CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

キルフェボンのリンゴは高橋さん作

f:id:gemini-yahata:20171102221135j:plain

キルフェボンは有名ですよね。

www.quil-fait-bon.com

 

全国にお店がありますけど、

秋限定のリンゴタルトがあります。

美味しいですよね。

 

このリンゴ、種類を紅玉といいますが、

実は作っているリンゴ農家の人を、よく知っているのです。

高橋さんです。

ふとしたご縁で親しくさせていただいております。

 

あれは、もう十年以上昔の話になります。

信州に友人のお父様が住んでおられました。

その方もオートバイ乗りでしたが、

ご病気で乗れなくなっておりました。

 

その方の乗っておられた、

モト・グッツイというオートバイを、

私にぜひ乗ってほしいと言われたので、

これも何かの縁と思い、引き取ったんですね。

もともとは、クルーザーだったんですが、

f:id:gemini-yahata:20171103111046j:plain

ライトチョップしたりして、乗っておりました。

今は、某二輪メーカーの研究員が乗っております。

 

その時に、その方のご近所さんである、

高橋さんをご紹介いただいたんです。

その高橋さんの農園、六識園はこちら。

 

中川村六識園 心の風景

 

当時、ちょうどリンゴの収穫時期だったので、

もう香りがすごいことになっているわけです。

ご自宅はそのリンゴ園の中にあり、

むせかえるような甘い香りです。

高橋さんも昔はオートバイ乗りだったらしく、

「やっぱ、ワッパ(オートバイの意)は最高だね!」

とか言っておられました。

リンゴを次々と木から取り、小指で器用にきれいに割り、

その場でたくさんいただきました。

 

あんな美味しい紅玉を食べたのは初めてです。

それから、毎年箱で購入させていただいております。

信州から届く箱の中には、赤より黒といった方が正確そうな、

深い紅色のリンゴと一緒に、リンゴの葉っぱが一枚入っています。

これが高橋さんの粋なところですねえ。

f:id:gemini-yahata:20171103120107j:plain

リンゴの木というのは、

ワインの葡萄と同じで、古い木程よい実をつけるそうです。

しかし、ここも高橋さんご夫婦のお年を考えると、

多少今後が心配ではります。

高橋さんは、村会議員もやるほどパワフルな方なので、

まだまだ大丈夫だと思いますけれども。

 

毎年楽しみにしていたのに、ある年品薄に。

その理由がキルフェボンだったわけです。。

さすがどこで見つけたのか、やつらもリサーチしてんですね。

高橋さんの紅玉を使ってタルトを作って、

これが大当たり。

不作の年には、キルフェボン相手に争奪戦です。

 

しかしそこは、義理人情に厚い高橋さん。

ある年は、キルフェボンに購入量を我慢させました。

そんなことして大丈夫なんですか、と訊ねたんですね。

そしたら。

 

「直接買ってくれる人はさ、その人の喜ぶ顔が見えるだろ?

俺はそれが一番うれしいんだよね。銭よりもさ」

 

いやあ、激渋です。

 

素晴らしい!

 

「俺ももう年だし、商売も大事だけどよ、人とのつながりを大事にしてえんだよ」

 

ああ、もう最高!

 

同じこと、水道筋のミカさんも言ってましたねえ。

chuff.hatenablog.com

最後は、その人なんだよね!

 

リンゴは新鮮なうちに、生食やサラダで楽しんだ後、

新安で買ったリキュールで

chuff.hatenablog.com

最高のジャムを作ります。

今年はこの三種類。

f:id:gemini-yahata:20171103114438j:plain

全くの素人の趣味なんですが、美味しいんですよね。

 

高橋さんの林檎を手に入れたい方は、

普通に買えると思いますよ。

紅玉は11月中旬くらいまでですけど、

ほかの種類ももちろんあります。

 

電話すると、高橋さんがとても丁寧に、

リンゴについて語ってくれます。

今年は豊作らしいので、

キルフェボンと取り合いしなくて大丈夫らしいです。

 

信州では、桜は5月の連休に咲くそうです。

同じ時期にリンゴの花も咲くらしく、

一度その頃においでと言われています。

まだ果たせていない約束ですけど、

いつの日か、桜とリンゴの花の下で、

ゆっくりお酒でも飲みながら、

いろいろお話を聞かせていただこうと思ってます。

 

本物の味を知るとね、もう戻れないんです。

それにね、やっぱり最後はその人そのもの、

つまりは人間性なんです。

 

あのリンゴの香りに包まれた中川村に、

再びお邪魔したいと思いますねえ。

手土産はどうしましょう。。

やはり、あれでしょうか!

chuff.hatenablog.com

 

このジャムを作るときは、灯油ストーブを使いますから、

私の冬を迎える儀式のようなものになりました。

 

(シンプルにしようと本物を求めると、やはりそこも底なし沼。だからクリック!)

 

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4G/64GB MD223J/A

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4G/64GB MD223J/A