CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの自家製アマレット(福岡篇の途中ですが)

f:id:gemini-yahata:20180604001909j:plain

みんさんは、アマレットと言うお酒を

ご存知でしょうか。

 

お菓子を作る趣味のある人なら、

もはやなくてはならないかもしれません。

そのまま飲むには、

ちょっと甘すぎる気もしますが、

ソーダで割ったり、ウオッカ足したり。

なんとも退廃的なお酒です。

 

杏子の種から作るのですが、

広い意味では、杏子のお酒を、

アマレットと呼ぶ場合もあります。

青さん、梅に限らず、

パイナップルにも限らず、

杏子酒も作ってたわけです。

 

(季節的に、急ぎで割り込みますよ!)

ではさっそく。

 

======== 

 

パイナップル酒を漬けた年。

chuff.hatenablog.com

 

さっそく8リットル瓶を使ったようです、私。

 

8リットル瓶というのは、

アルコール3.6リットル用です。

つまり、ホワイトリカー

2本分の果実酒づくりに使う瓶です。

 

初手からいきなり量が

すごいんですが、

梅じゃないようです。

 

「あんず」を仕込んだらしい、私は。

 

長崎だと、ちょっと珍しいアンズ。

おそらく、

時々立ち寄っていた直売所で、

たまたま見つけたんでしょう。

その直売所は、

この後も珍しい果実を

手に入れるために

大活躍した場所であります。

 

f:id:gemini-yahata:20180604001215j:plain
 

うーん、いい色。

今手に入ったらそうですねぇ、、

やはり、素直に

ホワイトリカーがいいかな、

と思いますねぇ。

 

梅は、日本中どこでも

だいたい手に入るものですが、

アンズがすぐに手に入る

地域というのは限られるようです。

 

主要な産地を調べてみると、

甲信から東北にかけての地域と、

瀬戸内周辺。

四国では宇和島

市の花になっているので、

おそらく産地でしょう。

 

九州だと福岡や熊本に

ちょこちょこあるようですね。

長崎では殆ど出回らないと思います。

少なくとも、西彼半島では

あまり見かけませんね。

 

当時の記録を転載すると

 

「味付けは梅酒に準拠し、8リットル瓶に杏を放り込んで800グラムのグラニュー糖を投入。紙パック二本(二升)のホワイトリカーを注ぎまして、仕込み完了であります。」

 

とのこと。

これはどうなんでしょうか、

ちょっと砂糖が

少なすぎるような気がします。

今の私は2升あたり、

氷砂糖1キロに別の砂糖を

200グラム程度追加しますから、

かなりドライな

仕上がりになると思いますね。

あまりにも砂糖を控えると、

エキスの抽出が

イマイチになる場合があるそうですので、

どんなに少なくても、

 

1升に対しては500グラム

 

が底じゃないかと思います。

ただし、いちご酒のように

そもそも甘い果実に対しては、

少し控えめでも

いいんじゃないでしょうか。

 

このへんは感覚的なものなので、

毎年微調整して、

各々正解を見つけていけばいいと思います。

 

f:id:gemini-yahata:20180604001302j:plain

 

 

最初からいきなり大瓶

というのがじつにアレですが

、極端に砂糖が控えめな割に、

ものすごく美味かったのを覚えています。

 

梅酒に比べて

シャープさはそれなりですが、

香りと味わいの広がりは

抜群だった…と思います。

 

アンズが、それなりの値段で

手に入るのであれば、

おすすめです。

砂糖などは梅酒と

同じで大丈夫だと思います。

長野県産 特産アンズ(加工or生食向き) 約2kg入り/箱

長野県産 特産アンズ(加工or生食向き) 約2kg入り/箱

 

 

あんず酒は梅酒よりも、

飲みやすく仕上がった

ように記憶しておりますので、

はじめての果実酒にはおすすめ。

 

ただ、アンズは梅よりも

実が崩れやすいので、

早めに果実を引き上げたほうがいい、

と何かで読んだような覚えも…

まぁ、一年ぐらいは

大丈夫だと思います。

 

アンズの出回るシーズンは、

今月中頃から

一ヶ月ぐらいだと思います。

機会がありましたらぜひ、

お試しください。

 

 

=========

 

あんず、いいですよね。

あの、独特の甘み。

少しココナッツ系の風味もあって。

 

私、一時期アルコールがすごい

飲み方だったときに、

一杯目は杏子のお酒選んでました。

 

青さんは、福岡ツーリングの連載中なんですが、

これって、まさに季節ものですンでねえ。

決してSEOとか意識してるんじゃなく!

 

してないですってば!

 

(いや、ほんと、女性にいいと思いますよ。紅茶に垂らしたりとかも、でクリック!)

 

ディサローノ アマレット 700ml

ディサローノ アマレット 700ml

 
アマレット・デル・ラゴ 700ml
 
ボルス アマレット 700ml