CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

「モテたいのです!」「無理です」

f:id:gemini-yahata:20180701114746j:plain

ある知人が

「俺、とにかくモテたい」

と言ったのです。

私、とっさに

「そりゃ無理だ」

と言っちゃたんですね。

 

もう、情け容赦なく言いました。

 

「無理だ!」と。

 

だってね、「モテたい」

という時点でモテない人なんですよ。

 

そうじゃありません?

 

髪型でモテる?

お金でモテる?

容姿でモテる?

 

ハハハ、ご冗談を。

 

 

 

モテる人はとにかくモテる

これは冷徹な事実であります。

私の経験上思い返しても、

モテる人は、とにかくモテる。

悪人だろうと善人だろうと、

容姿がよかろうか悪かろうか、

全然関係ないわけです。

 

ある種のずば抜けたものがあれば、

かなり有利です。

でもそれは少数派です。

誤差は、考える意味がありません。

 

多くの場合、天与の才が

絡んでいるわけです。

まずは、この事実を認めましょう。

そこから、「モテる」とは何か?

を考えられるってものです。

 

モテたいのであれば、

「モテる」とは何なのか

考えなきゃいけません。

そのためにはサンプルを

よく研究する必要があります。

 

周囲にいますか、モテる人?

 

 

モテる人の特徴

モテる人の共通項を示します。

ソースは私の個人的観察です。

 

①基本利他主義

これは圧倒的ですね。

あまり自分の利益を考えない。

言い換えると気前がいい。

そして、それを気にしていない。

 

②基本欲深くない

欲深くなければ、余裕が生まれます。

余裕があれば、優雅になります。

優雅であれば、臨機応変になります。

そして、最終的には楽しくなります。

 

③基本ダメなとこも許される

惚れた欲目じゃなくても、

けっこう許されるわけです。

理由なんかありません、許される。

そして、そこはお茶目さと感じられる。

 

まず、この3項目が基準になります。

ね、無理な感じしてきたでしょう?

 

 

一般的な「モテる」というイメージ

「モテる」というのは、

まあ人気者ってことでしょう。

しかも性的な意味でも、人気者。

 

なるほど。

そういう意味だとしましょう。

かなり簡略化すると、

チヤホヤされ続けたいってことです。

しかもそれは、

努力も苦労もしなくない。

 

つまり、楽してチヤホヤされている状態。

 

f:id:gemini-yahata:20180701123218j:plain

 

 

こう書かれてみると、

無理な気がしてきません?

そんな都合のよい話はないだろう、

と思いません?

 

そうです、ありません。

 

これを欲するということが、

どれだけモテないことか、

お分かりいただけたと思います。

 

「モテたい」と思うこと自体、

現に今「モテていない」のですから、

いっそ諦めることは大事です。

 

モテるということは、

無差別な圧倒的魅力爆撃です。

ですので、その物量が必要なわけです。

それは、個人の努力でカバーできることではないようです。

 

視点を変える

天与の才というものは、旬があります。

これは宮城音弥氏の

有名な本でも語られております。

 

天才 (岩波新書 青版 621)

天才 (岩波新書 青版 621)

 

 世界中の天才の、旬と凋落を簡潔にまとめた名著ですね。

「モテる」というのは、これと似た部分があります。

 

ってことはね、「モテる」のは一種の天才なわけです。

 

では天才ではない人が求めているのは、

 

「モテてるぽい」

 

感じになります。

 

ふむ、これならかなり

可能性が出てきました。

なにせ「ぽい」なんですから、

努力が多少報われそうです。

無差別な魅力爆弾投下ではなく、

ある狭いエリアを狙った局地戦ですね。

もっと言えば、狙撃でいいわけです。

 

となると、客観的リサーチが

とても重要になりますね。

狙って、尽くして、思いやれ、と。

この話を、彼にしたわけです。

返事は

 

「ちがう!そんなんじゃない!モテたいの!」

 

 

モテないことは容易

この発言を聞いて、

なるほどこりゃさらに無理だ!

と確信にいたりました。

 

思考の変化をできないことは、

人間相手には致命的です。

これは、単に性格的問題の

話ではありません。

モテる人は、他者の

無意識的な欲求を満たしているのです。

なのに、彼は自分の欲求を

満たしてもらいたいわけです。

 

なるほど、モテないことは

容易であるわけですね。

満たす側と、満たされたい側が、

本来と逆です。

そりゃあ、無理です。

 

まとめ

もし、モテ期というのがあるのなら、

それは偶然の産物でしょうなあ。

しかし、モテてる感じであれば、

可能かもしれません。

 

モテることより、

リサーチで仕留めること。

仕留めた相手を大事に扱うこと。

これに尽きるんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、「モテたい!」

と叫んでいた彼は、

もう40歳を超えていたわけです。

 

くそ暑い夏前に、

こう背筋が寒くなる冷却効果。

いやはや、人間というものは、

なんという面白さを

秘めているのでしょうね。

モテ。

なかなか味わい深い話しです。

 

(で、モテるにはどうしたらいいの?知らねーよ!まあ、落ち着きなよ!でクリック!)

 

モテる男になる50のテクニック

モテる男になる50のテクニック

 
「モテる男」と「嫌われる男」の習慣

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