CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

シーサイドドライブその3 助手席の青さん

f:id:gemini-yahata:20180821125458j:plain

誰かのドライブに助手席の青さん。

今年の夏は暑かったですしねえ。

 

chuff.hatenablog.com

 

快適な旅もいいものです。

ところで、どこに寄ることにしたんでしょう?

 

ではさっそく!

 

 ========

 

一応、頭の中に地図はある。

だからバイクでも、

当然たどり着ける。

はず。

 

でも今日は、車もスマホも喋りまくりです。

 

私の道具ではありません。

私のは「P-01F・黒」です。

 

docomo P-01F [ブラック]

docomo P-01F [ブラック]

 

 

 

ずいぶん昔のカーナビなので、

結構知らない道が多い様子。

グーグル先生のナビと比べて

どんなものかと実験をしておりました。

 

「700・メートル・先を・左折・です」

 

とグーグル先生が発表すると、

カーナビも負けじと

 

「400・メートル・先を・左折・です」

 

と応じます。

 古豪と気鋭が角逐する車内。

白熱しているのですが、

 

よく考えるとうるさいだけです。

 

 

新しいトンネルをカーナビが知らず、

迂回するルートを提示。

勝負あり。

勝負の決め手は「情報の更新」でした。

 

バイクだと、水分補給も大変ですが、

自動車の助手席はやりたい放題です。

 

炭酸水をキューッとやって、

カリカリ梅をカリカリ。

お煎餅なんか食べちゃったりして。

 

 

なんだ、この乗り物は。

人間を堕落させるぞ!

 

 

せめてハンドルは握らなきゃ、

手持ち無沙汰でいけません。

景色はいいんですが、

なんとなくぼんやりと流れていきます。

 

 

ナビが指示する道を

走っているはずなんですが、

だんだん細くなってきました。

今目指しているのは本土最西端。

一応観光地?だと思うんですがねぇ。。

 

本土最北端は宗谷岬

名所です。いろいろあるようです。

そのうち行きたいですね。

本土最東端は納沙布岬

やはり北海道ですので、

ツーリングならどちらも

寄る方は多いかもしれませんね。

こちらも色々建ってます。

北も東も北海道らしい、

なんとも素晴らしい道路で

たどり着ける場所です。

 

 

本土最南端は鹿児島県佐多岬

現在、鋭意整備中だそうで、

完成した暁には一度伺いましょう。

九州ツーリングでは大人気の場所ですね。

 

ライダーは端っこが好きだから。

 

じゃあどうだろう。本土最西端は?

まず、たどり着くまでの道は

こんな感じです

 

f:id:gemini-yahata:20180821131832j:plain

f:id:gemini-yahata:20180821131841j:plain

 

生活道路に毛の生えたような道を、

おっかなびっくり進んでいきます。

写真のような道が結構続いた先に現れた、

本土最西端の駐車場がこちら

 

 

f:id:gemini-yahata:20180821131849j:plain

 

宗谷岬納沙布岬佐多岬という、

キラキラした

観光地感あふれる先っぽと比べて、

どうだいこの「神崎鼻」のひなびた感じは。

 

一応整備はしましたよ、

というやっつけ感のある最西端。

駐車場は10台分あったかしら、、

という程度です。トイレは有りました。

 

モニュメントがあるというからには

見に行きましょう。

 

 

f:id:gemini-yahata:20180821131858j:plain

 

なんだろう、多分間違いなく

果てにたどり着いたはずなのに、

このモヤッとした気分は。

県内の移動なので、

達成感がないのが原因でしょうか。

違う気がしますねぇ。。

 

ともあれ、西は制覇しました。

残るは3ヶ所ですね。

 

県民なので自虐的に申し上げますが、

一番盛り下がる角から始められたことは、

きっと良かったのだ、と。

 

モニュメントの撮影を終えて、

海沿いを帰ろうと階段を降りていると、

ひょっとしたら県外から

いらしたのかもしれない若いカップルが、

自撮りなどしておられました。

 

ああいう感じなら、

どこに出かけようと楽しかろう。

 

どこへ。

どうやって。

どちらも大事。

 

でも「誰と」と

 

いうのもやっぱり大事なんだな、と。

なんとなく、レモン味が

口の中に広がったような

錯覚を覚えました。

といったところで本日はここまで。

それでは。

 

=========

 

確かに、「端」って好きですよね。

あれなんででしょう。

言われてみれば、私もその「端」には

いろいろ行きましたねえ。

 

なんでしょうね。

ここから先はない、ってのが

気分を高揚させるんでしょうか。

ドイツ最南端とかって、

きっとあるんでしょうけど。

その先はきっとスイスですから、

なんか違うような。

ということは、海に囲まれていること、

これが大事なのかもしれませんね。

 

(国境超えると、ときどき大変な目に合うんですよ!でも、跨げるとこでクリック!)