタイも40年くらい乗っておるのザンスけど。

そのワタイが断言していいのはザンスねえ。。

 

あれは危ない!

 

もうね、実に危ない。

安全なわけがない。

だってね、服着てるとは言え

何にも守られてないんですよ。

でもねえ、危険を代償に獲得するものの

その大きさは、リスクを背負う価値があるものです。

 

ワタイは、青さんにオートバイ勧めてないんです。

でもある日、免許とりに行ったんですね。

実に長いのですが、読まれます?

こちらです。

 

chuff.hatenablog.com

 

あー、あれ二年前。

春になれば三年前なんですね。。

 

という青さんの、2019年の暮の心境。

ではさっそく!

 

 


============

 

もともと出不精で、

可能な限り家にいたい私です。

しかし、おバイクを得てからというもの、

文字通り羽を得た如く飛び回っております。

さすがホンダさん、

タンクの羽は伊達ではありません。

 

 

バイクに乗っていれば遠出もしたい。

というのがこれまででしたし、

これからもそうなのでしょうが

近頃少し変化があります。

 


チケット屋のガラスに高速バスや特急の

割引チケットが宣伝されています。

それをなんとなく眺めていたのですが、

長崎から鹿児島か宮崎へ向かう高速バスは、

片道7000円ほどが正規料金です。

 

それが、5500円で売られていました。

往復1万1千円。

これは安い。

 


バイクで鹿児島を目指すとなると、

高速料金だけで6300円。

これに、ガソリン代と

4時間走行分の体力が必要になります。

 

バスだと安い上に寝ていけます。

何なら飲めます。

いや、飲むでしょう。

 

ふーむ。

これはちょっと詳しく調べておきたい。

 

ウコンの力 顆粒 <30回分>

ウコンの力 顆粒 <30回分>

  • 発売日: 2013/10/07
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

ざっと検索したところ、

南国交通が運行する「ランタン号」。

長崎駅鹿児島中央駅

5時間30分ほどで結んでいるようです。

一日二往復ということなので、

それなりに需要があるのでしょう。

 

nangoku-kotsu.com


一便が8時20分に長崎をでて

14時ごろ鹿児島に到着するようです。

二便が15時出発とのことなので、

もしランタン号で鹿児島に行くとすると、

宿泊が無難でしょうな。

 

こういう点でバイクは良いですな。

4時に出発して10時ごろ着き、

城山や天文館あたりを観光して

15時過ぎに帰りだせば

十分日帰りが可能です。

 

うむ、我ながら

無理がある計画ですね。

 

ノックアウト [DVD]

ノックアウト [DVD]

 

 


年に何度か、

朝でて夜帰るツーリングに出かけますが、

あれと鹿児島日帰りは似て非なるものです。

 

できるだけルートが重ならないように、

全部が旅の目的地として設計しているものと、

何しろ到着することが大事な遠征

とでは少し趣が違うのであります。

 


もし、ツーリングで鹿児島を目指すなら

一泊二日です。

一日目は高速で一気に南下、

加治木から大隅半島を突き進んで

佐多岬を目指すでしょう。

 

何かしら写真を撮り、

桜島を目指す…

と見せかけて、

根占からフェリーで薩摩半島へ。

指宿温泉で一泊。

 

 

「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯 (文春文庫)

「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯 (文春文庫)

 

 


翌日は、池田湖から

開聞岳を眺めて薩摩川内、阿久根、長島

と進んでフェリーで天草へ渡り、

島原へ渡って帰る。

 

という感じでしょうか。

実際やったらどれほど長い文章が出来上がるのか

空恐ろしいことでありますが、

そのぐらい遠い鹿児島であります。

 

枕が変わると寝らんないことがあるので、

あまりお泊りは得意じゃない

という事情もあり、これからも日帰りが

中心になるでしょうが、泊りがけだと

遠くを目指せるのは魅力的です。

 

 


九州は広く、

まだまだ行くべき場所は多いのですが、

関門海峡は一度越えておきたいものです。

 

とは言え、しばらくは凍結の心配がある季節です。

桜がほころぶ頃までは、

近場をウロウロすることになると思います。

 

福岡の友人を訪ねるか。

熊本市内を観光するか。

あるいは長崎観光をじっくりやってみるか。

おバイクもさることながら、

 

今の気分は

カメラが優勢な私。

 

バイクじゃなきゃ、

例の測量機器みたいな三脚でも

問題ないんですけどねぇ。

 

積載が厳しいのがねぇ…

ああ、悩ましい。了

 

=============

 

青さんの書いている三脚。

その重さ7キロ。

 

カメラマンのNくんが、

 

「三脚は、重ければ重いほどいいのです」

 

と、罪作りなことを言い

真に受けた青さんが、本当にでかいのを買ったわけです。

Nくんの人となりはこちらで。

 

chuff.hatenablog.com

 

青さんが買った三脚はこちらで。

 

chuff.hatenablog.com

 

こうやって見ると、オートバイって

やはり自由の翼じゃないでしょうかねえ。

 

思考が弾けるというか。

そのための原体験と言うか。

 

まあ、危ないんですけどね。

 

(まあ、時々死にますよ。ワタイはまだ一回もないんですけど。えっ?でクリック!)

 

オートバイ (白水Uブックス (54))

オートバイ (白水Uブックス (54))

 
あの胸にもういちど デジタル・リマスター版(Blu-ray&DVDセット)

あの胸にもういちど デジタル・リマスター版(Blu-ray&DVDセット)

  • 出版社/メーカー: 復刻シネマライブラリー
  • 発売日: 2019/03/15
  • メディア: Blu-ray
 
あの胸にもういちど [DVD]

あの胸にもういちど [DVD]

  • 出版社/メーカー: デックスエンタテインメント
  • 発売日: 2005/05/11
  • メディア: DVD