CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

今更バトンなんですの。

f:id:gemini-yahata:20200711165750j:plain
ムカーし、流行りましたな。

バトンってやつ。

そいつが流れてきましたの。

日本中のお父さんの羨望を集めるこの方から。

 

 

www.waypoints.blue

 

しかも、ワタイの影が見える記事希望と。

いいザンスよ、承知。

我が母と中沢さんの話を書くザンスね。

ブルーハワイザンスよ。

なに言ってるのかわからないざんしょね?

 

皆さんご存知のブルーハワイ。

あれを作った人が母の友人で

ワタイの母が、

世界で最初にブルーハワイを飲んだ人なんザンス。

 

 

ここでもう一度、バトンを投げてきた
 たまパパ (id:tmja) さんのことを軽くご紹介しましょう。

 

なんか、世界のお父さんの理想形みたいな人ザンスな。

出自良く、教育よく、稼ぎよく、子煩悩。。

ほんまに、こんな人おるんかい?

という方でございます。

 

で、一応マナーとしてバトンの形式を。

 

f:id:gemini-yahata:20200714203737p:plain

 

当ブログは、何人かで書いております。

今のレギュラーは長崎の青さんと私。

まあ、責任は私が取ります。

この写真はネットの拾い物ザンスけど、

あまりにもワタイの若い頃に似てるので採用。

 

で、最初の記事?
chuff.hatenablog.com

 

オススメの記事?

やっぱこれザンスかね。。

 

chuff.hatenablog.com

 

 

まあ常々ふざけておるのですが。。

でね、マトモな方からバトン貰うと

適当にシモネタかいて終わりとはいかんじゃないですか?

 

そこで、ブルーハワイです。

 

 

ブルー・ハワイ [DVD]

ブルー・ハワイ [DVD]

  • 発売日: 2010/05/28
  • メディア: DVD
 

 

で今回調べてみたのですが、ネットにはありませんなあ。

ですので、これを読まれた方は歴史の裏を知ることになるザンスな。

 

私の母は、戦前にテーラーの祖父を亡くしておりまして。

祖母はかなりハチャメチャな人であったこともあり、

中卒後町の工場に働きに出るのです。

時は戦後まもなく、いろいろあったのでしょうな。

すぐに仕事を辞め、夜の街で生きていったのですね。

 

で、その時の同僚が中沢さん。

バーテンですな。

私もこの方からお年玉をもらった記憶があります。

20年くらい前までは現役でバーをされておりました。

 

でこの中沢さんと母は、闇タバコの売人から

洋モクをかすめ取り、別の売人に売ると言う小遣い稼ぎ。

泥棒と言えばそうなんザンスけど、当時はそれが当たり前。

もともと御禁制の闇タバコですので、誤差なわけですな。

まあ、戦後の日本の実に陽気なだまし合い。

映像の世紀では出てこない、戦後の一幕です。

 

 

そういう混とんとした時代に、

中沢さんはカクテルコンテストに出ることになります。

で、この人が作ったカクテルがブルーハワイ。

 

f:id:gemini-yahata:20200714132616j:plain

そして、その試作品を初めて飲んだのが母となるわけです。

 

ですので、世界初!

 

これでアメリカのカクテルコンテストに出場。

当時は勝ち抜き戦。

あと一回で決勝戦に出られる!

その時出会った相手が

 

あの、マルガリータ

 

f:id:gemini-yahata:20200714132628j:plain

 

「8マンちゃん、こっちはさ、憧れのハワイ航路なわけよ。向こうは死んだ恋人の名前ってんだから、カッコいいわな。そりゃ負けるさ。まあ、俺のは貧乏くせえカクテルなんだな、ってその時は納得したもんだよ」

 

中沢さんのお店で、ブルーハワイをいただきながら聞いたのですね。

 

その中沢さんも鬼籍にはいられました。

今でもそのクールな雰囲気を思い出すのです。

バーテンダージャケットを着る前に、

中沢さんはカウンターにたたきつけるのですね。

 

「その日に入った皺ってのはカッコいいもんでさ、そのまえに糊を聞かせてパリッと仕上げてから皺を入れるんだ。フレッド・アステアも、そう言ってたよ」

 

「カクテルは、グラスが汗をかく前に飲み切るもんだよ」

 

「バーで女を口説くなよ。口説いた女を連れてくる場所なんだからさ」

 

中沢さんからはいろいろ教えていただきました。

彼と話をするときの母は美しく、まさに女でした。

二人がどういう関係だったのか、今となっては知る由もありません。

 

「バーで聴いたことは忘れる。それはマナーだよ、坊や」

 

暗く、何もない時代。

そう思っていた戦後の世界。

でも、彼らの話は明るく、アナーキーでハチャメチャで。

まるで上海バンスキングの世界でしたねえ。

 

上海バンスキング

上海バンスキング

  • アーティスト:吉田日出子
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD
 

 

いつの時代にも裏の世界があって、

表の世界とは異なる物語があるわけザンス。

 

これを読んでくれた方が、どこかでブルーハワイを見かけたら。。

そっと思い出してもらえればうれしいザンスね。。

 

さて、バトンザンスけど。。

誰に送りましょうかねえ。。

せっかくだから、海を越えましょうか。

LAで生活しているオレンジさんにお願いしましょう。

 

mata1.hatenablog.com

 

オレンジ (id:mata1)さんは、日本人です。

モノづくりをされておるようですが、フェアレディ240Zにお乗り。。

しかも、カタナの限定車両である1000にもお乗り。。

まあ、いろいろされておる方です。

ブログ上でお知り合いになったのですが、

多分引き受けてもらえるかと。。

 

で、このテンプレはっときますね。

f:id:gemini-yahata:20200714134826j:plain

 

さあ、バトンよ!

海を渡りなさい!

受けてくれると思うから!

 

(さあ、ブルー・ハワイを飲むたびに、この話を語り給え!でクリック!)