CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

自然とはなにか?魚が歩くことであろうか?

f:id:gemini-yahata:20200401115138j:plain

悲壮な空気が漂う、令和二年4月1日。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私の場合、Wi-Fi問題等ありまして

ちょっと更新やめたらすっかり怠け癖ついちゃって。。

量より質へのバトンは見事に落とされたのでありますな。

 

chuff.hatenablog.com

 

そう、このあたりでペースが落ちたのでした。

いけませんなあ。

 

でね、我々も大人ですから

やり始めた以上止めないのです。

ということで、青さんから論戦が持ち込まれました。

お題は「自然」とはなにか?

 

ではさっそく!

 

 

 

========== 

 

世はまさに大エコロジー時代。

私もこのビックウェーブに乗ろうと思います。

 

乗るのは良いんですが、

エコロジーってのはなんでしょう?

自然を大切に、

ぐらいのことでいいんでしょうか。

 

 

そもそもこの「自然」という言葉は、

Natureの訳語としての当て字

本来は仏教用語です。

少し調べると、道教の言葉でもあるようです。

 

自ずから然りということなので、

勝手にそうなっている、ということでしょう。

 

かなりイメージと違う言葉ですよね?

 

勝手に生える芋だから、

ヤマイモのことを「自然薯(じねんじょ)」と呼びますわな。

 

つまり、人為的なものではないものが

「じねん」だということです。

 

 

ところが、Natureが持っている意味は

もう少し範囲が広いわけです。

勝手にそうなっているもの、

というだけではないようです。

 

辞書で調べると、

本質であるとか性質であるとか

を示すこともあるらしい。

 

ということはですね、

例えばアマゾンや東南アジアの密林のような、

勝手にそうなっているものだけが「自然」なのか、

秩序ある植生である里山のような

管理されたものも「自然」なのか。

 

 

気になりだしたら止まらないので、

考えてみましょう。

 

 

 

ナンデ・マンゲ・ソンネン博士の言葉に

 

「万物は合理的に存在する。そこに、作為を持ち込むのはそれがどういう意図であれ破壊である」

 

というものがあります。

とにかくあるがままがいい、

ということでしょうね。

なかなか急進的な意見です。

 

現代哲学のキーコンセプト 真理

現代哲学のキーコンセプト 真理

 

 

もう少しマイルドな意見では

ワキヤスネ・ソリヤーノ氏の

 

「共存できる程度に自然を管理することが、より良く人類を自然の中に留まらしめる」

 

 

 

というものが有名なところでしょうか。

オイド・ケナイデ氏は

 

「自然が人類に好意的であったなら、我々はいまだ森の中にいるだろう。危険な場所までも保護すべきというのは、行き過ぎた考えである」

 

 

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

  • 発売日: 1978/01/16
  • メディア: 文庫
 

 

と指摘しました。

ソンネン氏とは逆の立場で急進的なのは、

ソラント・シロイ・ノアルデ氏。

21世紀初頭におきた論争の中で、

 

「枯れた街路樹がそのままにされないように、切り開かれるべき土地というのはある。どういう状態でも放っておくなどということは進化への冒涜だ」

 

と激昂したのは知る人ぞ知るエピソードでありますな。

何が何でも残せ、という意見と、

見苦しいものは処理すべき!

という意見の対立ですが、

世界の趨勢は後者です。

全体的にツルンとしてきております。

 

 

私は人それぞれ好みでいいと思うんですが、

このテーマを考える上で

思い出されるのは黒木女史です。

 

彼女は言いました。

 

「わたくし思いますに、女は脇毛でございます」

 

 

 

というわけで、それっぽく書いてきましたが

股の毛剃るか残すか問題でした。

 

全裸監督 村西とおる伝

全裸監督 村西とおる伝

  • 作者:本橋 信宏
  • 発売日: 2016/10/18
  • メディア: 単行本
 

 

希少性が高い時代なら

カワラケ(無毛)もいいと思いますが、

最近だとあまり処理していないほうが

良いじゃないかと思うようになりましたねぇ。

 

 

恥丘は青かった、

とのことですから、

そこはそれ分け入って行きたいところであります。

 

 

 

辛くても悲しくても春。

咲き誇る桜はやがて散り、

風を薄紅色に染めることでしょう。

 

例年だと酔いの中に幻想的なものですが、

今年はどうにも物悲しくていけません。

 

「止まない雨はない」

 

なんて、使い古された言い回しでも

身にしみるこの頃ですが、

実際そうだと思います。

 

もうすこし、もうすこし。

と自分を励ましながら、晴れる日を待ちたい。

そんな心持の新年度でありました。了

 

=============

 

自然。

この言葉に限らず、我々の言語。

知らぬうちにイメージが暴走しているのでございますな。

おフランスの言葉で「四月魚」というのがございます。

これポアッソン・ダヴリル(Le Poissond' Avril) と言いまして

つまりが、サバのことでございます。

 

この言葉をさらに日本語に訳すと。

 

釣られるバカ!

 

でございましょうかねえ。。

では皆様、サバー!

 

(ソンナ・コト・ジャナイノの名言に「とりあえずクリック!」とあります!)