CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オーダースーツの仮縫い X氏の憂鬱

f:id:gemini-yahata:20191025130928j:plain

いろいろあったものの

初オーダースーツのX氏もついに仮縫い。

 

chuff.hatenablog.com

人生初オーダーなわけザンスけど、

初オーダーなりのサービスが有るらしく。。

コレはワタイも初めて聞いたのですな。

 

いや、初めてってことでもないザンスかな。

ビキューナとか超高級素材にあるとは聞いてたザンス。

 

それはね、仮縫いの仮縫いなんザンスな。

 

 

今回の記事に最適な音楽見つけたザンス。

というか気づいたザンス!

 

www.youtube.com

 

やっと、ベンチャーズのカッコよさに

何故か気づくという。

このシンプルなドラム。

いいザンスねえ。。

 

そうさ、ワイプアウトまでは世界のてっぺんさ!

 

 

クソお高い生地を裁断するわけザンス。

なので、直接切る代わりに

まずは安い素材で一着作っちまうか!

 

ってのが仮縫いの仮縫い。

 

例えばビキューナを切る前にメルトンで作る。

それをバラして、型紙より精巧な型布にする。

 

初オーダーの場合、客もテーラーもはじめての組み合わせ。

なのでイメージできないことを前提とするゆえ

コットンとか、ポリとかで作ることあるらしいザンス。

今回の高級テーラーの場合、初回はサービスらしいザンスのね。

 

ああ、もう、

むせかえるような

贅沢な世界!

 

 

甘い生活 Blu-ray

甘い生活 Blu-ray

 

 

 

8 「やっぱ贅沢だなあ、それ」

X 「ん?そうでもないよ」

8 「なんで?」

X 「どんだけ面倒だと思ってんだよ」

8 「普通に行きたい君としては、ってこと?」

X 「俺、それ聞いたとき、もうマジそれいりません、って言いそうになった」

 

8 「なんと不躾なことを言っておるのだね、君は!」

X 「いや、もう早くお家に帰りたい!」

 

 

 

8 「なにを言っておるのかね?ここまでで何度も行ってるだろうに」

X 「だから、たとえですよ。た・と・え!メタファー!」

 

 

f:id:gemini-yahata:20191025134857j:plain

 

などというセリフを、こんな顔して言うわけです。

確かにX氏は、アル・パチーノに似てないことないザンスからねえ。

 

 

8 「で、どうだったね?人生初仮縫いは?」

X 「あれ余計に混乱した」

8 「なんで?」

 

X 「あれ慣れてないと、ボロギレを巻きつけられたようにしか見えんよ!」

 

f:id:gemini-yahata:20191027100850j:plain

言われてみれば。。

 

8 「言われてみればそうかもしれんザンスな」

X 「多分慣れてると余計にイメージできるんだと思うんだけどさ」

8 「そっか、端布をつなぎ合わせてるだけだもんなw」

X 「もう疲れもあって、なんかいじめられてるような感じさ」

8 「しかも高いかね払ってw」

X 「そうそう」

8 「ロシアより愛を込めて、グレースーツのボンドになるためだ!」

X 「その時の気持ち言っていい?」

8 「どうぞ」

 

X 「正直ねずみ男だと思った」

 

 

 X 「なんの因果かボロ着せられて、テーラーの機嫌とってんだよ」

8 「言ってることはわからなくもない。しかしだ」

X 「なんだ?」

 

8 「夢のあること言ってくれよ!」

X 「そんなものは、吊るしの世界だ!」

 

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

8 「で、コレ仮縫いの仮縫いだろう?」

X 「うんそう」

8 「コットン?」

X 「いいえ、ポリの化繊です」

8 「ポリで型布取れるのかね?」

X 「そう思うよな?だから俺は、コレはいじめだと思うわけ」

8 「それはねえだろwwww」

 

X 「ここで、またいちいち細かく聞かれるわけ」

8 「たとえば?」

X 「肩のフィット感とか、ポケットの角度とか」

8 「あー、もう贅沢なんだか面倒なんだかわからんな」

X 「だからもうそこは、俺の基本に戻ったわけ」

 

X8 「普通でお願いします!」

 

wwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

X氏のオーダースーツは今この段階まで。

そのうち「普通のスーツ」を見せに来てくれると思います。

その時まで、今しばらくお待ち下さい。

 

で、この原稿をX氏に送ったのね。

 

X 「草多すぎやんけ!」

 

彼の関西弁を久しぶりに聞きました。

なるほど、こうやって磨かれていくんですな。

ダンディーへの道は険しく遠いわけザンスね。

 

chuff.hatenablog.com

 

 

(だれでも男になれるわけではない。それは険しい道なのだ!でクリック!)