CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

遠い昼飯 その3 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180417132408j:plain

新緑の季節にピンク色の青さん。

精神は常に見える世界から自由です。

 

 

chuff.hatenablog.com

いや、そうあらねばならないのです。

その小さな冒険は、

高らかなる勝利の世界へと誘うのです!

 

ではさっそく!

 

 

==========

 


和多田交差点を右折すると、

すぐそこにある

「牧のうどん和多田店」。

今回の目的地です。

 

f:id:gemini-yahata:20180419153106j:plain

思いの外空いている。

1時過ぎだったように思いますが、

意外です。

 

なお、帰りに伊万里店の前を

通過したときには、

まだ車が多かったですから、

和多田店は意外な穴場なのかもしれません。

 

店内に入り、

案内される通りカウンターに。

 

牧のうどんは、

注文を自分で伝票に

書き込むスタイルなんですが、

混んでいる時間帯が過ぎたせいなのか、

お姐さんが

「何になさいますか」

と声をかけてくれました。

 

そのとき。

うっかりしていたんでしょうかね。

いつもの癖で

 

「たまご、ふつう、おおもり」

 

と口走ってしまいました。

私自身がその事に気づいたのは、

お姐さんが厨房に

 

「大盛り一杯!」

 

と注文を通した後でした。

 

さほど待たなかったと思います。

出てきたのは、

直径22センチの丼に

みっちり詰まった博多うどんです。

 

(これ、ひろいものですよ!比較のため。青さんじゃないですよ!)

f:id:gemini-yahata:20180419154101j:plain

参考写真ですよ!青さんじゃないですよ!

北九州、サンライズ釣行記珍百景編 - 中村豪の志摩人通信さんより拝借。

 

 

思い出したよ!

 

そうなんだ。

これ。これなんだよ。

 

魔法のうどん、

と言われることがあります。

「牧のうどん」は。

 

減らないんですよ。

食ってるそばから汁を吸って、

どんどん膨らむから。

 

店側も承知の上なので、

小さなヤカンにうどんつゆを入れて、

置いていきます。

減った汁は足せ、と。

f:id:gemini-yahata:20180419154407j:plain

 

他所の人からすると、

ものすごい話ですが、

牧のうどんではふつうのことです。

 

目の前に置かれた、

イカれた量のうどん。

 

食いましたけどね、泣きながら。

 

美味い、苦しい。

美味い、苦しい。

巡り巡って、最後は美味しいです。

 

雨の慕情が

頭の中をぐるぐるしておりますが、

なんとか完食。

 

なお、この注文をした時にお姐さんが

「ご飯ものは良かったですか?」

と聞いてくるんですが、

そこはほら、マニュアルだから。

面白がってもしょうが無いのであります。

 

 

なにか、尖ったものに触れると、

小気味いい音を立てて弾けそうなお腹です。

その状態になりながら、轟天に跨ります。

 

このまま帰っても良かったんですが、

せっかくなので写真を。

 

二三枚の写真と、

小気味いいセンテンスと。

 

あっさり塩味で、

今どきのキッズの心を

鷲掴みしなければなりません。

 

こうして書いている以上、

目指すのは高みです!

 

そうねぇ。虹の松原でいいか。

 

chuff.hatenablog.com

 

=========== 

 

九州ってね、

いつも思うんですけど、

なんでそんなに食べるんですか?

 

なんか、ちょっと異国の匂いですよねえ。

 

私、うどんにこだわりがるわけじゃないんですが、

そんな食べたいものなんでしょうか。。

いや、普通に好きですよ、うどん。

 

でもねえ。。

 

ここに、お昼が激混みするわけでしょう?

働けなくならないんでしょうか。。

いやはや、日本はひろいですねえ。。

 

おなか一杯に食べると、

バイクって、運転に支障出ますよね。

これね、胃下垂になりやすくなります。

素さんも気を付けてくださいね。

 

(西国と言っても、ひとくくりにはできないもんですねえ。驚愕のクリック!)