CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ラブホと車社会の関係 なんでこんなにアクセスが!

f:id:gemini-yahata:20190531132218j:plain

前回、江戸シティーから始まった

ラブホとそば屋の関係を考察しました。

 

chuff.hatenablog.com

 

なんか、意外なほどみなさんご興味あるようで。。

まあ、そうかもしれませんなあ。

どう考えても、皆さん目にしておりますものねえ。

あの建築物に興味がわかないわけがないですな。

今回はそんな江戸シティーを離れ、

全国規模へと展開したラブホブームを

モーターリゼーションから考えます。

 

 

連れ込み宿、など言われていた時代。

これは鉄道中心の移動ゆえ、その近所なわけです。

木賃宿等言われておったのですが、

一般人が入るには「モーテル」の時代が必要だったのですね。

 

わかります?

 

「モーテル」

 

車での移動が激しいアメリカには、

車で乗り付ける便利なホテルがあります。

これが普通のモーテルだったのですけれど。

日本では、車で行くセックス用ホテルとして

モーテルが普及します。

第一号は石川県の加賀市だそうですなあ。

あのへん、実に胡散臭い土地ですからなあ。

 

では資料を見てみましょう。

 

天下のトヨタ自動車さんの資料

www.toyota.co.jp

 

ではこうなっておりますね。

 

f:id:gemini-yahata:20190531132938g:plain

 

1965年頃からの伸びがすごい。

いわゆる高度経済成長ですわね。

 

一方ラブホの数を見てみましょう。

これね、結構探したんですけど

ないんですわ。。

というのもね、法律とのいたちごっこ

正確な数が取れないようですなあ。

ですので、ワタイの個人的記憶という

曖昧なものになるのはご容赦。

 

都市部の繁華街近くのラブホは、

酔客と女性の絡みが妥当でしょうなあ。

ラブホやモーテルが俄然盛り上がってきたのは

有名な目黒エンペラーの開業以降ザンスかねえ。

諸説あるザンスよねえ。

 

別れのサンバ

別れのサンバ

 

 

でもワタイは、車社会とラブホの一般化には

深い関係性を感じるザンスよ。

車が一般に普及するにつけ、

ドライブとか行くザンスね。

でもね、今とはぜんぜん違うわけ。

 

バイパスないし、高速ないし。

道の駅ないし、コンビニもない。

 

想像できます?

そういう田舎道を延々と走るのが

ドライブ!

しかも道も悪かったですからねえ。

それまで、大八車が通っていたんザンスよ。

しゃれじゃなく。

こういうのね。

 

f:id:gemini-yahata:20190531140141j:plain

 

となればですよ。

ドライブってのは、どっか人目につかない場所に

車で行くってことですね。

よって、男性は血眼になって車を買い、

女性は車で男性を値踏みするわけです。

 

そんな中で起きた有名な事件がこれでしょう。

ja.wikipedia.org

 

彼の愛車がこちら。コスモスポーツ

 

f:id:gemini-yahata:20190531154945j:plain

 

当時からしたら宇宙船でしょうねえ。

そりゃ、女の子も引っかかるわ。。

 

引っかかってどこに行くかとなれば、

まあモーテルなわけです。

 

悲しいかな、日本のモーターリゼーションは

その裏にエロがないと盛り上がらなかったんでしょう。

運転する楽しさより、その影にある欲望。

でね、女性もそれを全く知らなかったわけはないんですね。

そこで、露骨にセックスするばしょではない

もうちょっと言い訳のできる好奇心のうずくものを

求めたはずなんですね。

 

例えば、回転ベッド。

皆さん今や絶滅したはずの

回転ベッドご存知ザンス?

 

f:id:gemini-yahata:20190531155635j:plain

 

くるくる回るベッド。

何が楽しかったんザンスかねえ。。

 

しかし、当時はベッドさえ憧れの世界。

それが回転するとなれば、もう未知の世界!

もうそれは、エルドラドでございましょうねえ。。

 

だから何?

 

などというのは、実に時代考証の抜けた

間抜けな感覚です。

そうです、当時の日本はそれさえ夢と感じる世界です。

なにしろ、大阪万博で初めて外人見て

キャーキャー言っとった訳でござんすからねえ。

 

f:id:gemini-yahata:20190531160012j:plain

 

今でいうとこのコミケが、半年続いている状態。

もう狂乱でございますわねえ。

この非現実なイベントが、目黒エンペラーにつながったと

ワタイは読んでおるのでございますねえ。

 

EXPO'70 驚愕! 大阪万国博覧会のすべて

EXPO'70 驚愕! 大阪万国博覧会のすべて

 

 

家に帰ればシシャモを七輪で焼いて食ってるのに、

月の石とかで宇宙を夢見るわけだったのですねえ。

 

ここで、日本人は戦争以来初のトリップをしたわけで。

それを日常の世界で作ったらこうなったというのが

ラブホテルの建築ではなかったかと。

 

つまりパビリオン!

 

f:id:gemini-yahata:20190531160521p:plain

 

言われてみれば、たしかにパビリオン。

しかし東京はやはり土地がないんですね。

なので地方に行くと、なかなか盛大な敷地で

パビリオンができるわけです。

 

f:id:gemini-yahata:20190531160723j:plain

 

この弾け方。

ここでなにも特別なことするわけでもないのに、

この振り切れ方。。

 

そりゃ、言い訳できますわねー。

 

「ちょっと見てみたい」

 

まあ、そりゃそうでしょうなあ。。

ほかにもいろいろあったザンスよ。

こんなのとか。

 

f:id:gemini-yahata:20190531161104j:plain
f:id:gemini-yahata:20190531161111j:plain

 

室内でっせ。。

 

宇宙時代のこんなのとか。

 

f:id:gemini-yahata:20190531161150j:plain

 

もう、気分はラスベガス!

のこんなのとか。

 

f:id:gemini-yahata:20190531161221j:plain

 

なぜそこまで?

と思うやもしれませんが、

そこまでする必要があったんでしょうなあ。

その口火を切ったのが、モーターリゼーションの到来。

この雰囲気は、実はバブル以降消えてゆくんですね。

 

言い訳はもっと別の方向に。

いわゆるシティーホテルが台頭してくるわけザンスね。

 

まだまだ続きます。。

chuff.hatenablog.com

 

(一体何を求めていたのか?非現実をお手軽に!ってことだと思うのでクリック!)

 

愛の空間 (角川選書)

愛の空間 (角川選書)

 
Satellite of LOVE―ラブホテル・消えゆく愛の空間学 (ストリートデザインファイル)

Satellite of LOVE―ラブホテル・消えゆく愛の空間学 (ストリートデザインファイル)