CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

バラクラバーって知ってます?

f:id:gemini-yahata:20190117152206j:plain

早い話が、目無し帽ですね。

冬が来る前に、青さんに贈ったんです。

 

バイクって、顔が寒いんですよ。

とくに顎。

で、原稿料の分配も兼ねて

お贈りしたしだいです。

 

 

で、その時こういう会話したんですね。

時々青さんとメッセでお話するんですが、

まずは、この目無し帽のお話から。

 

 

 

こういうのも私は推したんですが、

却下されました。

 

 

やはり、青さんは常識のある人です。

 

さて商品も到着し

冬への意気込みと

迫りくる40代への抱負というか

そういう流れになりました。

 

で、素材的はどうでした?
 
 
フィット感がいいぐあいですねぇ。フリース素材よりも、こっちが良かったと思います
Hachiro Yamashita
アラ、バラクラバー?って感じですねw
 
 
トンカツが乗っかている「トルコライス」が名物の長崎市民が言うのもなんですが、危ないネタですねぇ。。w息抜きが良いので、曇りも抑えられる気がします。
Hachiro Yamashita
外気にさらされないだけで、随分違いますからねえ。
 
 
暑さには弱かったのですが、九州の冬なんてたかが知れておりますからね。贈っていただいた分は、きっちりもとは取れると思う次第です
Hachiro Yamashita
私もね、30代まではそう言ってましたよw
 
 
30代の残量が一年未満と見るか、バイクデビューからの年数の方を主張するか、、
Hachiro Yamashita
なるほど!アドレナリンの量が違いますからね! 先日「潮吹きさせるのが夢」という10代と話をしまして、なんというか不思議な感慨にふけったのと同じかもしれませんw
 
 
どんなルートでそんな若人との語らいの機会があるのか…潮についての考察は、ファンタジーよりか現実に依拠するかで、論調は千変万化だと思いますねぇ。
Hachiro Yamashita
あれねえ。。おりますねえ、自慢げなのが。「知ってる?あの成分は科学的に説明できないんだよ」「どこから出るかも、解明されてないんだぜ」とか言う40代とかねえ。ああ、10代は時々仕事で出会うんですよ。もう宇宙人ですなあ。
 
 
10代が血迷うのは、彼らの義務なので普通だと思うんですけどねぇ。40代で潮を云々とか、表情を変えない自信がないです、わたくし
Hachiro Yamashita
その人は、指の曲げ方まで実演してくれまして。まあ飲み屋での話でしたし「いやーさすがですねえ」とか言えるくらい大人になってしまいましたし。「8マンさんはしてそうなのに、そうでもないの?」と言われてました。彼のスマホにそっとお酒をかけておきましたけど。
 
 
ああ、うっかりコップ酒をこぼしたいという欲求が、不思議と満たされた奇跡に出会いましたww
Hachiro Yamashita
wwwwwww
いやー、うっかりしてましたわー
 
 
うっかりは、大人の正義ですからね、仕方ありませんぞ。フフフ
Hachiro Yamashita
うっかりですからねー。

 

 

そこから、まさかの流れに。

青さん、今年で40歳になるわけです。

つまり、30代最後の冬。

年が明けて、周囲は40歳になってゆきます。

その中で、青さんは実名SNS

危険なタイピングを始めたわけです。

でも、今は断酒中らしいので

ヤヴァイと気づいたわけです。

なので、メッセで会話が始まりました。

 

国家と秘密 隠される公文書 (集英社新書)

国家と秘密 隠される公文書 (集英社新書)

 

 

30歳を迎えたときのように

過ぎてみればどうってことはない、

ってことになるのかなあ、

と言う青さんに

私は「四十の酒は後で効きますよ」といい。

こう続けたんですねえ。

 

自分がね、年を取るのは許容できるんです。

一番堪えるのがね、

ちょいと綺麗なよく見かける奥さんとか。

これが一気にオバサンになってゆくのが辛いわけです。

そして気づくのです。その分自分も老けたなあって

 

ここから、危険な会話開始です。

 

 

