CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ある日の青さんとのやり取り 久しぶりの「大人の部屋」かも

f:id:gemini-yahata:20190208161114p:plain



あれはいつ頃だったでしょうか。

何かの都合で、青さんにシモネタを

振ったんですね。

 

青さん悶絶したものの

そこはいつも真剣な青さんですから

ちゃんと書いてくれたんです。

 

まさか、「シモネタ」から

下仁田ネギ」の写真ですか?

 

そうですよ。

美味しい季節でしょ?

オヤジギャグは、スキあらば

出るものです。

 

ではさっそく!

 

 

==========

 

どうも。

好奇心優先主義、青です。


申し訳ありません。

恥ずかしい気持ちを抑えつつ、

赤裸々に経験を

書きつけようと

思っておりましたが、

酒が過ぎました。

 

 

ブラインドタッチすら、

若干怪しい感じであります。

本来なら、

これをおして書くべきでありましょうが、

よせば良いのに定期的に

幼馴染が閲覧している事を

確認済みでありますから、

文章のモザイクを考慮しないと

人畜無害の仮面を

引っ剥がされるおそれがありまして、

そのあたりは察して

いただきたいのであります。

 

ともあれ、このお題に関しては

明日以降、かならず書きますので、

乞うご期待、と言ったところで、

今日のところはご勘弁(児玉清ふう)

で平に伏す仕儀であります。

 

でもなぁ…精一杯背伸びしても、

パンツを脱いだ風俗経験も

ないしなぁ…

風俗話ができないと言うのもなぁ…

まぁ、どうにか茶を濁すぐらいの

事はできると思いますので、

また、明日、と言う事で。了


 

これに対して私はこう返事しました。

 

 なにもそこまでしなくとも(笑)

 

 

{実に無責任です}

 

仕切り直します。

どうも。

回顧、青です。


さて、カナディアンクラブで

やられてしまいまして、

日を改める事になりました

エロッシングトークでありますが、

回顧の形をとろうと思うのであります。

 

 

 

 温故知新。

過去を見つめることなくして、

未来への展開はないのでありまして、

回顧は良い手段であると確信いたします。

 

さて、初体験の出来事を

赤裸々に語ってもいいのですが、

初めてが年上の経験豊富な

お姐さんだったので、

特に問題なくスムーズだったのであります。

 

つまりまぁ、これ、

と言うようなネタがないんですな。

さぁ、どういうのが面白ネタだろう。

 

色々と思い起こしてみましたが、

一つ、私の性的な傾向が

見えてまいりました。

 

よろしければご参照ください。

chuff.hatenablog.com

 

もしくは、このシリーズ。

青さんの「大人の部屋」 嵐の夜に その1 - CHUFF!! チャフで行こうよ。

嵐の夜に の検索結果 - CHUFF!! チャフで行こうよ。

 

これですが、

まぁ、露出癖くせぇところが

あるような気がいたします。

ただ、見られる快感を追求するため、

というよりは、

自然との一体感からのトランス、

というのでありましょうか、

野生が揺り起こされる

感覚でしょうな。

 

 

GO WILD 野生の体を取り戻せ!  科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

 

 

荒天で人通りのない道を

歩いているとき、

バーベキューで山中での小用のとき、

新月の晩の人気のない通り。

 

フッと性欲が頭を

もたげるのでありますな。

 

私の場合、好奇心と法が

衝突した時には、

ほぼ確実に法が優先されます。

 

露出趣味と言うよりも、

野外好きなんですね、きっと。

 

自慰遍歴を紐解いていけば、

野外シリーズはかなりの数があるわけでありますが、

当然のように相手がいても野外志向は強いのであります。

意外や意外、野外は夏より

冬のほうがステキです。

 

 気温などよりも、

虫のほうがはるかに厄介な問題なのであります。

 また、金がないから外、などとは、

口が裂けても言わない美学に生きる私としては、

どうやって野外での行為へ展開させていくかが

問題なのであります。

 

 何度か素晴らしい野外展開がありましたが、

その行為へ向かう道すがらのおかげで、

交渉力が飛躍的に上昇したのは間違いないでしょう。

性風俗へ行った事がないので、

そういう関係の話がまったくできない

と言うのは致命傷でありましょうが、

面識のない女性の前で

パンツが脱げないんですな。

 

