CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

弥生三月望月のころ! その1 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180405175758j:plain

青さんは結局プランが決まらぬまま、

走り出すことにしました。

 

chuff.hatenablog.com

 

まあ、それもバイク乗りらしくて良いですね!

旅の地図は、その時の風によって決まるものです。

 

偶然という魔物がくれる、

言葉をなくすような感動。

さあ、あるんでしょうか。

 

ではさっそく!

 

 

==========

 

f:id:gemini-yahata:20180403164152p:plain

3月も終わり。31日の土曜日であります。 

土曜日はほっといても半ドンの私です。

わかりますか?半ドン

 

最近は、土曜日の半ドンさえ

説明せねばならないそうで。 

昼で帰れる日、

というのが半ドンだと

思っておけば大丈夫です。 


え?そもそも土曜日は休みだろう? 

…なるほど、諸君らはそうか。 


ノン、そうじゃないのです。

昔はね。 

学校だって、昼まであったんだ、

土曜日。

午前中には授業があったんですよ。 


土曜日はね、

お昼で帰れる日だったんですよ。 

でね、その日だけは

おうちでお昼ご飯を食べるでしょう? 

だからね、その日だけは

出前一丁」を食べられる日だったんですよ。 

インスタントラーメンが、

ごちそうだったあの頃… 

いかん!

また長くなる

パターンですね。 


3/31土曜日。 


いくぞ、おい。

平戸か唐津かは決まっていないけど、

とりあえず江上交差点までは

同じ道筋だからね。 

走っているうちに

決まるだろう、たぶん。 

ウインドブレーカーの上に、

メッシュのプロテクトジャケットという、

ここしばらくの定番スタイルに身を包み、

轟天をガレージから引き出しました。

目指すは西海パールライン。 

大串まで事もなく。 

もはや、突発的なクラクションも、

信号停止からのエンストもありません。

そりゃそうです。 

時間にして二ヶ月。距離にして1000㌔ 

流石に慣れた。

いや、そうじゃないな。 

走るたびに、

課題を設定して徹底的に対策した。 

結局、努力にまさる天才なしであります。 

…そうでもないんですよねぇ。

 

やっぱり、天才はいるんですよ。 


天才の怖いところは、

我々が努力だと思っていることを、

面白がって挑みやがるんですよ。 

結果、スタートダッシュの上に

強烈な伸びを見せて、

競う気すら持たせてくれない

次元に行っちまうので… 

 

ちがう、そうじゃないんだ。 


何の話でしたかね。…ああ、そうそう。 

私はようやく、

ライダーの頭につけていた

 

「初心者」の看板

 

をおろしても良い頃合いに

至ったんじゃないでしょうか。 

いや、ちょっとちがうか。

言うなれば、

自主的な路上教習からの卒業であります。

気分的には、

仮免から本免許になったという感じですね。 

ちょっと慣れてきたとは言え、

初心者は初心者。

一年ぐらいは心に若葉マークを

張っておかなければなりません。

油断大敵。 

卒業ということは、

なにしろ旅行に出ねばなりません。 

思い起こせば、、

何年前だ。えーっと。 

20…5年?6年?

そのぐらい前。たぶん。 

中学校の卒業旅行で、

ハウステンボスに行きましたよ。

 

それからこっち、

卒業と聞いたら

必ずどこかしらにでかけたものです。 

だったら行こうじゃないか、

本当の自動二輪免許卒業記念旅行にさ。

 

日帰りだけど。 

行き先は、平戸城唐津城

分岐点は江上交差点。 

何はともあれ大串ICへ。 

事もなく至り、

赤信号が青に変わったところで、

今日はここまで。それではまた。了

 

chuff.hatenablog.com

===========

 

青さん、20キロほど走ったようですね、

この時点で。

 

20キロ。。。

さすがのくどさ!

素晴らしい!

 

初心者の話ですけどね、

私の感覚では、何度か日帰りツーリングの後、

何泊かのロングライドに出て、

何度か大変な目にあって、

泣きそうな体験を克服するまで、

初心者のつもりで

いたほうがいいと思います。

これは、多分青さんも

わかっていることだと思いますが。

 

バイクに乗っていると、

意味もなくひどい目にあったりします。

これ、実際にあうまで

ピンと来ないと思います。

 

それでも乗り続けると、

また別の世界が見えてきますよ。

 

さあ、青さんはどこへ向かうのでしょう?

 

(卒業・・。なんだか、いろいろ遠すぎて。。哀愁でクリック!)

 

卒業写真 [Originally Performed by 荒井由実]

卒業写真 [Originally Performed by 荒井由実]

 
松任谷(荒井) 由実 作品集 Vol.1

松任谷(荒井) 由実 作品集 Vol.1

  • アーティスト: ビクター・ファンタスティック・オーケストラ
  • 出版社/メーカー: invitation
  • 発売日: 2013/07/23
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
卒業写真

卒業写真