CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

残暑の中春の海を見る 青さんの目の前の与謝蕪村

f:id:gemini-yahata:20190905131134j:plain

暑いですな。。

あいも変わらず暑い。

2000年頃までの8月の気温だそうで。

 

しかしですな、思考というのは

そういう季節感をふっとばすのです。

真夏に寒の月を見て、

真冬に陽炎を見るわけです。

 

それくらいできずに、

何が思考ですか!

 

与謝蕪村の表現の中に

春の海の風情を歌った一節があります。

それをですな、青さんは残暑の中で

思い出すわけです。

 

さすが40歳!

そのへんのガキとは、重みが違います。

では、なにを見たのでしょう?

そこんとこ期待しながら

ではさっそく!

 

 

=============

 

 

お題「今日の出来事」

 

また台風が近づくようで、

涼しかった朝夕も

過ごしにくい気温になっております。 

 

今週末は消防団活動。

台風の影響がなければいいのですが、

雨は残りそうで。

 

今年の秋雨はなんだか梅雨っぽくて、

物悲しい気分に浸れるような繊細さに

欠けているのが残念です。 

 

朝夕がめっきり涼しかったとはいえ、

日が照っている日中は

変わらず残暑が厳しかったので、

街を歩く人々の格好は真夏のそれです。 

 

夏の終わりに切ないJ-POP

夏の終わりに切ないJ-POP

 

 

 

先日、果物を売りながら

通りに目をやると、久しぶりに

ドギマギする風景に出会いました。

 

胸部が大変豊かな

女性が歩いていたのです。 

 

 

歩いている女性のパイオツが

大きいぐらいで、動揺するほど

ウブじゃありません。

 

 

なにしろ

四十ですし。

 

chuff.hatenablog.com

 

しかし、、どう書けば伝わるのか

すごく悩ましいのですが、

あまりにオリジナルな揺れ方。。

 

一般に大きい方は

やはり歩いていると揺れる、

というのは

おわかりいただけると思います。 

 

 

揺れるのは

歩行という運動の結果ですから、

上下揺れというのが普通だと思います。

縦揺れ、といってもいいかもしれません。 

 

P波S波観察器 ぴーえすくん

P波S波観察器 ぴーえすくん

 

 

 

さまざまな揺れ。

それらを「じっと見つめる生活」を

しているわけではありませんが、

目には入ります。

 

なのでね、もう慣れました。

数年前は目のやり場に困ったものですが、

肉肉しいホットパンツ姿にも、

最近では動揺しなくなったと思います。 

 

 

ところが、そんな私に衝撃を与えた風景。 

 

 

お盆のような器に、

水をいっぱい入れて

口を閉じたナイロン袋を

載せて動かしたときのような。 

 

 

波打つパイオツ

 

 

というのを私、初めてみました。

 

近代日本津波誌―写真資料

近代日本津波誌―写真資料

 

 

というか、そんなデザインのお洋服は

どちらで販売されているんでしょうか、

という疑問が頭をよぎります。 

 

 

一番似ていると思ったのが、

ハルスのジプシーの女。

気になる方はそのまま

画像検索すると出てきます。 

f:id:gemini-yahata:20190905114851j:plain

これです



 

ガバッと開いた胸元に、

タユンタユンと波打つ胸。

エロいというかなんというか…

 

私、とっさに商品陳列棚の

整理をすべく背を向けました。

そのまま通りを向いていると、

じっと見てしまうと思ったからです。 

 

むしろ好奇心で

観察してしまいそうでした。 

 

 

その女性が、いかにも

思案橋の夜に似合いそうな雰囲気ならまた、

さほど違和感もなかったと思うんですが。。。

 

f:id:gemini-yahata:20190905115304j:plain

夜の丸山、思案橋は凄い

 

そのなんというか胸以外が

ごく普通といいましょうか。

ちょっと薄幸そうな化粧の薄い

眼鏡の女性でした。

それがさらに不思議な印象を

醸し出していたと推測されます。

 

 

顔だけ見ると、声を聞いたことがない系の

事務の女性。

首から下はタユンタユン。 

 

ひねもすのたり、のたりかな…

与謝蕪村から張り倒されそうですが、

とっさに頭に浮かんだのは

寄せては返す波のイメージでした。 

 

春の海

春の海

 

 

 

露出が多い服を着るときには、

化粧を強くしなきゃならん

という法はありません。

しかし、ギャップが大きいと

ドギマギしてしまいますねぇ。 

 

 

ブラジャーも見えなかったような

気がしますから、特殊なブラジャーで

タユンタユンするような設計に

なっているのでしょうな。 

 

 

お一人でさっそうと歩いていかれましたが、

どんなお仕事をなさっている方なんでしょうねぇ… 

 

 

大きいことが正義ではないけれど、

あの見せ方はかなり強いな、と。 

 

 

久しぶりに目のやり場に困る、

果物屋のおじさんでありました。了

 

==============

 

「ひねもす」というのは、一日中という意味です。

つまり終日。

 

www.kangin.or.jp

 

終日、ゆったりと

寄せては返す春の海なのですね。

 

まあ、見ちゃいますわな。。

 

時々思うのですが、

武器というのは扱えてこそですな。

この見られるであろう女性は、

望むと望まざるとに関わらず

使いこなさねばならないわけです。

 

どうぞ、御身の使い良い武器でありますように。

そうでなければ、身を切る道具になってしまいますものね。。

 

私は見ていない、この「春の海」。

いろいろ思うものでありますなあ。。

 

(なるほど。。春の海か。。いろいろ大変でしょうね、でクリック!)