CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

デオコの香りに酔う青さん ダイエットはここからだ!

f:id:gemini-yahata:20190724141747j:plain

青さんもハマってしまったわけです。

この謎の残り香に。。

 

いい!

実にいい!

chuff.hatenablog.com

 

決してやましい気持ちがあるわけもなく。

しかし、一種の背徳感も事実のようで!

 

さあ、ダイエット本気で開始だ!

ではさっそく!

 

 

==========

 

ジムの入口を入ると、

顔を知っている職員さんが

すでに書類を用意しております。 

 

案内されるままにテーブルに付き、

指示通りに署名したり

判をついたりしました。 

 

「で、どうします?今日から運動しますか?」 

 

そうします、と返事をすると、

若い男性インストラクターが

ロッカーに案内してくれました。 

 

用意してきたウェアに着替え、

ワゴンセールで買った

真っ白なシューズを履いて準備は整いました。 

 

 

 

今日が最初なので、案内をしてくれた

男性インストラクターがそのまま、

付ききりで一通り機械の使い方を

説明してくれるようです。 

 

 

まずはストレッチから、

これもマシーンを使います。 

色んな部分を伸ばす動きなのですが、

気持ちよさを感じたのは

腰と太ももを伸ばす機械でした。

聞けば、坐骨神経痛の予防に良いそうです。 

 

なるほど、そりゃ私に効くはずだなぁ。

これを継続的に使えば、

春先の不快な腰痛を

幾分緩和できるかもしれないと思います。

 

いいじゃないか、スポーツジム。 

 

ストレッチマシーンを一通り説明され、

次はウエイトトレーニングマシーン。 

説明を受けつつ、

どのぐらいの回数をやれば良いのか、

など相談しながら、

明日からのコースを考えていきます。 

 

その日の気分で

いろいろやることを変えるというのは、

性格的に合わない気がします。

毎回、きっちり同じことを延々と繰り返す。

これが一番いい。

 

ジムを日常に組み込むのであります。 

 

最後は有酸素運動コーナー。

エアロバイクとウォーキングマシーンです。 

 

ウォーキングマシーンは満員で、

お友達らしいご婦人たちで満員。

二分ほど過ぎたあたりで吹き出す汗。

ああ、これはちょっと衣装を

考えなければなりません。

汗が滴るのはあまりよろしからず。 

 

どっかでコンプレッションの

長袖シャツを買ってきましょう。 

 

  

全部で1時間30分ぐらいでしたから、

もう少しコンパクトにしてもいいかと思います。

仕事のある日は毎日1時間ちょいぐらい

で良いんじゃないでしょうか。

継続こそが

結果につながるのだと思います。 

 

 

 

とりあえず、今日はここまで。

時計を見ると8時です。

ああ、帰らないと。 

 

よし、さっさとシャワールームで

汗を流しましょう。

 

いよいよデオコの出番…

 

 

 

 

ちょっと冷静になればわかることなんですが、

スーパー銭湯だって

リンスインシャンプーとボディソープは

備え付けています。 

 

シャワールームがあるスポーツジムにだって、

それはあると考えるべきでした。 

 

ポンプ式のデオコ。

ポンプを伸ばしちゃうと

持って帰るのが面倒だし…

 

まいっか。

ジムの風呂は備え付けを使おう。 

 

というわけで、ジムでは

使われる機会はなくなった

デオコであります。

しかし、購入してしまった以上

使うしかありません。 

 

というわけで、

家の風呂で使うことにして、

先程帰宅して入浴をすませました。 

 

 

これを書いている現在、

風呂上がりから1時間ほど経ちましたが、

これは何でしょうね。。。

 

 

ル・ダンジェ?危険な香り

ル・ダンジェ?危険な香り

 

  

香水的な「いい匂い」は

無論しているんですが、

その奥に別の、

鼻孔をくすぐるなにかが

隠れているような気配がありますね。 

 

 

四十のおじさんと

香りのギャップがたまりませんが、

これは私と同年代の女性の

強い味方になると思います。

 

もう一味、

魅力を足したいとお考えの貴女。

下手な香水を使うより、

 

デオコを普段遣いするほうが

効果的かもしれませんぞ。 

 

 

私の場合はしばらく自分がこの匂いなので、

鼻が慣れて女性のいい匂いに

鈍くなるのかなと思うと、

悲しいやら恥ずかしいやら。 

 

 

何にせよ、色々始まりました。

オーダースーツの制作期間を考えると、

11月中頃が最初の目標になると思います。

 

そこまでに、どのぐらい体重が落ちるものか。 

 

我が事ながら、体の変化が

ちょっと楽しみな

ジムデビューの日でありました。了

 

===========

 

デオコですけどねえ、

香水的な世界あります?

なんか、残り香と言うか。。

ちょっと独特ですよね。

 

ロート製薬のようなガチのところが

本気で作ると、いい仕事しますなあ。。

これ、企画会議とか盛り上がったんでしょうか。

 

営業一課課長

「ご提案の新商品ですが、もう少し、なんと申しましょうか、グッとくる成分を強めていただきたい。ロートが世に出すわけでございますから」

 

開発三課技術主任

「先程のご意見もっともでございますが、私にも高校生の娘がおりまして、実際に嗅いでみたところ、このレベルでないと、逆にしつこいかと思う次第であります」

 

マーケティング部部長

「まあ、ここは常務のご意見をいただいてはどうかね?」

 

常務

「主任、お嬢さん高校生なの?まじこの匂いなの?」

 

などという会議!

楽しそうではないか!

 

(俺、何熱くなってんだろう。。まあ、どうよ、クリックで?)