CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

春だよ!春! その7 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180327221405j:plain

前回、お参りも済ませた青さんは、

広々とした道に出ます。

気持ちよさそうです。

chuff.hatenablog.com

 

前回と同じで、巻きに巻いていきます。

もう、次の原稿来てるんですもの。

 

ではさっそく。

 

 ==========

f:id:gemini-yahata:20180402130148p:plain

実に愉快なオレンジ海道を走っていくと、やがて境目に。 

実は、国道444は

平谷黒木トンネルの真中付近で

長崎県から佐賀県に変わるのですが、

広域農道だとこうなります。 

 

f:id:gemini-yahata:20180402125803j:plain


この右側が「多良岳オレンジ海道」であり、

左側は「多良岳レインボーロード」になります。

長崎県部分ということですね。 


一連の広域農道なので

さほど変化は…無いと思いますか? 

たぶん、無いというのが

正解なのだと思うんですけどね、

長崎県側のレインボーロードに入ると

俄然「酷道」の気配が漂い出すんですよ。 

 

ひび割れたアスファルト

路側に堆積する落ち葉、

ところどころのコンクリート舗装。。


これはこれで味わい深い。

長崎の道路なんて、

こうじゃなきゃいけませんよ。 

長崎県に入ったから、

というわけではないのですが、

増えてくる「スピード落とせ」の標識。 


そういう道路だということが

おわかりいただけるでしょうか。

ここまでのオレンジロード

十分そうだともうんですが、

ひょっとすると、

逆方向に走っていたら

オレンジロードに入った途端、

レッドフラッグという話なのかもしれませんね。 

ここまでも素晴らしい景色が

広がっておりましたが、

レインボーロードに入ると、

左側に島原半島が見えてきます。 

ここで写真が撮れたらなぁ、、

という場所は路肩が狭くて。

ようやく見つけたのがこれ 

f:id:gemini-yahata:20180402125830j:plain



私がみていた風景を、

そのまま写真に切り取るのは本当に難しい。 

当たり前です、

それができる人のことを

「プロフェッショナル」と呼ぶのでしょうから。


左に雲仙を眺めながら走っておりますと、

時々交差する道路に

「←堤防道路」の表示がでてきます。 


あれです、あれ!

chuff.hatenablog.com

グラっときました。

思わず曲がってやろうかとも思いました。

堤防道路はそれだけ魅力的です。 


いや、いやいや。

今回はそうじゃない。

あらためて来たらいいじゃないか。

島原半島縦走計画が動き出した時に、

また来ることを決意して、

右に左にうねり、

登ったり下ったり波打つような

レインボーロードを走りきりますと、

県道184。

左に降りていくと、長田バイパスであります。 

今回はバイパスに並走する、

元々の国道207を走って諫早に向かいます。 

次の目的地は諫早城址眼鏡橋。 


長崎市の中島川にかかる、

いわゆる眼鏡橋は有名でしょう。 
 

f:id:gemini-yahata:20180402125902j:plain

これを参考に、つくられた、

長さにして二倍の石橋が諫早にはあります。 

本明川の拡幅や護岸のために、

壊されるはずだったものが、

移設されたものであります。 

ちなみに、長崎の方の眼鏡橋も、

洪水対策で危ういところでしたが、

川の流れをバイパス化する工事によって、

現在も中島川にかかっております。 


もっといい構図で写真が撮れたらなあ。

桜の時期の晴れた土曜日です。

ここは諫早有数の名所なんでね、

そらもう混んでおりました。 

バイクですから僅かな隙間にねじ込んで、

走る車のすきを狙ってなんとか撮った一枚がこれ。 

f:id:gemini-yahata:20180402125919j:plain



ちなみに、停車から撮影、

発信まで五分かかったかどうかでした。 

サクラは人を狂わせるのでしょうなあ。


さて、あとは帰るだけだ。

どこから帰ろうかなぁ、、、

と言ったところで今回はここまで。

それではまた。

chuff.hatenablog.com

==========

 

見たままを、映像に残すという作業。

これね、人類の永遠の憧れだと思うんです。

 

カメラマンの仕事を見ていると、

そのまま残してるのではないと思うんです。

どっちかと言うと、造るって感じでしょうね。

正確なデータは、心象風景としての正確さに、

圧倒的に及ばないのでありますね。

 

そうなると、人間の記憶や認知と言うものは、

相当にでっち上げたものであるともいえるでしょうね。

今みても、アグネス・ラムはすごいんですが、

あの時代のアグネスへのイメージは、

エロではなく、ミューズだったと思うんですね。

f:id:gemini-yahata:20180402131645j:plain

深い。

 

( 心象こそが、実は真実なのかもしれない。永遠とはそういうものなのでクリック!)

 

アグネス・ラム写真集「1974Memories」

アグネス・ラム写真集「1974Memories」

 
平凡パンチ特別編集 The グラビアアイドル 楽園の妖精 アグネス・ラム写真集

平凡パンチ特別編集 The グラビアアイドル 楽園の妖精 アグネス・ラム写真集

  • 作者: マガジンハウス
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2012/09/13
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 39回
  • この商品を含むブログを見る
 
AGNES LUM

AGNES LUM