CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

40歳になるのは大変だ! 青さんの往生際思考その2

f:id:gemini-yahata:20190201232852j:plain

個人的な意見ですが、男性にとって

40歳と言うのはどうもキツイ。

女性はどうなんでしょう。。

37歳の方がきついのかもしれません。

単に若さの話じゃなく、別の何かです。

 

chuff.hatenablog.com

そこで我らが青さんは、

イロイロ屁理屈をこねることにしたようです。

だって、もうすぐ40歳だから!

 

ではさっそく!

 

 

=======

論語では不惑

我が国ではもともと、

「初老」は40歳のことですから、

おじさんを受け入れる状況が整いました。

 

 

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

 

もう、呼ばれ方で

悩む必要はありません。

次は還暦あたりで

「おじいさん」の煩悶でしょうかねぇ。。

 

大人になったあとは、

おじさん」から

逃れられぬ定めなのであります…

 

はて。

 

おじさんと大人の男性。

ほとんど同じものを

指している言葉のはずですが、

印象がだいぶ違うきがしますね。

 

ふむ。

 

ちょっと面白そうなので考えてみましょう。

 

まず、「大人の」、とはなんでしょうか。

 

「大人」とは年齢によって

分類できるのでしょうか?

 

この場合は違うような気がしますねぇ。

成人と大人は別のもの

と考えるほうが自然です。

 

あいつは子供だなぁ、

の対義語としての「大人」なのだから、

それを規定するのは

所作であり、

佇まいであり、

思想であり、

つまりは内面的なものによる部分が

大きいのではないかと思うのです。

 

 

 

落ち着きのある子供は

「大人びている」のだし、

その逆は「こどもっぽい」大人です。

しかし、そう考えるとやはり、

ある程度は年齢による線引があるようですね。

 

いい年をして、

の年は「大人なんだから」の意味が

あるのだと考えると、

期待される「大人」としての所作は

変化していくと考えるのが自然です。

 

口数が少ないだけの子供が

大人びていると評価されるのは、

本来子供は騒々しいもの、

であるという前提があるからであります。

 

私が黙っていても

「腹が減っているのかな?」

と心配されるだけです。

 

 

 

20代は「子供っぽい」というより

「若い」と言われがちでしょう。

チャカチャカしていてもいい年齢

ということは、

大人とは違うかもしれません。

 

おそらく30辺りに

「大人」の境目

があるのではないかと思います。

 

キリがいいし、

参院議員にも知事にも

立候補できるようになるので、

ここが本当の「成人年齢

だと考えるべきだというのは、

以前言及したことがありました。

 

chuff.hatenablog.com

では、おじさん・おばさんを

どう考えましょうか。

 

 つづきます。

 

========

 

青さん、まだまだ抵抗感あるんですね。

でも、30代を10年も過ごしたわけです。

そりゃ40代に入るわけです。

 

で、おじさん・おばさんに入るんですね。

なんと言うか、思考実験として面白いですが

ブーメランで帰ってくるネタですな。。

 

40の坂というのは、確かにありますね。

その坂は、たいそうきついものですなあ。

 

(思い返せば、俺の40も坂はきつかった気がする。思い出にクリック!)

 

中年の危機を乗り越える8つの方法

中年の危機を乗り越える8つの方法

 
中年の危機を乗り越える8つの方法

中年の危機を乗り越える8つの方法

 
ミッドライフ・クライシスからの贈り物

ミッドライフ・クライシスからの贈り物