CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

確率論を語る禁断の酒場。

f:id:gemini-yahata:20181228165424j:plain

先日、Sさんと鰻を食べたわけで。

もう、これドジョウかって勢いで

どんどん鰻食べたわけです。

 

chuff.hatenablog.com

 

で、このSさん。

大学で素粒子とかやってたわけです。

で、物理の人にお酒が入ると

こう言う会話してますよ、って

異次元世界のお話し。

 

 

まずね、このSさん。

目つきがおかしい。

 

凄く簡単に言うと

 

 

死んだサバのような

つぶらな瞳。

 

 

彼と鰻屋のあと、北野のバーへ。

ここ、アンド―建築らしいですよ。

tabelog.com

 

ふーん。

 

私はタンカレー10を頼みました。

彼は、なんだっけかなあ

クルミかなんかのお酒飲んでました。

 

「俺、トータルで1億くらい飲んでます。ってことは1億をトイレに流したわけです。上から出すか、下から出すかはともかくとして!」

 

と、死んだサバのようなつぶらな瞳で言うんです。

なかなかキテマスネw。

 

伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶

伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶

 

 

 

でね、その彼が言うにはです。

コインを投げて、表が出る確率は

実は50%じゃないらしいんですね。

じゃあ、どれくらいかというと

計算上は63%。

 

「へえー」

 

さあ、ここから高等数学と

論理学の世界に突入です。

 

論理学

論理学

 

 

普通の感覚では、表か裏かだから

確率は半々の50%と思うでしょ?

でも、実際にはそれは違うんですねえ。

 

なぜかという理由を、

すっごい簡単に言います。

「表」が「裏」より先に表現される

われわれの現実世界は「表」の

その優位性のある世界なわけです。

 

 

さあ、もうついて

こられなく

なってません?

 

 

「裏か表か」という表現になる世界では

やはり裏が63%になるんですけど、

通常は、意図的に言い換えただけです。

言い換えたとしても、

それはトリックですから、

論理上は「表」が63%なんですね。

トリックが必要な状態は、

前提の「表」優位を認識しておりますからね。

つまり50%の世界は、実に成立し辛いわけです。

 

スミルノフ高等数学教程 1―I巻[第一分冊]―

スミルノフ高等数学教程 1―I巻[第一分冊]―

 

 

わかります?

 

思いこみは無意味です。

しかし、思い込みを中心としたものでも

その論理的破綻がなければ

空間認識そのものが変容して

現実と化す確率は上がるわけですね。

でもそれは、あくまで

確率上の話ですけどね。

 

 

いいですねえ。

この歳末感を無視した

この分からなさ加減!

 

勝手にしやがれ [DVD]

勝手にしやがれ [DVD]

 

 「ということはだよ、あの高名なM妃。名前は伏すけどもだ。妃がAナルFァックを『菊門の儀』として行ったという可能性はあるわけだな?」

 

「いやいやいや!それはないでしょうw?」

 

「やんごとなきお方だから、我々の知っているAFではなくだ。神事としてあるやもしれん。その概念を我々が理解できないだけかもしれんぞ」

 

「いやいやいや、それはないですよ」

 

これを大真面目に始めたのだ。

この空間で。

 

f:id:gemini-yahata:20181228165424j:plain

 

まさに酒場だ!

 

「あら?君はさっきまでの論理的世界観を放棄したのかね?」

8マンさんのそれは、現実を歪めてます!」

「その現実上のこととしてはだ、我々の認識には限界がある。その現実外を考えるのは認識の限界とする。しかし、その限界は個人の環境によって変数化する。その想定はあり得ると仮定できないかね?」

「その仮定を協議するには、数学的には定理が薄い』という状態ですね」

「しかし、私がそれを認識した以上、確率上は存在しえるのだろう?」

「感情を排して、論理的にはそうです」

「でも計算できないのだね?」

 

「やりましょうか💢?」

 

まさかに禁断の世界。

もしかしたら、今日本の

最高のカリスマ。

そのAF確率がここに、

今示されようとしているわけだ!

この神戸北野という

生田神社のそばの

神武の東征ゆかりの地にて!

 

 

数学とは、斯くも

神秘に包まれて

おるのだな!

 

 

 

 

 「ちょっと待ってくださいね」

「我々はいまだ誰もなしえなかった、世界の鍵を開けようとしておるのだ!」

 

私は、タバコを深く吸い込み、

人類の進歩について

しばらく連想をしようとしていた時。

 

「できました」

 

「えっ、もう?」

 

x = log(O/M) = log(11/7)
φ(x) = 1/√(2π) * ∮[-無限->log(x)] e^(-t^2/2)) dt
= 1/√(2π) * √(π/2) * { (erf( x/√2 ) + 1 }
= 1/√(2π) * 1.69 = 0.67421

 

「67%ですね!」

「おお、かなりの確率!」

「あくまで8マンさんの仮説を定義とした場合ですけどね」

「wwwwwwwwwwww」

「意外と高いwwwwwwwwwwww」

 

幅の広いオーク材のカウンター。

レザーのシートに腰を掛け、

静かに酒を飲みつつ。

腹の中に、たらふく鰻を詰め込んだ

中年の男が二人。

 

67%でキャッキャ

言ってるわけで。

 

この後、もう一軒の店に行き。

永遠の名を与えてよい言葉を

彼は発するのだけれど。

 

まあ、それは来年にしましょうか。

いやー、今年はいろいろあったなー。

あと一日、みなさんがんばりわっしょい!

 

(ギリギリのとこ行ったかも。そうか、67%かあ。。でどうですクリック!)

 

生田神社

生田神社

 
日本の神社全国版 (63) 2015年 4/28 号 [雑誌]

日本の神社全国版 (63) 2015年 4/28 号 [雑誌]