CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

今どきのレインウェアの性能 青さん濡れてみる

f:id:gemini-yahata:20190808110327j:plain

最近のレインウェアはすごい!

とよく聞いておるんですが。

 

もうね、長いこと雨の中を走っておりません。

最後にカッパを着たのはいつだったでしょうか。

それくらい、雨ならもう行かない!

って感じだったわけです。

 

でもね、青さんは朝からお豆腐を作り、

昼間は果物を売っているので、通勤するわけです。

 

日常の中こそ、再考のテスト環境。

ワークマンのイージス。

その性能を語ってもらいましょう!

 

ではさっそく!

 

 

===========

 


雨合羽の耐水性は、

雨の原付きで

衣服が濡れない程度でいい。

 

それはそうなのですが、

実際のところどのぐらいの

水に耐えられるのか?

というのは興味がありました。

 

相当な雨の中を、それなりの速度で

走っていれば雨がしみてくる境界線。

そこがしきい値ということになると思います。

 

AEGISの雨合羽ですから、

バイク用で設計されていなくても

かなり高性能です。

原付きで走行可能な雨量では、

仮に最高速度で走ったところで問題ないでしょう。

数年使っていけば劣化によって

防水性が落ちることは考えられますが、

まだ10回使っていませんからね。ほぼ新品です。

 

処女航海

処女航海

 

 

 

本日8月6日、早朝に宮崎に上陸した台風が

九州山地を越え、長崎に再接近したのが

おそらく9時頃だと思います。

 

 

ちょうどその頃、職場に向けて

原付きで出発しました。

風はやや吹いているものの、

嵐と呼ぶほどの勢いはありません。

 

しかし、雨は結構な勢いです。

家を出る頃は少し落ち着いていましたが、

10分ほど走ると土砂降りになりました。

 

この雨量なら、雨合羽の性能を試すのに

良いかもしれません。

幸い、ジム用のスポーツバッグは

職場においてありますから、

濡れたところで以前の対応で問題ないでしょう。

 

半袖に合羽を着ているため、

腕に雨を感じるのはよくあることですが、

今日の雨はジーンズ越しに

パチパチと刺激を受けます。

 

台風本体は身構えていたほどの強さ

ではありませんが、流石に雨の勢いは強く

十分に脅威を感じます。

 

ポピュリズムとは何か

ポピュリズムとは何か

 

 

 

薄いゴム手袋をはめた状態で水を触ると、

まるで濡れているように感じますが、

実際は濡れていません。

 

合羽が肌に触れている部分が

濡れているように感じますが。。。

錯覚なのか、ひょっとしたら少し

漏れてきているのか判然としません。

 

ジーンズも湿っているような気がしますが、

暑いから汗をかいているだけかもしれません。

これは脱いで確認するまでわからないなぁ…

 

 

そんなことを思っていた時、

正面からトラックが走ってくるのが見えました。

走っている場所は大型車両が頻繁に走るので、

アスファルトがデコボコになっています。

 

雨。

デコボコのアスファルト

そして、正面から走ってくるトラック。

 

 

何かに気づいた私は

とっさに顎を引いたのですが、その瞬間。

 

びしゃー!

 

 

イメージとしては、博多山笠のきおいみずです。

 

f:id:gemini-yahata:20190808111104j:plain

 

胸にあたった水の勢いで

 

「オフ!」

 

と声が漏れるほどの水はねが、私を襲いました。

ああ、これは濡れたわ。

完全に水没だもの。

 

布の部分は耐えたとしても、

ジッパー部分からいくらか水が入ったはずです。

 

耐水性を確かめる、

というテーマはありましたが、

雨の強さでやりたかったなぁ…

 

雨は強弱をつけながら

降り続けておりましたので、

職場までは安全運転で行きます。

特に長崎の路面電車の線路が滑りますから、

気をつけて踏まなければなりません。

 

台風接近ながら、

それなりに多い交通量の中を

走っていけば、そろそろ目的地。

 

車両エレベーターに乗り込んで、

屋上へあがります。

 

バイクを駐めるために立ち上がると、

結構な水が体から落ちていきました。

靴が濡れなかったのは奇跡的だったと思います。

 

人用のエレベーターに乗る前に、

合羽を脱いで驚きました。

全く濡れていません。

 

f:id:gemini-yahata:20190808111617p:plain

 

ジッパー部分も見事に水を防ぎきったようで、

AEGIS恐るべしの感を新たにした次第であります。

 

バケツで水をかけられるぐらいなら別に大丈夫。

水の量ではなく、圧のほうが問題なんでしょうね。

 

余程早く走る乗り物に乗らない限り大丈夫。

つまり、原付きならかなりの雨でも

大丈夫ということだと思います。

 

結果的に良い実験ができたので、

水ハネをかぶった不快さのマイナスは

帳消しになったのではないか、と。

 

いつもの大勝利を宣言しつつ、

本日はここまで。それではまた。了

 

=============

 

常々思うんですが、青さん。。

 

誰と戦っておるのですか?

 

まあ、そこは良いとして。

いやあ、こりゃすごいわ。

ここまで激しいテストって

あまり聞かないザンスからねえ。。

 

ワタイのカッパはガレージで

埃かぶるくらい長い間ぶら下げられておるだけ。

夏はそもそも、カッパ着なくても

ずぶ濡れになるのも気持ち良いですしねえ。

 

などと、最近濡れてもいないのに

何いってんだか。。。

 

まあ、素晴らしいようですね!

 

(雨の日はショパンを聞くの。って小林麻美かよー!でクリック!)

 

GOLDEN J-POP/THE BEST 小林麻美

GOLDEN J-POP/THE BEST 小林麻美

 
Best Collection 小林麻美

Best Collection 小林麻美

 
小林麻美 ゴールデン☆ベスト

小林麻美 ゴールデン☆ベスト