CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 元町のサクラ JR高架下近辺

f:id:gemini-yahata:20180405181052j:plain

元町には、けっこう桜の木があります。

花隈城の上なんかは、

広場でお花見もしているほど。

県庁や県警本部周辺にも、

たくさん咲いています。

 

そんなある夜のこと。

ふと空を見上げたら、

桜の枝に、スズメが留っていました。

 

ウグイスってことはないと思いますし、

メジロってこともないでしょう。

 

それで、写真を撮ったわけです。

望月の頃だったと思います。

 

 

JR元町駅の、東口と西口の間。

その浜側に、白木蓮の木があります。

 

木蓮の花は、艶やかで淫靡で、

美しいのはまさに一瞬。

サクラより短いでしょう。

そして、あっという間に、

みすぼらしくなります。

お釈迦さんの弟子の一人に、

モッガラーナという人がいます。

これは古いインドの言葉で、

木蓮のことですね。

 

f:id:gemini-yahata:20180405181110j:plain

映画の「マグノリア」もよかったですしね。

 

 

マグノリアの花たち」は傑作でしたしね。

 

 

西洋でも、ある種の感慨を持つ花かもしれません。

 

個人的な意見ですが、

私は、写真として「余計なもの」

が入っている構図が好きです。

その余計なものが、花をより引き立てる場合、

愛おしささえ感じます。

電線とかね。

 

話がそれました。

 

桜の鳥もそうかもしれません。

ビルや看板だって、そうなのでしょう。

 

 

f:id:gemini-yahata:20180405181059j:plain

 

 

f:id:gemini-yahata:20180405181115j:plain

 

私が思うに、「きれい」ってのは、

「キレイ」でしかないわけです。

それは、決して「美」ではないので、

ハッと立ち止まることもありません。

 

キレイって、その辺に転がってません?

 

キレイって、あっそう?って感じしません?

いくらキレイな音にこだわっても、

美しい音楽とはならないのと同じですね。

音叉で特定周波数でも聞いてればよいのです。

キレイな音聴きたいだけならね。

 

まあ、キレイではない写真ですけど、

これも元町の一つの風景。

 

お昼にも見つけました。

 

f:id:gemini-yahata:20180405181120j:plain

f:id:gemini-yahata:20180405181124j:plain

 

こんなスズメが生きている元町。

私は好きですね。

 

これもまた、元町の姿。

 

(なんだよ、なんだよ、どうしたよ?春が妙に切ないか?変わりゆく多くの世界でクリック!)

 

神戸あるある

神戸あるある

  • 作者: 寺井広樹,ナナシロ,大河原修一
  • 出版社/メーカー: TOブックス
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
いっとかなあかん神戸

いっとかなあかん神戸

 
ひとりで歩く神戸本

ひとりで歩く神戸本