CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

稀代の傑作!ガヤさんのマンデリンでアロマの意味を知る!

f:id:gemini-yahata:20190817225727j:plain

未体験ゾーンに入ってしまった

ブロ友のガヤ (id:mishimasaiko)さんの

奇跡のマンデリン。

chuff.hatenablog.com

 

こんなマンデリン作って、

ガヤさん命縮まないでね。

珈琲の女神に魅入られたら

命吸われるとか、昔から言うざんすしねえ。。

 

さて、このアロマはなんなのか。

ワタイ、再現追試したザンスよ!

 

 

前回はカリタのドリッパー。

三穴の4人用だったザンスな。

 

カリタ コーヒードリッパー プラスチック製 2~4人用 102-D #05001
 

 

今回は、コーノで厳しく行くザンス。

何しろ、追試でガンスからね。

 

使用するのはこちら。

 

コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21

コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21

 

 

では、お豆から行くザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214533j:plain

 

色形は、いつものガヤさんクオリティ。

色味が若干しっとりしておるかな?

ってくらいザンスな。

この時点で豆を直接嗅いでも、

例の香りはしないザンスな。 

 

挽くのは前回と同じカリタ。

カリタ 手挽きコーヒーミル オリジナルミル #42001

カリタ 手挽きコーヒーミル オリジナルミル #42001

 

 ザッセンで行こうかと思ったザンスけど

どうも、粉砕式の方がいい気がしたザンスな。

 

で挽いてみたら、この段階で

すでに鼻腔に駆け上がってくるザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214545j:plain

 

これねえ、ワタイどっかで記憶があるんザンスよ。

この香り。。

昔、香炉に凝ったこと時期がありまして

多少香道を嗜んだことあって

その頃に知ってる匂いじゃないかと。

 

そのレベルで香るんザンスよ。

もちろん、この香りは後付ではないザンス。

ガヤさんがご自分で焙煎されたものザンスからね。

 

多少チャフが混じっておるザンスが

吹き飛ばすザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214549j:plain

 

不思議なことに、この段階では

その香りはしないザンスなあ。

 

ではドリップ開始。

アロマを求めておるのザンスけど

ここは厳しく、少し低温で行くザンスの。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214601j:plain

 

膨らみは強くないザンスな。

香りはしないザンス。。

 

あれえ。。

横ショット。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214553j:plain

 

一旦ポットをおいて、メモを取って

振り返ったら、鼻腔をかすめるあの匂い。

 

なにこれ!

 

もう、若干キモいレベルのオカルトみたい。

 

さあ、珈琲の女神よ!

来るなら来い!

 

f:id:gemini-yahata:20190817225229j:plain

f:id:gemini-yahata:20190817225225j:plain

 

真上にいるとわからないザンスけど、

ちょっと離れたほうが強烈に香るザンスな。

 

その匂い、淫靡とよんでいいような。。

仕上がりの珈琲は、もう真っ赤。

 

美しいザンスねえ。。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214613j:plain

 

これ直接ライトに当ててるザンスから

薄く見えるかもしれないザンスけど、

実は深い赤。

 

カップに入れてみるとこうなるザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190817214619j:plain

 

光から離すと実に黒い。

いいザンスなあ。。

 

では飲むザンスな。

味は軽く、角はない。

やはり、花の香が立ち込める。

喉越しは柔らかく、渋みもない。

 

温度が冷めてくると、その香りは更に増す。

早朝の花の香りであるな。。

沈丁花を、丸くしたような世界。

湯温低下とともに、軽い酸味が出てくる。

常温に近づくにつれて、より強くなる

味のまろやかさ。

 

これぞ傑作!

 

ワタイの珈琲史上で、一番の傑作でしょうな。

ワタイにはこれを斬る資格なんぞ

ありゃしないですわ!

 

嬉しくてね、ガヤさんにメッセしたんですな。

そしたら返事は

 

「焙煎は一期一会ですからなあ」

 

なに、この名人的コメント!

数ヶ月でここまで来るとは。。

ガヤさん、大丈夫?

女神に生気を吸われてない?

 

どれここらで、タバコを一服。

と思って、この前久しぶりに買った

缶入りピースに手を伸ばしたんザンスね。

このホルダーで吸うと激ウマなんザンスよ。

 

柘製作所(tsuge) ツゲ・ロゼットホルダー #50770

柘製作所(tsuge) ツゲ・ロゼットホルダー #50770

 

 

その時、指が鼻先に行ったんザンスね。

指から、じゃ香のような香りがしたんザンスよ。。

 

もうね、腰抜かしそうになったザンス。

これが、本当のアロマの世界。。

珈琲の香ばしい香りだけじゃないザンスな。

時間とともに変化する、

実に妖しい世界ザンスよ。

 

香水などで使われる用語に

トップノート、ミドルノート、ラストノートという

時間経過による香りの変化があるザンス。

それをガヤさんの珈琲にもあるザンスよ。

 

アロマって

こういうことじゃ

ないのかな!

 

なんでも、知ってるつもりになっちゃいけねーなあ。。

ミドルノートのことをハートノートとも言うザンスが。。

まさに、今回のはハートノートザンスなあ。。

珈琲は、もしかしたらアロマを飲むんじゃないかしら。。

 

 次回はグアテマラ

chuff.hatenablog.com

(ガヤさん、この傑作を再現してね!行けば分るさ、修羅の道!でクリック!)