 おかしな性癖があるものの、

そういう方面で初心といいましょうか、

どうもいけません。

いま、一番興味があるのは

「ストリップ」であり、「ランパブ」であります。

 

しかも、ランパブに関しては、

お触り有りでも触れないと思いますし、

 

触ったら間違いなく

赤面してしまう事でありましょう。

 

口説き倒し、そこそこのお付き合いも

してきましたが、お金絡みと言う事が

頭から離れず、この人は仕事で

私と何かをしていると思うと、

どうもそれだけで覚めてしまうんでしょうな。

 

熱さまひんやり やわらかアイス枕 1個

熱さまひんやり やわらかアイス枕 1個

 

 

精神を最重要視するシステム、

と言いますか、完全和姦主義であります。


十全の需要と供給のバランスなくして、

理想の快楽など求め得ないのであります。

しかし、ちょっと強引なほうがステキ、

という女子もまた存在するわけで、

優しいだけでは物足りない

と言う話もわからんことはないのです。

 

しかし・・・出来ぬことは

不自然になりますからなぁ。

特に色事に関しては、

積み重なったもの以外は

役に立たないと思うわけであります。

 

理想論、と言われれば

それまででありますが、

性交渉は肉体的快楽のみを

求めて行われるものではないのもまた、事実。

 

肉体を接続して快楽のやり取りをしている時に、

心の交流は言葉を超えるのではないでしょうか。

 

息遣い、

水音、

体温。

 

 目で見、

鼻で嗅ぎ、

口で味わい、

耳で聞き、

触れて感じる。

 

百万言の言葉に匹敵しうると

思うのであります。

 

習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法

習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法

 

 

ただ、のんべんだらりと挿入し、

緩慢に動いて出すだけのもの

ではないはずであります。

 

もっと強烈な快楽を、と思えば、

抱きしめて胴体を半分から

締め千切るほどの情感は

必須だと思うのであります。

 

 正直な話、ここに拘らなければ

幾度も機会はありました。

 

ホテルの入り口で、

交渉を拒否した実績は

伊達ではないのであります。

 

せっかくの交渉ごとは、

できる限り理想に近い形で

行われなければつまらないと思いますし、

一夜限りの関係ならば、

自宅で右手を使っていたほうが

はるかに気が楽です。

 

 寂しさを紛らわすために、

と言う感覚は理解できますが、

快楽目的で、と言う事への共感は

失せてしまいました。

 

性交渉がしたい、と言う感情は、

後腐れなく遊べる「オサセ」との出会いを

期待しての言葉ではなく、

人間が到達できうる限界までの道のりを

共に歩く人との出会いを

期待しての言葉であります。

 

ある友人は、こういうことを言う私を評して

「女性的」といいましたが、

遠くはないが近くもない意見だと思います。


女性ほど強く、逞しい生き物のように

考え行動する事は、

男の身では不可能であります。

 

一夜の縁を重視する思想を

誹謗する意図はないのです。

 

私はこう考える、

と言う意見主張であります。

猥談を書くはずが、

なんだか微妙な展開でありますな。

 

 

うーむ。経験不足の私にとって、

匂い立つような猥談は

少々荷が重かったようであります。

 

拘りが強すぎて、

拘束着を着て生きているような状況もまた、

愉しからずや、であります。

時に開放される、

針の穴を通すようなフェティシズムこそ、

快楽の真髄であろうと開き直りつつ、

今日はここまで。了

 

=========

 

ここではっきりさせておきましょう。

私、この青さんのスタンスはカッコいいと思います。

 

妥協などというものを捨て払い、

理不尽な欲求に対して、徒手空拳で対処する。

 

うん!サイコーです!

青さん、カッコいいー!

 

(そう思った人も少なからずいると思うザンスね。これは相当クールザンスよ!でクリック!)

 

男の作法

男の作法

 
男の作法(新潮文庫)

男の作法(新潮文庫)

 
男の作法 (ゴマブックス)

男の作法 (ゴマブックス)