CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 花街の風情のカレー 味善

f:id:gemini-yahata:20180713154426j:plain

神戸には「花隈」と呼ばれる地域があります。

元々は花街で、今もその名残があります。

 

一見では入れない料亭や、

武闘派団体の事務所、

モダン寺等々、なかなかカオスな街です。

 

その花隈と接する、ギリギリ元町なところ。

そこに、本日ご紹介する「味善」さんはあります。

 

ものすごく入りづらいカレー屋さんです。

 

 

トップ画は、なんか割烹みたいでしょ?

まさにそうなんですね。

着物の女将が、見事な接客をしてくれます。

客筋もとてもいいわけです。

 

さて、店内です。

f:id:gemini-yahata:20180713154826p:plain

 

もうね、子供が入れる雰囲気じゃありません。

そしてカレーだと思っていると、

ドン引くお値段でもあります。

 

f:id:gemini-yahata:20180713154926p:plain

 

ですので、すでにこの時点で、

文句あるやつは来なくていい!

と宣言されているわけですね。

 

福神漬けやラッキョウにも、

なんだか迫力を感じます。

 

f:id:gemini-yahata:20180713155037j:plain

 

女将の雰囲気は、まさにあれです。

 

いわゆる粋筋って感じです!

 

ですので、行儀よくいただきましょう。

まずはサラダからです。

 

f:id:gemini-yahata:20180713155247j:plain

 

このサラダは、ゆっくり食べましょう。

なにせ女将お一人なので、

いろいろ時間がかかるのです。

そこに文句言ってはいけません。

 

と言うより、言えない雰囲気満々です。

 

そしてカレーです。

頼んだのは、定番のビーフカレーです。

 

f:id:gemini-yahata:20180713155619j:plain

 

ちょっと説明が難しいです。

この味は。

 

乱暴に言うと「和風」なんです。

でも出汁くさいものはありません。

辛くないと思うのですが、

ゆっくりと汗が出てきます。

 

なんでしょう、この味。

女将に聞くと、

 

「はい、手間をかけているだけでございます」

 

なるほど。。

うーん。。

もうね、どこから突っ込んでも、

大人の世界なわけです。

 

これまた丁寧で上品な味のアイスをいただき、

お店をでたのです。

 

その頃から、猛烈に汗が出てきました。

何なんでしょう、あれ。

 

 

いずれにしても、その昔。

完全に子供が入れない世界があったわけです。

自由だとか平等だとか、

そんなものがバタ臭い冗談でしかなかった頃。

もしかしたら、こういうお店が

たくさんあったのかもしれません。

 

こういうお店、20代くらいの人が、

ちょっと頑張って行ってほしいですねえ。

たかがカレーを食べることに、

ヨソイキの服を着せられた時代があったのです。

その時代の空気ですね。

でも子供は入れない感じ。

 

ゆっくり味わうカレーというのも、

粋なものかもしれませんねえ。

 

(苦界が守ってきたものも、きっとあるんだろうな。そんな気分でクリック!)

 

花街 異空間の都市史 (朝日選書785)

花街 異空間の都市史 (朝日選書785)

 
京都の花街

京都の花街

 
花街・色街・艶な街 色街編

花街・色街・艶な街 色街編