CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

よく考えてみればですが

f:id:gemini-yahata:20180331201942j:plain

このウェア、セットアップで一万円くらいだそうで、

ネタとしてほしいような気もしてきます。

 

総蛇柄ですよ!

以前に、とある方から、

 

「繊細チンピラ」

 

なる言葉を教えていただきました。

 

みなさんは、ご存知でした?

私は知らなかったので、

声を出して笑ってしまいました。

意味は、「それ傷つきます!」と言って、

絡んでくる人だそうです。

確かにナイス命名!

 

けっこういますよね。

シイタケで傷つく人や、

セロリで傷つく人も。

 

「トラウマがあんねん!」

 

とか。

こっちが知るわけないじゃないですか?

 

で、ここでよく考えてみると、

いわゆるチンピラって、繊細ですよね。

えっ、そこ絡んでくるの?

って、妙に感動したりしますから。

 

最近は、街で絡まれている人はみなくなりましたね。

いいことだとは思うんです。

その代わり、

「人それぞれ」を尊重しないと、

急に絡まれることありますねえ。

 

声を大にして言いますよ。

 

不味いものは不味いし!

ダサイものはダサイです!

 

奥歯で、一円玉噛んだような気がしますか?

歯磨きして、うがいでもしましょうよ。

 

他者を尊重することは大事です。

まあ、これは当たり前すぎて、

言うまでもないんでしょうけど。

でもね、その人が「傷つく」のは、

明らかな侮辱以外はね、

その人の、個人の問題なのだと思うんですね。

 

個人の問題ってのは、

その人しか解決できない問題で、

そこまで配慮を求めるというのは、

駄々っ子と同じですね。

 

そこで、チンピラの話ですけどね。

いわゆるモノホンのチンピラとか、

繊細すぎて笑えますよ。

彼らは、その繊細さが生業ですから、

常に傷つくセンスを磨いているわけです。

ここで、意識して「これは傷ついたといえる」ので、

カネになるかもしれない!

と思える人は、今時そっちへは行かないでしょうね。

 

だいたい、チンピラさんは別の稼業をもち、

なんとか食いつないでいる、

フリーランスとも言えるわけです。

 

そこで、きずつく感覚を磨き、

本当に傷つかないと、

あの論理展開はできないでしょうね。

 

感性を磨いていると、結局飲み込まれるんですね。

その傷つき方に。

そしてどんどん、繊細になって、

決してタフにはならないわけです。

 

タフになるにはなんでしょうねえ。

多分、笑い飛ばすこと。

これでしょうね。

 

傷つくと、誰かを攻撃しなけりゃ気がすまない。

そして誰もが嫌な思いをする。

それが、自分自身も含んでいるわけです。

こういう感覚は、嫉妬とにていますね。

これいい本ですよ。

 

嫉妬 (1978年)

嫉妬 (1978年)

 

 名著だと思います。

1円で買えるようなので、是非読まれるのが

オススメです。

 

女性インタビュアーが、著名な女性たちに、

嫉妬について問い続ける異色な出来です。

なぜ、あのサンリオが

こんなの出したのかは謎ですけど。

 

サンリオも、昔は尖っていたんでしょうねえ。

 

(オラオラで悪ぶっている人は、実は繊細なお馬鹿さんなんです、でクリック!)