CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

真夏のオートバイ その7 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180720163043j:plain

夏という季節を

肌で感じている青さん。

chuff.hatenablog.com

 

でも、ここまでで十分感じすぎぃ!

 
お忘れでしょうが、ここは目的地ではないのです。
ではさっそく!
 

 =========

 

国道212を走っていくと、
息を呑む風景が現れました。
競秀峰であります。

f:id:gemini-yahata:20180718163200j:plain


川を挟んで向こう側に
そびえる岩肌が、なんとも絵葉書的です。
実際に見ると、迫力が違います。
耶馬溪」と画像検索すると
出てくるのが競秀峰だとおもいます。
象徴的な場所ですね。

私はやはり、どの土地に行っても、
絵葉書の風景を実際に見てみたいのです。

ただでさえ素晴らしい2Dを、
立体で見てみたい。
道具を使わずに、VRをやりたいわけです。


川の向こうにそびえる岩山。
よく見ると、隧道が見えます。
トンネルのことですね。

ああ、あれが「青の洞門」か。
なるほど、、
青の洞門 (上)

青の洞門 (上)

 

 

ということは、
どこかで川を渡らなきゃならんが…
 

美しい風景を右側に、
川沿いを走っていくと橋がありました。
渡ってすぐに、右折するとすぐに信号機。

青の洞門は幅が狭いので、
片側交互通行です。
少し長い信号が青に変わって、
青の洞門を走りだします。

 
もともと手彫された隧道を、
軍事用途車両が通行できるよう
拡幅したのが明治期。
 

f:id:gemini-yahata:20180720161139j:plain

 
元の形は殆ど失われたそうですが、
拡幅工事からでも、
すでに百年以上経っておりますから、
それはそれで大したものです。
 
延々と岩をくり抜くというのではなく、
根のように伸びている岩をくり抜き、
また、同じような岩をくり抜き…
というふうに穿たれた隧道です。

 
これはね、面白い。
自転車かバイクがいいと思いますよ。
キョロキョロしながら走ることになります。

よくあるトンネルぐらいの長さですから、
走行時間はあっという間です。

 
走り抜けると、観光地によくある
お土産屋さんがありましたので、
そこの駐車場に駐めます。
 

f:id:gemini-yahata:20180720161154j:plain

この時点で10時過ぎ。

5時30分に家を出たのですが、
こんな場所に10時過ぎに
立っているのが不思議でなりません。

駐車場はそれなり。
バイクは私が一台だけでした。
ここに来るまでにも結構すれ違いましたが、
それほど注目されている場所じゃないのかもしれません。
 
よし。
駐めてみたからには、
歩かねばなるまいな。
 

今走ってきた隧道を、
歩道で戻っていくことにしました。
左には山国川、右には競秀峰。
遠路はるばる来ましたが、
その価値はある景色です。
=========
 
ふと思ったんですが、
青さんがこの文章を書いているのはお家。
つまり帰宅後なわけです。
 
すっごい根性ですなあ。
もう嫌!ってなってないんですよ。
 
人間ね、辛抱が大事です。
その向こうに見えるものもありますって。
自分らしくとか、
なに、寝ボケたこと言ってんですか?
 
そいうこと言っていいのは、
もともとデキのいい人なんです。
あなたはデキいいんですか?
 
(あー、俺もイライラしてるんじゃないかなあ。きっとそれも太陽のせい!でクリック!)

 

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]

 
太陽はひとりぼっち [Blu-ray]