CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

大企業サラリーマンとの会話 海外で働く時の問題は

f:id:gemini-yahata:20180606171812j:plain

30年ぶりにあった友人が、

いろいろ教えてくれたこと。

chuff.hatenablog.com

 

さて、前回の続きになります。

彼は海外でも働いてたんで、

そこで起きる問題について、

突っ込んでみました。

怒涛の第五回。

 

ではさっそく。

 

 

よろしければ、シリーズで。

chuff.hatenablog.com

舞台はここ。

f:id:gemini-yahata:20180531163905j:plain

=========

 

「お前、向こうでも生活してたんだろう?実際どうだった?」

 

まあ、やっぱり外国だから、日本みたいには行かないよね。でも、発展途上の国ってのはさ、いろいろやる気と言うか、タフさがあるわけさ。経済の伸びしろがあるから、景気のいい感じは確かにあったね。今後はわからないけどさ。

 

「向こうじゃ、こっちが外資だから、そもそもやる気あるやつが集まってんだろ?」

 

基本的にはそうだよな。いろいろ分からないこととか、違いとか、確かにあるけどそれは慣れる。向こうもこっちも。例えば、「老板」て意味を理解するだけでも、かなり見える世界があるよな。

 

老板とは、日本語でいうとなんでしょう。親方というか、大将というか、まあそういうポジジョンですね。そこに、ちょっと胡散臭さを足したような感じの言葉。でも老板と言われると、ちょっとうれしいような。「親分」が近いですかね、「先生」「シャチョー」とかも近いかも。経営者って意味もありますね。まず、実力者でお金持ちです。こんな感じの人っていうか。。

f:id:gemini-yahata:20180607141935j:plain
f:id:gemini-yahata:20180607142032j:plain
イメージですよ、イメージ!!

 

「ってことは、基本的に向こうでの仕事は楽しいってなるな」

 

いや、それがそうでもないんだな。問題は、俺が日本の企業として行ってることだよ。これは大きいな。

 

「なんだ、それ?」

 

つまりさ、向こうでトラブルが起きる。それを日本に報告して、応援や指示を求めるとする。すると、「何故そうなったか報告しろ」と言ってくる、そんな暇ないスピードで事態は動いているのに。

そうこうするうちに、また事態が変わる。そしたら、また「話が違うから、何故そうなったか報告しろ」となって、最終的には有耶無耶になってしまうわけだ。

もしくは、トンチンカンな指示が飛んでくる。それに対処するうちに、事態はまた変わってしまうとか、普通にあるわけさ。

 

「どこまでいっても、日本サイドが足を引っ張るってことか?」

 

おいおい、そこまで言わせるなよ。

これでも一応、そこの社員なんだしさ。そこで、仮定の話として、よくある一般論として言うが、全くそのとおりだと思う。

海外で、日本企業として行くなら、常に問題は日本で起こると言って間違いはないな。現地の問題は、案外ドライに片付く。少し心が痛むことがあっても、すぐに慣れる。他は老板に話を通していれば、まず問題はないな。 

 

「その心の痛みってのは、慣れるものなのか?」

 

そうだね。何も感じなくなる。二回目からは平気だな。

 

f:id:gemini-yahata:20180527141018j:plain

 

「うわあ、そこ大企業ぽいね」

 

俺もそう思う。これはさっき話した、無関心さとも絡んでくるかもしれないけどね。

 


「そしたらさ、向こうで外人として働くほうが面白いともなるよね」

 

実際帰ってきて、こっちが嫌で辞めちゃって、向こうのコネの老板の部下になる人も、結構多いね。

それとさ、別の慣れがあってさ。向こうじゃ、何十人の部下ができて、メッチャクチャ高級な部屋に住んでさ、仕事もけっこうな量をこなしてさ、ついでに手当で金にもなる。

それが任期が終わって、晴れて帰ってきたら、ただの普通のパンビーでしかないわけさ。その衝撃というか、頭ではわかってることだけど、感覚的についていけないんだな。そりゃそうなんだろうけど、不思議なもんだよな。

実際帰国すると、つまらないのは確かだよな。だから、辞める人の気持ちも、分からなくはないんだ。あのドライブ感が忘れられないんだろうな。

 

「おまけに、戻されるってことは、もう海外じゃ戦力じゃなくなるってことか?」

 

俺たちの「戦力外通告」

俺たちの「戦力外通告」

 

 

それもあるだろうけど、あまり長く居ると、向こう側に取り込まれるってのもあるかな。知らないうちに、向こう側に持ってかれる。それは企業としてはまずいだろ?

そこは、国内でもよくあることだからね。転勤なんてのは、癒着防止のためにあると言ってもいいんじゃないかな。

それにさ、お前の言う通り、帰国すると、消化試合みたいになるってのも、事実だね。もっと上のポジションなら、また違うのかもしれないけど、そこの感覚には、あのドライブしてる興奮はないだろうな。

 

「そうなってくると、どこの組織でも同じタイプの競争で、あまり楽しくはなさそうだな」

 

大企業ってのは、あるところから上の仕事ってのは、どこでも見事に差がないと思うよ。なにせ、抱えている社員の人件費だけでいくら掛かると思う?金借りて、なんかやって、上がりを作って、給料払って、余剰を別のものに回して、それを毎月繰り返している止まれない船って感じだな。

 

「その辞める人ってのは、その後どうなのさ?」

 

これは実にいろいろだよな。

企業の看板外されるわけだからさ。

そこの出だということを、キャリアにできる人もいれば、実に使い物にならない勘違いだけして、途方にくれる人もいるだろうな。

いずれにしても、もう関係はなくなるな。現役時にどれだけのコネクションが作れているか、ってことの差は大きいよ。

企業人じゃなくて、個人としてのね。

 

「なるほどなあ。良いとか悪いとかじゃなくて、向き不向きはありそうだな」

 

それは確実にあると思うね。

そうそう、8マンなんかは関係ないけどさ、再雇用制度ってのも、不思議なもんだぜ。俺からすると、大企業によくある「分かるけど意味不明」ってやつだな。

 

「なんだそれ?分かるようなわからないような話だな。そう、再雇用制度も気になってたんだ」

 

なかなかシュールだぜ、あれ。

もちろん、うちの会社だけじゃなくて、制度あるとこは同じだと思うけどね。

 

 

=========

 

先日、彼からメッセが来ましてね。

奥さん娘さん共々、

大変楽しんでくれているようです。

このブログはFBなんかにも

リンクしてんです。でも彼は、

 

「コメント書けないんだよ、上ともつながってるからさ」と。

 

ああ、そうですよねえ。

そりゃそうです。大企業ぽいです。

これは、上が見ると怒りますよねえ。

SNSでコメントを書いてくれた、

ある友人がいまして、

その人は、まさしく

大企業相手に仕事している、

技術者なんです。

その人がこの記事に、

 

「大手の資金力と、手配の素人感が面白いです」

 

というコメントをしてくれたんです。

 

そのコメントに対して、

大企業の彼がメッセで書いていたのは

 

「現場感が満載やね。面白いよね、そういうの。とてもリアルで素敵なコメントだ。俺が返しコメント書けないのが残念だよ」

 

でした。

Sくん、褒められてましたよ!

 

次回、退職と

再雇用制度の空気についてです。

 

(アタリマエのこと書いてる気もするけど、爽やかに気分転換どう?で、クリック!)