CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

アーネスト・サトウを知ってるかい? その6 全てに理由があらねばならない!

f:id:gemini-yahata:20180413154050j:plain

前回、「反復するイメージ」について書きました。

みなさん、ついてこれていますか?

あのあたりが、一つの壁です。

chuff.hatenablog.com

 

このあと、芸術新潮では、

現像の話になってゆくんですが、

富士フィルムさえ、白黒フィルムの製造中止を発表しましたから、

ちょっと無理がある話かもしれませんね。

www.jiji.com

なので、エッセンスをくみ取って、

私なりにまとめてみます。

 

 

芸術新潮 1999年 06月号 [特集 カメラ好き集まれ!]

芸術新潮 1999年 06月号 [特集 カメラ好き集まれ!]

 

この中で、森村泰昌氏がうけた、

写真の基礎の授業での衝撃を読むことができます。

詳細は省きますが、彼の暗室は極めて清潔で、

もう、宇宙船みたいな世界です。

f:id:gemini-yahata:20180415113604j:plain

使うパレットやバットが、

ステンレスのよいものだったりするわけです。

これは、すべてに理由があります。

 

プラスティックや質の悪いものは、

やがて傷がつき、薬品が溜まり、

思わぬ事故につながる。

ゆえに、高価な、よい材料のものを、

できるだけ使うんですね。

つまり、高いからではなくて、理由がある。

 

この考え方は、「モダニズム」と呼ばれるものと、

深い関連があります。

後に、この考え方で、

アーネストは大学ともめ始めるのですが、

それはまた別の機会に。

 

では、今となっては意味がないかもしれない、

フィルムの現像について、

アーネストの考えを書きます。

意外と示唆してくれるものはあると思いますので。

 

その極意は、

 

「ネガは薄く、焼きは硬く」

 

こういうところにこだわるのが、

アーネストらしいと言えます。

f:id:gemini-yahata:20180415113558j:plain

 

というのも、多くの高名な写真家は、

実は現像をしない人も多く、

そもそもできない人だったりもします。

ロバート・メイプルソープもすですし、

 前回取り上げた、ブレッソンもできません。

 

 たしか、ロバート・キャパもできなかった気がします。

 

フォトグラフス―ロバート・キャパ写真集

フォトグラフス―ロバート・キャパ写真集

 

 

焼き付け、現像などは、卑しい仕事で、

専門の職人にさせればいい、と考えるのが普通の世界です。

しかし、アーネストは違います。

その世界にまで切り込み、あえてコントラストの強く出る手法を、

学生に教えるのですね。

 

f:id:gemini-yahata:20180415113608j:plain


まあ、確かに薄いネガです。

これに、きつくコントラストの出る印画紙を使い、

これまた硬い反応のでる薬剤を使います。

 

しかし、これらはアーネストの好みではなく、

理由があってのことだったわけです。

それは「黒をつぶさず、ゆたかに表すため」

のことだったようです。

 

これを今のデジタルで考え直すと、

面白いかもしれません。

撮影後にモニターで加工できるわけですが、

その前に、そこでコントラストを強くすると、

当然色がつぶれます。

そうならないために、あらかじめ硬く準備して、

最終的には、複雑で豊かな操作を、

PCで行うともいえるでしょう。

 

では、それはなんのためでしょう?

そこでここに帰るのです。

chuff.hatenablog.com

「ものそのもの」に迫るためです。

 

表現とは、それを閉じ込めるものです。

そのために、技術を正しく使いなさい、

というのがアーネストの理論だと思います。

 

理由なき「直感」など存在しないのです。

 

直感とは、あとから理由を説明できるものであらねば、

ただの意味のない思い付きでしかありません。

 

当時、写真は消耗品で、

「芸術」としては扱われていなかったのです。

その詳細はここに書いていますので、よろしければ。

chuff.hatenablog.com

 

そんな1970年代に、

アーネストは「表現」としての、「写真」を、

模索していたのでしょう。

 

こういう知識は、今の時代にそぐいません。

しかし、私が思うに、機材とソフトの進化によって、

私たちが、見えなくなってしまったものを、

教えてくれるように感じるのです。

 

理論編はこれくらいにしておきます。

ご興味ある方は、やはりこれを買うべきです。

 

芸術新潮 1999年 06月号 [特集 カメラ好き集まれ!]

芸術新潮 1999年 06月号 [特集 カメラ好き集まれ!]

 

 

次回からは、大学人としてのアーネストの闘いと、

ネットにもあまり出回っていない、

彼の作品を紹介しようと思います。

ですので、続きますよ!

chuff.hatenablog.com

 

(どうです?スマホだろうと一眼だろうと、もう一度考えてみません?でクリック!)

 

ポートレイト 内なる静寂―アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集

ポートレイト 内なる静寂―アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集

 
アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成

アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成