CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

差別ゆるすまじ!とバスで力説していた爺さん

f:id:gemini-yahata:20170917182938j:plain

本日バスに乗っておりました。

乗ってすぐに気づいたんですが、

ある爺さんが、立っているお客さんにしつこく話しかけていたんですね。

その爺さんは、もちろん優先座席に座り、

そこそこ混んでいる車内で足を組んでいました。

 

相手は大人の男性でしたので、まあ私は知らぬふりをしていたのです。

別にトラブルでもなさそうでしたしね。

 

もうね、爺さんがうるさいわけです。

男性も相槌うってるんで、また調子こいてしまったんでしょう。

わずかの時間に、わたしその爺さんと男性の、

プロフィールに詳しくなってしまいました。

 

男性は40歳で、会社員で、休みだったらしいんですね。

爺さんは、来年70歳で、元教師らしいんです。

かつては、革命を目指した、根っからのリベラルなんですって。

 

世の中のあらゆる差別を許せなく、

虐げられている人々のために、いつも闘っているそうです。

差別は、された側の言い分が100%正しくて、

言う側に悪意なくても、許さないんですって。

言葉狩りと非難するのは、差別主義者の論理でしかなくって、

そういうのは、SNSで喧嘩売ったり、晒したりするんですって!

 

干支はネズミらしく、来年厄年らしいです。

 

それが、闘士としての、

使命なんですって!

それが、自分の青春への、

ケリのつけ方なんですって!

 

この間、わずか数分ですよ。

爺さんは、別に酒臭いわけでもありません。

精神を病んでいるような風体でもありません。

ボケているのでもないようです。

どちらかというと、しゃれた格好しています。

話も、内容はともかく、論理的です。

 

ただ、なにかがおかしい風景です。

 

そりゃそうですよね。

相手は通りすがりの、気のいい男性で、

たまたまそこにいただけの人なんですから。

 

男性は我慢の限界が来たのか、

それとも、もともとそこで降りるつもりだったのか、

爺さんの喋りが絶好調の時に下車しました。

 

私は、やれやれ、と思いながら窓の外を見ていたんです。

ガラスに映った、私の後ろの席の親子に気付きました。

普通の母と娘です。

でも、そのお嬢さんは、明らか先天的と思われる容貌の崩れがありました。

不憫でしょうけど、仕方のないことです。

私はじろじろ見ないようにしました。

 

その親子が、何かを楽しそうに話しながら、

下車するために爺さんの前まで出たんですね。

 

そうすると、その爺さんが正義のために闘い始めたんです。

あらゆる差別や不幸を見逃せなかったんでしょうね。 

 

「お嬢ちゃん、その顔どうしたんや?」

「黙ってやんでもええ!お母ちゃんに殴られたんか?」

「それやったら、今ここで言いな!」

「おっちゃんが闘ったる!」

一気にまくしたてました。

車内に、やり場のない空気が立ち込めました。

 

お母さんが毅然とした態度で、いいました。

 

「生まれつきです。病気です。お気遣いありがとうございます」

 

強き者、汝の名は母、です。

親子はバスを降りてゆきました。

 

爺さんは、気まずい表情をするでもなく、

 

「あっ、そう」

 

と言っただけです。

もちろん、謝罪もありません。

 

青春にケリをつけるため、差別や虐げる者を探し、

闘争を挑むことに、正義を感じてたんでしょうか。

爺さんは、スマホをいじりながら、口笛を吹き始めました。

 

その曲を、私は知っていました。

www.youtube.com

 

やるせなく。

ただただ、やるせなく。

 

私の降りるバス停が来ました。

バスを降りて、私は考えました。

どうすべきだったのかを。

 

答は出なかったので、ここに書くことにしました。

ただ、あの親子に何かいいことがあるように、と思っただけでした。

 

彼は、私が教育を受けたころに、

きっと教育現場の最前線にいたはずです。

 

老人を殴るべきだったのでしょうか?

そうではないでしょう、きっと。

諭すべきだったのでしょうか。

無理でしょう。

 

せめて、近づいて来ている嵐が、親子の記憶から、

それを忘れさせるものであってほしい、と思っただけでした。

 

(正義を口にするほど、卑しいことはないですね。「卑しい」とか言うと、その言葉自体差別だって言うんでしょうね。今回アフィは無しです)

chuff.hatenablog.com