CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

サマーセット・モームがラッフルズで

f:id:gemini-yahata:20200612222457j:plain

私の母方の祖父は、かなりおかしな人だったらしいのです。

戦前に、ラッフルズまで行っておるのですなあ。

日本に妻子を残して、ブラブラと。

 

この人、いろいろ豪快すぎて

話を人づてに聞くたびに

そんなヤツはおらんやろう、と思うタイプですね。

 

 

さて、青さん。

梅雨の入り口の時期に、いろいろ思うことあったようで。

シンガポールスリングなわけですね。

 

長崎の海沿いの街で、ラッフルズを思う午後。

ではさっそく!

 

 

 =============


自室に下げてあるカレンダー。

令和2年6月10日には「入梅」と書いてあります。

二十四節気ではなく雑節です。


雑節とは、夏も近づく「八十八夜」とか、

大雨になりやすい「半夏生」とか、

台風がきやすい「二百十日」とか、

日本の気候に合わせて二十四節気

プラスアルファで設定されているとのこと。

 

土用丑の日の「土用」も雑節のようですね。

 

 


九州南部と四国はすでに梅雨入りしておりましたが、

入梅に合わせて中国近畿東海などが

雨の季節に入ったようです。


本日の九州北部は

強烈な日差しが降り注ぐ真夏の陽気。

ただ、これは前線の加減だったようです。



梅雨入りからしばらくの雨は、

しとしとと肌寒さを伴うイメージでしたが、

そんな梅雨はもう無いのかもしれません。


こんな熱帯のような雨季なら、

きゅうりを肴に冷をやるより、

シンガポール・スリングのほうがいいかも。

書いていて思い出すシンガポール・スリングの味は、

どうやら缶入り。

一度くらい、バーで頼んでみなきゃいけませんねぇ。。

 

ラッフルズ: 海の東南アジア世界と「近代」 (世界史リブレット人)

ラッフルズ: 海の東南アジア世界と「近代」 (世界史リブレット人)

  • 作者:坪井 祐司
  • 発売日: 2019/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 


梅雨入り直前だった先日は

最後の晴れを活用すべく

猛烈に洗濯機をぶん回しておりました。

 

衣替えはすでに済んでおり、

私はアロハおじさんモードに突入しております。

が、片付けそびれた春服がちらほら。

 


それらをどんどん洗い、どんどん干し、

どんどんケースに放り込んで、

防虫剤を入れたら一段落。

押し入れに片付けて秋が深まるまでのお別れです。

 

軽作業とは言え、終わった頃には

それなりに汗をかいておりました。

風呂場でざっと水を浴びると大変気持がいい。

 

新しいシャツに袖を通し、

扇風機の前に立っていると

お盆の頃みたいな気分になってきます。

 

夏休み (角川文庫)

夏休み (角川文庫)

  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 文庫
 

 

乾いた喉を潤すべく、

何か無いかと冷蔵庫を開けると、

だれが買ったものか発泡酒が目に入りました。

 

思わず手が伸びますが、

まだまだ日は高いのです。

それに、飲むのは週末のみという

私ルールで酒は飲めません。

 

辛いところですが、我慢してこそ

酒はうまいのだと思いますな。

 

今日も元気に泣いている甥っ子の声が

日常になっているこの頃ですが、

そろそろ思い出に変わる時が来るでしょう。

 

車で十分そこらの距離に住んでおりますから、

次に合うのはいつだろう。。

というほどでもないのですが、

なんとなくチクリと心を刺すものがあるのは否めませんな。

 

一ヶ月検診で体重が1キロ増えていたそうです。

もとが3キロ弱ですから、

実に3割増加。

猛烈な勢いで育っております。

 


何かを割るつもりで買った、

ペットボトルのウィルキンソンをあけ、

グッと飲むと喉を駆け下りていく強炭酸。

 

見上げた空は抜けるような青、

庭先で揺れている白いあじさい。

 

f:id:gemini-yahata:20200612222043j:plain


例年、被害が出る大雨の季節を前に、

すでにそれが済んでしまったような気分になる昼下がり。


夕食を終え、

この頃日課になっている甥っ子の風呂を準備していると、

明けている窓から雨の匂いが流れてきました。


一月ほど続く雨の日々。

自室に戻り、窓を閉めながら降り始めた空を見上げ、

何事もなく日常に戻ることができますように、と祈りました。

 

まだ半分も終わっておりませんが、

今年はすでに災害対応の精神力を

ほぼ全部使い切ったような疲労感があります。

 

夏の暑さは諦めるとしても、

せめて梅雨ぐらいはおとなしく過ぎ去って欲しい

と切に願う私でありました。了

 

============

 

昔、受験英語の短文に

サマーセット・モームが出てきたのを覚えております。

大体は「月と六ペンス」だった記憶があるのですが

はっきりとはしませんなあ。

 

月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)

月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)

 

 

モームの暇つぶし用に提供されたカクテル。

と聞いたのですが、今探すとそういう記述は見つかりませんな。

では、祖父は何をしにラッフルズに行ったのでしょうなあ。

 

青さんの文章から、話もしたことがない祖父に

思いを馳せたのは、きっと梅雨のせいなのでしょうなあ。

 

(普通に遊びに行っただけじゃないのか!って今思いついたでクリック!)