CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

脳内日本昔話 わらしべ長者篇 その4無理やり完結

f:id:gemini-yahata:20190128195658j:plain

わらから始まり、土地という

デカイサイズまでやってまいりました。

 

無理矢理感は否めませんが。。

chuff.hatenablog.com

 

始めたことは終わるまで!

そう、その意気、日本男児

やりきりましょう!

 

ではさっそく!

 

 

=========

 

債権者の男は、

最初こいつは何者だろうと

思っていましたが、

差し出された反物を見てびっくり。

それもそのはず、

極めて入手困難な反物を使った

和服を愛人にせがまれていたのです。

その反物がまさにそれだったのです。

 

 

しむらのいろ―志村ふくみ・志村洋子の染織

しむらのいろ―志村ふくみ・志村洋子の染織

 

 

金を払えば手に入るものではない

そんな反物をみて、債権者は言います。

 

おい、きみ。

その反物をくれたなら、

この牧場への債権を

きみに譲渡しよう。

どうかね、悪い取引ではないだろう?


主人公は、牧場主の命が救えるのならば

悪い取引ではないと思い、

債権者の男と取り替えました。

 

ホクホク顔で引き上げる

債権者を見送り、

主人公は牧場主へ言います。

 

ご主人、これで首を

括らなくて済みましたね。

さぁ、これが債権の書類ですよ。

 

 

 

牧場主は、その書類を眺めて言います

 

ああ、これで新しくやり直せる。

私は違う町でやり直します。

債権分の価値はありませんが、

この牧場を差し上げます。

 

主人公、あわてて遠慮するも、

牧場主は頑として引きません。

しょうがないので主人公は

牧場と債権を交換しました。

 

牧場主が旅立った後、

主人公は途方にくれました。

確かにありがたいのだが、

牧場を貰っても

どうしようもないじゃないか。

どうしよう、どうしよう。

 

 

 

そうやって牧場事務所で

ぼんやりしていると、

身なりのいい紳士がやってきました。

 

この牧場の持ち主はどなたですか

 

そう問う紳士に主人公は

私です。何か御用ですか。

 

私は森ビルの人間です。

ここにビルを建てようと思うのですが、

この牧場を売っていただけませんか。

 

主人公は、願っても無い事

だと思いましたが、

今までのことを考えると

お金で売るのはなんだか

嫌だと思いました。

 

私は牧場をお金にするのは

嫌なのです。

申し訳ありませんが、

お引取りいただけませんか。

 

紳士は困った顔をしていましたが、

何かを思いついた様子で言いました。

 

わかりました。

では、こうしませんか。

最上階にペントハウスを作って、

彼方に差し上げましょう。

その交換でどうでしょうか。

 

主人公は、

ペントハウスを雑誌だと思い、

幾らなんでもそんなものと

交換したのでは、

元牧場主に失礼だと思いました。

 

馬鹿にしないでください。

この牧場の土地は、

そんなに価値が無いわけないではないですか。

 

 

ひびきの日々

ひびきの日々

 

 

紳士はあわてて言いました。

 

いやいや、失礼しました。

どうしてもこの牧場に

ビルを建てないといけないのです。

このあたりはもうすぐ

星野が大開発をして、

素晴らしいリゾートになるのです。

よし、解りました。

最上階のペントハウスの他に、

ワンフロアー分の部屋を差し上げます。

どうか、これで交換してください。

 

主人公は驚きました。

どうやら、ペントハウス

というやつは部屋の一種のようだ。

しかも、一階層分の部屋も

くれると言うのはすごい事だ。

 

そこで、森ビルの紳士と

交換することにしました。

 

主人公は、森ビルが建てた

高層ビルの最上階のペントハウスに住み、

莫大な家賃収入を得ることになりました。

 

 

その後も色々な交換を繰り返し、

今ではロスチャイルド

がっぷり四つで喧嘩ができるほどの

株式を所有するほどに膨れ上がっています。

 

ただ、幸せに

暮らしているかどうかは、

解りませんがね。

 

 

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則

 

 

 

とまぁ、八時間ほどかけて

書き上げてみましたが、

読み返す気力も

校正の意欲もございませんので、

色々あったら脳内補正して

いただきたいのであります。

 

しかしまぁ、わらしべ長者ほど

徹底的な場合は無いにせよ、

あちこちにある話のような気が致しますな。

 

結局、双方が利益を上げる。


トレードを繰り返すと、

最終的にはとんでもない財産を

作り上げる事ができる

というたとえ話だったと言う事で、

締めさせていただこうかと思います。

 

 

ふぅ。疲れた。了

 

=========

 

まあ、、、

なんと言うか。。。

 

安心してください、みなさん。

終わりましたよ!

 

でね、別の脳内日本昔話があるんです。

 

えっw?

 

(そんなに、すぐに帰れると思うなよ。夜道が月夜ときまったわけでもなし。でクリック!)

 

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)

 
わらしべ長者―日本民話選 (岩波少年文庫)

わらしべ長者―日本民話選 (岩波少年文庫)