CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

夏休みに、大人は大人で考える! 青さんのエコ運動!

f:id:gemini-yahata:20190801191141j:plain

当たり前だと思ってることは

実は誰かがそれをやってくれてるわけです。

 

なぜ深夜のコンビニにおにぎりがあるのか。

なぜ、蛇口から水が出るのか。

そこには誰かの介在があるわけです。

 

だから感謝しろ、などとタワケたことは言いません。

その誰かは、それを楽しんでいたりするわけです。

 

我らが青さん。

実に細かいことをやっておられます。

ではさっそく!

 

 

 

 

今週のお題「夏休み」

 

===========

 

私は廃品利用が好きだ、

というのは何度かお話したと思います。

 

捨てられるものが活用される

というのは大変いいことです。

しかし、需要と供給が

バチッとハマることはなかなかありません。

 

捨てられるものは殆どの場合、

捨てられるべくして

捨てられているからであります。

 

捨てられ女の処方せん

捨てられ女の処方せん

 

 

私はゴミ屋敷の主に

なるつもりはありません。

完全に壊れた電化製品を

拾い集めるようなことはしませんが、

所有しているモノは多い。

 

裏が白い紙を捨てないなんて、

当たり前のことなんです!

 

 

という気分が

雑然とした部屋の隅々に

行き渡っているのであります。

 

さて、そんなもったいないオバケに

取り憑かれている私ですが、

最近久々にうまく行った

廃品利用がありました。

 

果物屋で働いていますと、

色々なゴミが出ます。

その中で、私は店主に断った上で

せっせとためているものがあります。

 

それはシールです。

 

シール 20 バナナ (100枚)

シール 20 バナナ (100枚)

 

 

ほら、果物に貼ってあるでしょう?

リンゴとか、メロンとか。

あのシールは多くの場合、

果物が入っているダンボール箱

同封してあるんですよね。

店に並べる前に、

店員が貼っている事が多いと思います。

スーパーでも事情は同じでしょう。

 

それを、全て使うわけではありません。

使われなかったシールは、

予備として少し保存されるものの

ほとんどは廃棄されます。

 

そのシールをちょっとだけ

集めていたんですよ。

休憩時間にシートになっているものを、

ハサミで一枚ずつに切り分けているんです。

そんなことに取り組んでいるのは、

もったいない精神だけではないのです。

私には一つアイデアが有りました。

このシールは上手い用途がありそうです。

 

 

今、まさに夏休み。

普段お一人でお越しのお客様が、

お子さんやお孫さんをつれて

ご来店なさいます。

 

そのお子にどんどん配るんですよ。

時代を越えて、

子供にとってシールってのは

なんとなく嬉しいものなのでしょう。

どの子も喜んでくれます。

 

小さなお客さんが、

お母さんやおばあちゃんが果物を選ぶ間、

大人しくしているという分別に対しての

インセンティブとしても効果を発揮します。

 

これはもうどこから見ても

良くできた再利用だと

言えるのではないでしょうか。

 

我ながらいい思いつきでした。

夏休みが終わるとまた、

お子さん連れは減るでしょうから、

 

8月は配布強化月間であります。

よーし、配るぞー!

 

ただ一つだけ…

 

慣れたし、

腹も決まったはずだったんですが、

シールをあげる度に

 

「ありがとう、おじちゃん!」

 

と元気にお礼を言われ、

色々と自覚させられて

ちょっぴりおセンチな私でありました。了

 

==========

 

子供ってのはねえ、

無邪気にナイフを振り回すもんさあ。。

なーに悪気はねえんだ。

たとえ、俺の土手っ腹が

サクッと切れても、それもまた寿命ってもんだ。

 

 

ああ、このセリフ。

なんの映画だったか思い出せない。

ということは、つまり。。

 

ワタイもオジちゃんwww

 

(って言うより、おじいちゃんの年に近いけどね!でクリック!)