CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

4億円の使い方を考えてください。

f:id:gemini-yahata:20180421211500p:plain

これね、私言われたことあるんですよ。

真面目な話で。

 

十年以上昔の話なんですけどね。

 

「8さん、実はご相談が」

「金のこと以外なら、何でも言ってくれ」

「実は、その金の話なんです」

「緊張感のある自営業を紹介されたいの?」

「なんすか、それ?」

「わかった、それ以上言うな」

「だから、お金の話で」

 

「まだ言うか!」

 

とっさに、手元にあるものを握ったら、

ちくわだったので、落ち着いたんですけど。

 

 

谷商店の竹ちくわ  703

谷商店の竹ちくわ 703

 

 シリアスな話の時に、

手の中にちくわ持ってるといいですよ。

 

すごくやる気をそがれます。

 

それでですね、そのちくわを食べながら、

 

「で、どんな話し?」

 

モグモグ。

 

「手元に四億あったら、8さんどうします?」

「銀行に行って、当座預金つくるな」

「いや、そう言うんじゃなくて」

 

モグモグ。

 

「ほな、なんやねん!」

「使い方っすよ!」

 

急に私も真面目になりました。

 

(こいつ、もってやがるのか?)

(誰か最近死んだのか?)

(親の土地を、バイパスが通るとか?)

(うわー、マジ?マジなの?ウへへ?)

 

とかとか、ね。

 

「大真面目に使い方聞きたいんです」

「使い方かあ・・」

「ちょっと、イメージわかないんです」

 

(おお、こりゃマジだわ!)

 

「そうかそうか、そういうことなら言ってくれよ」

「こういう時は、8さんだと思いまして」

「まっ、そうだよね」

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

「そうだなあ・・」

 

モグモグ。

 

「まずは、モナコだな」

「やっぱ、最初から話がでかいっすね」

「あそこのグラン・カジノ前の席を押さえようぜ」

「それで、どれくらいっすか?」

「まあ、ホテルも高いだろうし、でも3千万もあれば、通しで大丈夫じゃない?」

「何着るんっすか?」

「まあ、何着かはいるよな。タキシードも要るだろうし」

「もってないっすよ」

「作るんだよ、ラガーフェルドに頼もうぜ!」

 「それで、いくらっすか?」

「まあ、ここで5千万は超えてるとして」

「やっぱ、俺の中では、そんな発想なかったす」

 

ああ、日本銀行のインクはいい匂いだぜ!

 

「そして、ステッカーはろうぜ」

「なんのっすか?」

「お前の名前だよ」

「ええ!!!!!!!!」

「なに驚いてんだよ?」

「お、俺の名前を、どうすんすか?」

「張るんだよ、F1に」

「おおお!それで、それでどうすんすか?」

 

モグモグ(ちくわ補充)。

 

「そんな速くないチームだったら、1億で張れるだろ?」

「で、で?」

「F1レーサーが、お前の名前張った車で、命がけで走ってるのをさ」

「うん、うん」

「それ見ながら、シャンパン片手に、モデルでも口説こうぜ」

「最高っすね」

「だろ?」

「でもちょっと待ってください」

「ん?言葉なら心配するな」

「いや、そうじゃなくて」

「なんだよ?」

 

「減ってばかりじゃないですか?」

 

「使い方だろ?」

「使い方っすよ」

「使ってんじゃん?」

「増えてないっすよ」

 

 

「はあ?」

 

 

「8さんなら、俺が4億あったら、増やす方法を考えてくれると思ったんすけどね」

「いいか、よく聞け」

「はい」

「4億ってのは大金だ」

「ですね」

「どれくらいの大金だと思う?」

生涯賃金の大体倍」

「よくできました、じゃねーよ、こらっ」

「ピン札で、100万で1センチですから、積むと4メートル」

「まあ、そうなるけどもだ」

「すげえじゃないっすか」

 

「夢を見るには、小銭だ!」

「なんか、凄い台詞」

「あっという間だよ。なくなるの」

「なるほど」

「だからさ、一生食えるカネでもねえんだよ」

「だからこそ、増やしたいんです」

 

 

「バカだな。一生の思い出にできる最高の夏にしようぜ!4億で!」

 

 

もうね、ちくわ持つ手にも力が入りましたよ。

 

 

結局、そいつが大真面目に、

ロトやってるって話だったんですけどね。

 

 モグモグ。

 

モグモグ。

モグモグ。

 

まあ、ちくわ食べながらする話なんですね。

短い夢を見ちまったぜ。

 

(こいつ、バカなの?マジでバカ。疎遠になっちゃったけどね。哀切のクリック!)