CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

バイエルンのオートバイ

f:id:gemini-yahata:20171108145457p:plain

最近BMWのオートバイが気になって仕方がない。

数年前からおきていた現象ではあったのだけれど、

ある人のサイトを見ていたら、とんでもなく気になり始めた。

そのbm9さんのサイトがこちら。

 

bm9.hatenablog.com

 

私も年を取ったということなのだろうか。

たしかにそうなのだけれども、

それだけでもないように思うのですよ。

 

それはなんだろう。

 

 

BMWがいいという思いは、最近強くなった。

もともと、機械としての完成形ではあるとは思う。

 

パリ・ダカールラリーでGSシリーズなんか見て、

ゲルマンのブチ切れ方に心惹かれる思いはあった。

実車を見ると、とんでもなくデカイけれど。

 

bm9さんのサイトで写真を見ていると、

積極的な購買意欲も出てくる。

でもBMWが好きというよりは、

bm9さんの写真を好きなのかもしれない。

BMWに関して言えば、個人的には、

なんとなく消去法的に生き残った、

と言う印象があるわけです。

生き残ってるからには、魅力的だとも言えるんですが。

 

私、元々は、ちょっとオートバイには、

ぶっ壊れた感覚の持ち主なので、

一時期は4台持っていました。

16歳から乗っているので、いろいろ経験しました。

チューンドのいじり倒したバイクもありましたね。

まあ、限界系の追求してましたねえ。

f:id:gemini-yahata:20171108151932j:plain

コスワースのピストンですわ。。

手の入ってないところって、気に入ってたシートくらいかもしれません。。

手放してかなり経ちますが、数年前に焚き火の男の友人が所有していることが発覚。

嬉しいですねえ。大事にされているようです。

 

リンゴの高橋さんと出会ったきっかけのオートバイは、

chuff.hatenablog.com

モトグッチでしたし、

f:id:gemini-yahata:20171103111046j:plain

静岡のオイル屋さんの山本さんと出会ったのも、

chuff.hatenablog.com

きっかけはこのオートバイでした。

f:id:gemini-yahata:20171108155157j:plain

カワサキが21世紀的クルクルパーを作ってしまったマシン。

2004年型ZX10Rです。

馬力数が、車重数を超えた初市販車でしょう!

私、さらに馬力を30程上げてましたしね!

この頃は、行き着くとこまで行ってしまってましたねえ。

ガレージこんな事になってましたもん。

f:id:gemini-yahata:20171108160014j:plain

手前から、気筒数が2,4,6,ですわ。

ここに、トライアンフの、

ストリートトリプルを足そうとしていた時期があるんです。。

3を足すために。。

f:id:gemini-yahata:20171108164027j:plain

よく思いとどまったと思います。

 

いいですか、みなさん。

これ、お金持ちの贅沢じゃないですよ。

普通の市民でも、

明日のことさえ考えなきゃ、

どうにかなるんです!

 

1970年代から、紆余曲折あっても、

機械と人間は、甘い時間を過ごせたのではないかと思うのです。

もちろん20世紀後半にも、そういう論議はありました。

 

主にマルチエンジンへの軽蔑を含んだものでしたね。

 

でも、そういうレベルではない、

圧倒的な乖離とでも言うべき時代が、十年ほど前に起こった気がします。

文化の衰退なのか、それとも新たな文化の創造なのか、

はたまたその移行期なのか。

 

クソッタレなエコの時代到来です!

 

文化ってのは、そもそも無駄なもんなんです。

無駄なことを楽しむためのもので、生存がかかっている世界にはないんですよ。

そういう世界は、音楽を聴くより狩りに出なきゃいけないわけですしね!

エコを言うなら、全車ミッションに変えればよろしい。

オートマティックなど無駄の象徴ですね。

ハイテクでそれを超える技術があるのも知ってますよ。

でもね、そこに使うハイテクが、どれだけコストかかってるかご存知ですか?

エコやるなら、実用車でやればよいのです。

 

でもね、それをやるのは嫌だというわけです。

エコでハイパフォーマンスって、おかしいわけです。

特化すればよろしいのです。

 

で特化してゆくと、日本は負けるでしょうね。

ホンダはカブを超えられず、

ヤマハはピアノを超えられない訳です。

スズキは何を超えられないのかさえわかりません。

カワサキは、理性が入れば木偶の坊です。

 

 

などと考えていると、

俄然BMWが魅力的になってくると。。

屁理屈のような気もしてきましたけど、

間違ってないような気もしてくるわけです。

 

欲しくなってんでしょうね、BMWを。

 

希望車種はR9Tでしょうね!

f:id:gemini-yahata:20171108162327j:plain

053.BMW R9Tと48番倉庫 - 銀次郎1号2号3号

 

いやあ、危険だわ。この人。

写真巧すぎて、欲望の炎にチャッカマンです。

できれば身近な人、買って乗ってきて下さい。

 

(そんなんで買う人おらんやろ。いや、決めてかかったらあかんやろ、何事もクリックやで!)

 

タミヤ 1/6 オートバイシリーズ No.5 BMW R75/5 プラモデル 16005

タミヤ 1/6 オートバイシリーズ No.5 BMW R75/5 プラモデル 16005

 
タミヤ 1/6 オートバイ No.6 1/6 BMW R75/5 ポリスタイプ 16006

タミヤ 1/6 オートバイ No.6 1/6 BMW R75/5 ポリスタイプ 16006