CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ローンウルフの憂鬱 青さんのお付き合いツー!その3

f:id:gemini-yahata:20190326163006j:plain

二台でもマスツーでよいんでしょうか。

なんとなく、腐るほど台数が多いのを

マスツーという気がするんですが。。

 

chuff.hatenablog.com

 

まあ、青さんの表記に従いますんで、

細かいツッコミはなしでお願いするザンス。

 

さて、全然意思疎通できぬ二台。

どうなってんでしょう。

 

ではさっそく!

 

============

 

後ろを意識しながら先頭を走る

というのは未体験です。

 

緊張しますし気を使うので

必要以上に疲れます。

 

しかし、後ろをついていくのは良い。

実に良い。

ハーレーグループの後ろについて、

なんとなくマスツーリング気分を

味わっていた島原ツーリングを思い出しました。

 

chuff.hatenablog.com

 

 

橘神社をすぎると上り坂。

まだ新緑が萌える前の林の中を走る道であります。

日陰は寒く、まだまだ冬色の木々は

多いのでありますが、

何しろ日差しはうららかです。

 

付かず離れず付いていくと下り坂。

海が見えました。

橘湾であります。

 

f:id:gemini-yahata:20190327135723j:plain

 

坂を下り終わると富津。

トミツ、とよみます。

民家が立ち並ぶ道ですが、

やがて右側が海に変わります。

うっかりマスツーなのを

忘れるいい景色。

やはり、島原は良い。。

 

海沿いに並ぶホテルや旅館は、

さかんに蒸気を上げています。

小浜温泉であります。

 

泉質は良いし、目の前の海から

新鮮な魚がとれますから

いい温泉だとおもいますがねぇ。

 

やはり、問題はアクセスでありましょう。

道路事情があまり良くないのは、

改善が待たれるところであります。

 

ちょっと足湯にでも立ち寄って…

あ、そうか。マスツーだった。

 

桧 1合枡 293084

桧 1合枡 293084

 

 

雲仙西登山口信号で停車。

横に並んだ後輩くんが、

なにか言っていますが聞き取れません。

どうやら、先にいけ、と言っている様子。

どこかに寄るという話はもう良いんでしょうか。

 

行けと言われたら行くしかありませんので、

信号が変わったタイミングで再び先行。

国道57号仁田峠を目指していきます。

 

正直、ここからが大変です。

仁田峠を目指すルートは、私が知っている限り

ほぼ全部ぐにゃぐにゃのつづら折りです。

幾分ましなのは多比良から登る国道389ですが、

他に比べれば、という話であります。

 

一番やっかいなのは県道128でしょうねぇ。

帰りにうっかり通りますが、

下りで走る道じゃないと思い知らされました。

 

仁田峠に私が初めて挑んだのは、

去年4月中頃。

サンセットウェイの後であります。

 

chuff.hatenablog.com

 

今でこそ気軽な目的地になりましたが、

最初は本当に怖かったんですね、

ヘアピンカーブが連続するから。

 

走っている国道57もカーブは強烈です。

普通に走っていても緊張するんですよ。

そんな道を、後ろから

ついてこられながら走るわけですね。

 

こういう道は、前に集中しなきゃいけません。

ところがどうしても、意識が後ろにひかれます。

 

前を見て走ろうと思うんですが、

ミラーに目が行くんですね。

好きに走れば

ちゃんとついてきてくれるんですよ、

遥かに先達なんだから。

向こうのほうが。

 

でもほら、こういうのは

感覚的なものだから、

頭でわかっていてもどうしようもありません。

 

それでもなんとか走っていくと、

鼻をくすぐる硫黄の香り。

雲仙温泉に到達しました。

景色が良かったはずなんですが、

いまいち印象には残っていないのは

緊張からでしょう。

 

そのまま進んで仁田峠へ。

 

前からは車が来ないので、

チンタラチンタラ景色を見ながら

走るべき仁田峠ですが、

気持ち早めに進んでいきます。

 

何しろ後ろが気になるんです。

 

 

本当は第一展望所まで行くつもりだった

んですけどね、手前の第二展望所でウインカー。

すでに仁田峠にいるわけですから、

出来るだけ早く「この後」を

決めておきたかったのだと思います。

f:id:gemini-yahata:20190327134949j:plain

 

彼はトイレに。

気温7度ですから冷えているんでしょう。

私は不思議と気になりませんが。

 

風が吹けば冷やりとしますが、

じっと日向に立っているとポカポカと暖かく。

トイレから戻った彼と話をし、

彼が寄りたかったのは

大型のバイク屋であり、

バッテリーが弱っているっぽいので

対処したかったそうで。

 

「とりあえず今はなんとかなってるみたいなんで、大丈夫です。で、昼飯どうしますか?」

 

ああ、そうか。

いつもどおり昼飯を忘れていましたが、

普通は腹が減る時間です。

 

昼飯…昼飯ねぇ…

例によって腹が減らないバイクモードでしたが、

これも勉強だと思案していた、

といったところで本日はここまで。

それではまた。了

 

============

 

彼。。

バイク屋で何するつもりだったのでしょう。。

まさか、バッテリー交換?

 

なんとも奇妙な違和感。。

難しいものですなあ。。

 

(なんとも言葉にしづらい青さんの感覚。でも分かるよね、でクリック!)