同級生の女の子をみるたびに、悲しみが心に広がるのです、などと供述しており(危ない
Hachiro Yamashita
ワハハw
それは危ないw
でも、ノンフィクションの迫力w
 
 
実名SNSはヒリヒリしますねぇ。。同窓会によんでもらえなくなるところでしたw
Hachiro Yamashita
それは誤解ありません?
オバサンは、いろいろ気にしなくなってたりw
ただの笑いネタにしたり
それがオバサンなんでしょうねえ
 
 
ああ、なるほど、、
Hachiro Yamashita
もう、少女じゃないんです
腹の出たオバサンなのですw
ね、この認識の強制的革命。これが40歳ですね!
 
 
なるほど。今年はそのへんを注意深く観察してみます
Hachiro Yamashita
実は、ここ数年誘われている酒席がありまして
「うっかり」忘れていることにしているのですが
オジサンになった私を見たいと
学生時代の知り合いの女性から
まあ、色恋のはなしではないのが救いですが。
飯を食うのはいいんですが、オッサン化した私を見せるのは、こっちも極度にオバサン化した彼女と会わねばならないわけです。それを避けているのを、察してくれないわけです。
その理由を考えあぐねておりましたが
洞察に至りました
あいつら、気にしてやがらないんですね!
 
 
その感覚は、個人差なんでしょうか、男女差なのでしょうか。男女差っぽいですけどねぇ。
Hachiro Yamashita
男性は、肉体の衰えとともに、再度傷つきやすくなってますねえ。。どうも、そういう気がします。
心理的防衛機制の、ジェンダー差でしょうかねえ
 
 
おじさんは、おばさんほど上手に開き直れない、といえるかもしれませんね
Hachiro Yamashita
なのに、オバサンがときめくと、これまた止まらないんですよね。瞬間的に少女になれるわけです。オバサンのまま。
このメッセは公開するとヤヴァイですなw
 
 
うまく加工でいけそうな?どうでしょう?
Hachiro Yamashita
上げちゃいますかw?
 
 
面白い展開だと思いますねぇ
Hachiro Yamashita
 
その後か、ストックにしておいても良いんじゃないかと思います。タイミングを問わない話ですし。
Hachiro Yamashita
ですねえ。
タイミングあるとすれば
卒業式とかwの時期かしら
バレンタインとか?
 
 
年度またぎはいいですね。バレンタインあたりは、ランタンフェスか連休の動き次第で長編があるかもです
Hachiro Yamashita
wwwww
で、青さんが書かれます?
それとも、こっちで編集しましょうか?
 
 
時々ある「会話編」として上げていただくと、他のネタでも使えるパターンになるかなと思いますが
Hachiro Yamashita
では、こっちで処理しましょうか?
 
 
おねがいします
Hachiro Yamashita
処理ってw。日本語として正しいのかと思ったのですが、まあこの場面では良いでしょう。
 
 
面白い人々ですねぇ。。
Hachiro Yamashita
「大人の女性」と「オバサン」は何が違うんでしょうねえ。この違いについて、青さん一本どうです?
 
 
なんとなく取っ掛かりがみつかりそうなので、近々書いてみます。
Hachiro Yamashita
危険が危ないレベルでお願いしますねw
 
 
私の場合は書いてみないとわからないので…なんとか形にできるよう取り組んでみます。。
Hachiro Yamashita
ではでは~
 
 
それでは。

 

などと。

深夜にタイピングしている

オッサン二人なわけですが。

 

ここでふと考えたのです。

これはまるで、ソクラテスではないかと。

問答法、弁証法

かっこよく言うと

ディアレクティケーです。

 

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)

 

 

対話により、物事が

予想外の展開を見せる

ダイモニオンです。

 

いやあ、あふれる知識はご容赦いただきたく。

青さんとの会話は、まだまだつづきます。

 

(女性を侮蔑していると感じます?もちろんオッサンも悲しいものなのです。クリック!)

 

プラトンの哲学 (岩波新書)

プラトンの哲学 (岩波新書)

 
饗宴 (岩波文庫)

饗宴 (岩波文庫)